読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋優さんの「来し方行く末」を聴いた感想

 

高橋優さんのアルバム「来し方行く末」

“来し方行く末”という名前が、字として見ても言葉として聞いても美しい。

ロゴのデザインからも伝わるように、「来」と「未」という漢字がそれぞれシンメトリーであること。末広がりであること。どちらも魅力的だなと感じた。ジャケット写真の高橋優さんが歩いていく景色は、晴れ渡っている空でも整えられた道でもなく、霧のかかっている先の見えない道であるところがいいなと思う。

静かに聴き込める環境を用意してから、アルバムを通して聴いた。「君の背景」「象」「BEAUTIFUL」が印象的だった。

  

「君の背景」

ひたむきな、恋人への想いが伝わってくる。ラブソングと言うには不器用で、けれど一生懸命に彼女を見つめる彼の視線がこの曲に溢れていた。

荷物くらい僕に持たせてよと言うのに、半分ずつの重さでしか持たせてくれない彼女と、ぎこちなくも彼女の隣を歩いていたいと思っている彼。

歌詞に出てくる二人にもどかしい距離があるからこそ、サビのメロディーが熱を持って際立って、切なさが込み上がってくる。ここまでストレートな「愛しているよ」という表現を高橋優さんがつかうことはめずらしいように感じる。簡単でも思いつきでもなく、思いが溢れた言葉として伝わってきた。水に浸すと浮かび上がる文字のようにじんわり広がる暖かさがあった。

アルバムの「拒む君の手を握る」という曲にも愛してるの言葉は出てくるけど、その意味合いは対照的であるかのようだった。

片方ずつの荷物を君はずっと離さなかった

という歌詞が耳に残る。この言葉だけで、彼だけでなく彼女も不器用なことが表れているところがいい。歌詞に出てくる“荷物”について、言葉通りの受け取り方だけでなく、形ではない気持ちの部分の例えとしても受け取れるように思う。

今までに聴いたことのない関係性の歌で、繊細な思いと素直な感情の混ざり合う描写が素敵だと感じた。 

 

「象」

関ジャニ∞へ高橋優さんが「象」という曲を提供をしてから、ついに聴くことができた高橋優さんの歌う「象」

スラップ、スピード、語尾が跳ね上がる歌い方。あまりアレンジは変えずにセルフカバーしたというなかでも、高橋優さんが歌うからこその個性が表れていた。

曲を聴いていて思い浮かんだのは、迷いを振りはらうかのように疾走している様子だった。迷いのさなか、左右の景色など目に止まらない速さでとにかく前へ走っているような。関ジャニ∞が歌う「象」が歩く道の先に居て見守っているイメージだとしたら、高橋優さんの歌う「象」は隣にいて今を共に戦っているイメージだった。

関ジャニ∞の冬のツアーでこの曲を直に聴くことができて、同じ2017年に高橋優さんの歌うこの曲を聴けることが、すごくうれしい。

 

 

「BEAUTIFUL」

高橋優さんの人柄が溢れ出ている。先回り先回りの優しさ。

言葉を一つ投げかけたとして、きっとこう答えるんだろうなとわかってしまう、思いやりと感情移入の深さが優しくて切ない。テレビ番組のA-studioでこの曲を歌う高橋優さんの声を聴いた時から、衝撃だった。この時に心を掴まれたから、ライブのチケットを取った。どうしてもこの歌声を直接同じ空間で聴きたいと思うほど、力のある歌だった。

言葉の一つ一つが丁寧で、相手を思う気持ちに満ちていて、高橋優さんの前では誰のどんな天邪鬼も敵わない。どの歌詞がよくてということではなく、高橋優さんがアルバムの最後にこの歌を置いたことが全てで、それにつきる。

思う人がいてこの詞を書いたということの意味。この曲のタイトルが「BEAUTIFUL」で、いっぱいの言葉に込めて伝えたいことは“君は美しい”に繋がるということの意味を時々考える。

考えるけれど、きっと自分はその意味をきちんと理解できていない。それは多分、“美しい”という言葉に持つイメージが、まだ“見かけ”に捉われているからだろうと思う。いつか美しいという言葉が持つ本当の意味を理解できるようになりたい。

 

今回の高橋優さんのライブツアー「来し方行く末」が、どんなセットリストなのか、まだ何も知らない。知らないままで当日を迎えることができそうで、わくわくしている。高橋優さんの声を聞いてどんなことを感じるのか。いつも聴いているあの曲は歌われるのか。

「来し方行く末」ライブまでは、あともう少し。