中崎町を知りたい

 

地下鉄の改札を出て、いくつもある出口を勘で選んだ。

持ち上げるには重たいスーツケースを両手で浮かせて階段を登ると、見えたのはセブンイレブン

着いた!大阪の街!!という感じではなく、セブンイレブン。とても見慣れたオレンジ緑赤のライン。

もしかして…と直感が働いて、すかさず正面へと回り込むと、そこには関ジャニ∞のキャンペーンフラッグがあった。7月からセブンイレブン関ジャニ∞のコラボキャンペーンがスタートすることになっていて、自分がファンになってから初めてのコラボキャンペーンを大阪にいる間に経験することになった。

関ジャニ∞がようこそ!と笑顔で迎えてくれているような安心感。思いがけず旅の始まりは関ジャニ∞になって、この景色のなかでならやっていけるかもしれないと勇気が湧いた。

 

大阪の地、暮らすのは「中崎町

私がどうしても住んでみたかった町。

大阪市北区谷町線で東梅田は隣駅。天満も近く、関テレには徒歩で行ける。そんな都心に近い位置にあるけれど、この町は古民家や昔ながらの建物も多く、その風情をいかした喫茶店やカフェ、雑貨屋さんや古着屋さんなどが立ち並ぶエリアがある。

静かな賑やかさがあって、落ち着く雰囲気。インスタントカメラを持って歩きたくなる町。

 

中崎町という町を知ったのは、関ジャニ∞の関西ローカル番組「ジャニ勉」のエイトブンノニという大阪の街を歩くコーナーの初回が、丸山隆平さんと錦戸亮さんの2人で歩く中崎町だったから。

昨年ライブの合間に訪れてみると、あっちにもこっちにも目移りしてしまうほどカフェがいっぱい。チェーン店ではなくて、1店舗ずつがオリジナルの個人店が多いこともあり、個性豊かで、お店の並びも小道にちらほらと佇んでいる感じでそれを探し歩くのが楽しい。

1日では知り尽くすことができない町だったという記憶が忘れられなくて、だから思う存分、好きなだけ歩いてみたかった。

 

これから住むマンションを見つけ出して、荷物を置く…よりも先に、最初に行くと決めていた場所があった。

 

レストランカフェ「クイーン」

丸山さんと錦戸さんがオムライスを食べていたお店。

私がこの町でなら暮らせると思った理由の一つが、このレストランがある町だからという理由だった。昨年初めて来た時に、オムライスを食べた。オムライスの美味しさも印象的だったけど、お店のおじちゃんがとても楽しいひとで、明るