美 少年「Cosmic Melody」 - 広がる宇宙から星は音符へと姿を変えて

 

2020年に行われた、ジャニーズJr.の配信ライブを見ていた時も、イントロが聞こえておおー!となったのはこの曲だった。

 

美 少年

Cosmic Melody

作詞:イワツボコーダイさん / Komei Kobayashiさん

作曲:Wolf Junkさん

 

特に印象に残ったパフォーマンスは、「ザ少年倶楽部」2018年1月12日放送の「Cosmic Melody」

小鹿のバンビがいる…と思った。

キュートフェイスで一際小柄で、おぼこくも懸命にダンスでついていこうとする姿に衝撃を受けた。

彼を見て記憶に蘇ったのは、かつての錦戸亮さん。歳よりも幼く見られて複雑そうな苦笑いをしていた映像を思い出した。

名前は金指一世さんだと分かった。曲と振りを渡されたばかりだったのか、この頃はまだ振りがうろ覚えな感じで、おずおずと踊る様子に目が離せなかった。

それから少し経ち、MステでのJr.出演でも見つけて、段々と凛々しくなっていることに気づいて再度驚いた。

今はもうバンビと呼ぶのは恐れ多いほどの成長。

ウインクがをバッチバチに飛ばす青年になっていた。3年ほどしか経っていないのに、成長で人の表情はこんなに変わるんだと驚きだった。

 

曲のイントロの駆け上がっていくメロディーと、“Wow”でギアが掛かっていく感覚。

ダンスの構成のおもしろさが視覚的にも楽しくて、“ミラーボール回して”で屈んでくるくると回る金指一世さんを見た時に、えっかわいいと釘付けだった。

曲のタイトルからは宇宙感溢れる曲調なのかなとイメージしていて、確かに歌詞や音から空をイメージする要素もあるものの、機械音的なもので無機質になることはなく暖かみがある。

 

輝く星たちが 音符へと変わってゆく 

はじまりのこのフレーズが好きで、星は星のままでも綺麗だけど、くるんとカラフルで丸い音符に変わって届く音として降りてきてくれる感じがした。

The Paty 踊れ 光を胸に 彗星をなびかせ 

サビのこの歌詞にも、星という概念を持ちつつアイドルであることを定義しているような気がして、聴くほどに引き込まれるものがある。

 

音楽、テーマ、ダンスとさらに、歌声で表現する音遊びのユニークさに惹きつけられている。

サビの“Cosmic Melody”の“ディー”を、ダンスのバウンドする動きと合わせて“ディーイーイーイー”と伸ばしたり、“見上げてゆく”の“く”も、“くーうーうーうー”と声でスクラッチするところ。

機械を使って付けることも出来るけど、声のエフェクトをあえて自分でその場で付けるパフォーマンスが好きで、その究極形はOfficial髭男dismの藤原聡さんだと思っている。喉からエフェクター

 

曲の中盤、マーチングバンドみたいに刻まれるドラムスティックのリズムが高揚感を煽って、そこから畳み掛けて

目の前の今日はもう二度とは来ない 現実の先へ We can make it

とほぼ一息でつづく。

ここのリズム感も好きで、歌詞に視点を置くと、メッセージとしてもずっしりくるのも魅力。

 

メンバーが揃って向かい合わせに円になって、指を差し合う振り付けも印象的で、

「ザ少年倶楽部」の時の顔を見合わせる構図に、あの時の美 少年としての気合いを感じて胸が熱くなった。

 

初めて「Cosmic Melody」を聴いた時、この曲は彼らのために大切に作られたものなんだなと伝わってきた。

未来に期待を待ちつづけるのは容易ではなく、だから、ワクワクしている瞬間の『この感じ』をメロディーで表すことのできる音楽は楽しい。

さらに大人びていった、美 少年が歌う「Cosmic Melody」も聴いてみたくなった。

 

BTS「Butter」なめらかに君の心に溶け込んで、気概は語らず曲で魅せる

 

イエローの背景にハートの溶け出すバター。

「Dynamite」で、これぞ最高作…と思わせてからの次のカードを出せる強さを、あらゆる角度で感じた1曲だった。

あまりに徹底的に完成されているから、考えて分析しだすと気力体力を360GBぐらい一気に使うのではと思って躊躇していたけど、「Dynamite」があって「Butter」が置かれたことの意味をやっぱり整理したくなって、書く決心をした。

せっかくのセンスとベールに荒い触れ方をしないよう、気をつけて書き進めたい。

 

グルーヴの増した曲調に、低音のビートが聴いたメロディー。

入りのビートが“35億”に近い気がして、オースティン・マホーンの「Dirty Work」との共通点を感じた。つまり潜在的にノリたくなるビートが刻まれている。

比べて聴くのは野暮かなと思いながらも、好みなのは「Butter」だった。

そうは言っても、グラミーへのノミネートから発表のその日まで、「Dynamite」が魅せつづけた花火のように華やかさ。一瞬で消えはしない空高く上がっていくメロディーと、引きつけて離さないダンス。

どんな場でも、何度踊ろうとも全力なパフォーマンスを見て、「Dynamite」で取れるのでは。取れるよと、段々と思うようになっていた。

 

自分の視点が外野にいると自覚するからこそ、結果に何を言うのも違う気がして、静かにすることを選んでいたけど、んーそうか…と思ったのも事実だった。

「Dynamite」の次に、何を出すか。いつ出すか。

良くも悪くも視線が集まる、次の全編英語詞の曲としてのカードに「Butter」を出してきたということ。

気を緩めたりするでもなく、ある意味での一呼吸を置かずにフルスイングを躊躇わない勢いがすごい。

 

歌詞の表現にも、ユニークさが散りばめられていた。

“criminal”で“trouble”と表すところに、特にそう感じる。ポップでヒーローな位置を取らずに、ヴィランズ的なキャラクターを演じてみせる。

smoothやcriminalとくると、マイケルジャクソンの「Smooth Criminal」を連想したくなるのも、きっと想定済みなのだろうと思った。

かっこいい姿は僕のおかげではなくて、“Yeah l owe it all to my mother”(僕のお母さんのおかげさ)と答えるところも特徴的。

 

ここのフレーズが好きだと注目する箇所もいくつかあって、

特に好きなのは、“robber”の発音と、“got ya”を音に任せて軽く跳ねるところ。歌い方だと“got it bad”の“bad”の声がひるがえるところ。

聴いていてあらためて、ネイティブな発音にこだわるとしたら難しさがあるかもしれない“Butter”という単語を繰り返すこと自体もチャレンジだと感じた。

 

Rollin' up to party got the right vibe

(僕たちは雰囲気を見計らって パーティーに登場する)

Smooth like butter

(バターのようになめらかに)

 

グラミーへの思いは改まって多くを語ることなく、曲で示す気概に息を飲んだ。

メンバー自身の持つ思いはもちろん、見守っていたファンの気持ち。それをどう引き連れて行くのだろうと思っていたら、曲の後半、全てを組み込んで魅せた。圧巻の構成。

特にラップのパートで、そのメッセージは浮かび上がる。

Got ARMY right behind us when we say so

(僕たちの後ろにはARMYがいる 僕たちは言うんだ)

Let's go

(行こう)

ファンの呼び名“ARMY”をメンバーが体文字で作る動きにも溢れている。

フレーズとしても字幕表示も一瞬な、“like us hate us”(僕らが好きでも 嫌いでも)の歌詞は印象に残る。

 

Smooth like (butter)

(なめらか(バターのように))

Cool shade (stunner)

(かっこいいサングラス(魅力的さ))

 

And you know we don't stop 

(僕たちは絶対止まらないことを 知っているだろう)

 

Hot like (summer)

(ホットで(夏のように))

Ain't no (bummer)

(させない(失望は))

 

You be like oh my god

(君は oh my god と叫ぶだろう)

 

ムードを落ち込ませず、士気を上げる。

メンバー自身が最も気落ちしているのではと思っていたところに、むしろファンを気にかけていることが伝わる表現で、

例えば、当てつけや怒りのような方向で見せつけるように曲にするのでもなく、華麗にスマートに。諦めていないことを示した。

 

しかもラストが最高にかっこいい。

Hotter?

(もっとホットに?)

Sweeter!

(もっとスウィートに!)

Cooler?

(もっとクールに?)

Butter!

(バター!)

 

Get it, let it roll 

(わかったなら 始めてみよう)

 

“Get it, let it roll”と言い表すところに、始めるなどの文字通りの意味に加えて、フィルムカメラが再び回りだすようなイメージがして、映画監督の『Roll.』『Action!』で始めるように、まだまだストーリーは止まることなく続いていくのだと思った。

日本の歌番組で付く、BTSの日本語訳をしている方のセンスが好きで楽しみにしていて、「CDTV ライブ!ライブ!」の訳が今回もよかった。

特にこの最後の畳み掛けは、英文の意味の通りにニュアンスを省略も落とすこともせずに、“もっと”と付けてくれたことで、心くすぐられる雰囲気がそのままに伝わる。

 

「Dynamite」「Butter」のどちらも、単語1つで覚えやすいタイトル。

誰もが知っていて、理解できる物の名前。覚えやすいだけでは忘れやすいとも紙一重になってしまうけれど、曲の中にもその単語が印象的に繰り返されることで、意味のあるフックになる。

そして曲の短さの中での見どころの置き方、構成力もすごい。

前後の演出をカウントせずに曲で見ると、おおよそ3分でフルパフォーマンスが出来る。YouTube再生をした時に、表示された2:57の数字にそんな短いの!?と驚いた。5分や6分ではなく、たった2分57秒で観せる。

普段曲を聴く時は、6分ある曲や長さのしっかりあるものも好きだけど、これはこれですごい。

 

 

公式から様々な歌番組でのパフォーマンス映像がアップされることにも驚いていて、日本もアメリカも関係なく何度でも見られるようになっている。

最初に見たのはフォーマルver.で、その後にカジュアルver.を目にするという順番も見事に引き込まれる順序だった。

特にBillboardのフォーマルver.での、バックステージのミラーで身なりを整えてから移動して、口笛で“お待たせ”の合図からのスタンバイ。そして順にカメラ目線。痺れないはずがなかった。

 

手の甲に自らキスを落とす振り付けに、ぐうの音も出ない。

徹底したダンスの途中に、アイドルとして視覚的にも見入る魅力も見せる。至れり尽くせりですごい。

さらに、腕を伸ばして2人でダイヤ型にミラーを形作る動きが好きで、歌っているメンバーがそこから顔を覗かせて、そのまま前に出る振りがいい。そのまま前に出るパターンの時と、後に下がるパターンの時があるけど、前移動が好きだった。

“Side step” “right left”の歌詞に合わせて、伸ばした脚をスライドさせる動きも美しい。

GUNをイメージする振りには、おおうとなるけど、ひとつひとつの動きと音の息が合っていて、聴きたくなって見たくなるダンスになっている。

 

 

「Butter」というタイトルを聞いた時に、パッと思い浮かんだことが2つあった。

betterではなくbutterなんだという事と、ほのかに黄色であるバターを選んだのには訳があるのだろうか?という事だった。

いやでもこじつけになってしまうかなと思っていたところに、ジャケットデザインがくっきりとしたイエローであることを確認して、その意味もあるのかもしれないと思うようになった。

曲紹介では、明るくて軽快なサマーソング。バターのように溶け込む恋心を歌った、可愛い告白ソングですと話していて、その言葉通りのテーマもひとつであることは確か。ただそこに、そっと記したいこともあるのかなと想像の範囲で感じている。

なにかあるかもしれないと自分の中で感じたのは、星野源さんが静かに一貫して表現してきたYELLOW(イエロー)の軸をこれまでも感じてきていたからだと思う。

同じと言いたいわけではなくて、それぞれに表現する意味合いがある前提で、自分の中ではそう連想して引き出された。

「Butter」は強くそこに注目させたくて作られている曲ではない。ただ、そう感じることもできると思った。

 

世界進出を視野に入れてから、防弾少年団のローマ字表記からきている「BTS」を通称にしたことも、覚えやすさと親しみやすさの意味で、最適なプロモーションによって進むすごさを感じる。

パフォーマーとして磨きをかけ続けるBTSメンバー。

作詞・作曲・編曲。衣装、MV。プロデュース。プロモーション。それらを担う人たちがいて、集い合った時に発揮される力。チームとして強い。

今「Butter」を表に出したということは、まだまだ自信を持って出せるクオリティのカードを持っているということになる。

さらにアクセルを踏み込んだ時の勢いがどんなことになるのか、見たくて、こわくて、見たい。

 

一体化ではなく個と個が隣り合うこと ー 星野源「不思議」

 

多くを包む概念としての愛は、歌として側で聴くことができる。

ただ、1対1の間に築かれる想いについては、遥か遠い。存在すら幻のような、信じがたいもののまま、その隔たりは月日を追うごと深くなっているように思える。

それでも星野源さんの歌う「不思議」が心にとどまって、それが心地良いのはなぜなんだろうと、考えたくなった。

 

星野源不思議

作詞・作曲:星野源さん

 

ドラマ「着飾る恋には理由があって」の主題歌でもあるこの曲。

丸山隆平さんが関西出身のオンラインカウンセラーの役を演じると聞いて、見るっきゃないと思っていたところに、星野源さんが主題歌を担当という続報が入り、これはもう。見ます。何がなんでも。という気持ちだった。

 

曲の初解禁が1話だったということもあり、どこでかかる?どんな曲がかかる?と心待ちにして、初めて聴いた時の衝撃。

なんというか、2曲あるの?が最初の印象だった。落ち着いたトーンで、主人公 真柴の涙に寄り添う曲調から、シーンが変わってもう一度曲がかかった時のアップテンポ感。

ドラマがはじまる!とワクワクさせるリズムで、全く別の曲を聴いているような感覚になったからだった。

そのアップテンポから、ひるがえってにサビに帰っていく。ワープ?迷路?不思議なメロディー進行に、迷い込んだ小道から大通りに道が繋がった時の、ああここか!と閃くような楽しさ。

ドラマ後半はもう、星野源さんは出演していないはずのに、出演者のひとりであるかのような存在感を見せていた。

 

ドラマの放送は火曜日で、火曜の深夜は星野源さんのオールナイトニッポンの日でもある。

ドラマの余韻が残るままラジオをつけた日、そこで流れた「不思議」がとても印象深かった。深夜1時すぎ、暗くなった部屋の中でベッドから天井を漠然と見上げながら、イヤホンをつけて聴く「不思議」

無のなかに放り出されたような気がするのに、離されてはいない感じ。

耳に聴こえてくる音の一つ一つが浸透していくようで、この時間にとても合った曲なんだと感動した。

 

 

君と出会った この水の中で

手を繋いだら 息をしていた

ただそう思った

 

生きているのに息ができない。そのくるしさ。

君と出会ったとしても、水の中で息をしていることには変わりなくて、ただほんのすこし息がしやすい。

“檻の中”であることも、“地獄の中”であることも変わらない。それでも、ただここにあることを見つめている時のやすらぎ。

 

“好き”を持った日々を ありのままで

文字にできるなら 気が済むのにな

簡単に言うのは失礼だろうか…でもわかります…!!が溢れた。

ここにあるこの色。感じたままの色で、間違えることなく形を変えず、文字にできるならと思う気持ちは理解できた。

 

次のサビの歌詞では、“好きを持った” “仮の笑みで”という言葉になる。

好きを持つ。中に取り入れるでもなく。終盤の歌詞にある“孤独の側にいる”という言葉とも通じる気がする。孤独を塗り替えてくれるものではなく、側に。

一体化ではない、あくまでも個と個が隣り合うこと。

隣り合ったとしても尚、“仮の笑み”であることに切なさも覚えるけれど、それでも微笑むことができるならきっとそれがいい。

 

3度目にくる同じメロディーでは、“好きを持った”の箇所が“君想った”になる。

『きみおもった』同じ『お』『を』の接続詞で、耳で聴くと同じ音になる。日本語の楽しさだなと聴いていて思った。

 

 

まだ やだ 遠く 脆い

愛に足る想い

瞳にいま 宿り出す

“まだ やだ”は仮で作った時から、その言葉がなんでかはまっていたと星野源さんがオールナイトニッポンでお話ししていた。

愛だ、とは断言しない。“愛に足る想い”から読みとる、足りていることの深さ。

そして心や気持ちではなくて、“瞳に”宿るものと表すところ。

 

他人だけにあるもの 

ここが、歌詞としても歌いかたとしてもグッときた。

歌い始めは淡々とぽつりぽつりと歌っていきつつ、ファルセットが沢山な印象のある中で、ここを聴いた瞬間にガツンとグルーヴが炸裂した感じがして、ノックアウトされた。

『たぁ』で上がって『にんー』で緩やかに降りるカーブの描きかた。ソウルフルな声色。

歌番組「SONGS」では、1番でくる“他人”は抑え目。2番でグゥインとしゃくりがついた歌いかたをしたところにテンションが上がった。

 

 

星野源さんの歌を聴いていると、楽しいけどどこか切なく。なにか飲まれそうな怖ささえ感じることもある。

それはいつもどこか、抗えない死の香りがあるからという気がしていて、「アイデア」のMVを見た時、それは自分の中で確かなものになった。

 

やがて同じ場所で眠る 他人だけの不思議を

 

遺らぬ言葉のなかに

こぼれる記憶の中に

どちらからもそれを感じる。

たしかに、他人でいた2人が最後に同じ場所に眠るのは不思議なことだと、あらためて思う。

“こぼれる記憶の中に”で、こっぼーれると歌う声と一緒にアタックするような音のアクセントが入るところが好きだった。

 

 

歌番組でのアレンジで、“そっと笑った”の後にくる、あの印象的なフレーズをサックスで吹いていて、それがすごくよかった。

デジタルな音感の中に見つける温度もいいけれど、楽器を吹くことによって増し加わる温度や湿度が素敵だった。ベースの音が前の方に聴こえて、ベンベンとしっかり鳴っているのも楽しい。

 

「不思議」を聴いて、朝焼け前のブルーのイメージが思い浮かんだ。

飛行機を連想する音感もあると思ってからは、雲の上、窓から見える翼の先を眺めながら聴いたら最高だろうなと想像した。

私には飛行機に乗るのはちょっとハードルが高いので、いつか空港に遊びに行くことがあったら、飛行機の見えるカフェでこの曲を聴きたい。

 

想いとは縁取りの難しいもので、曖昧だからくっきりと伝わってくるものもある。

その「不思議」に触れていても、わからぬまま漂うとしても、この曲の側には居られる気がする。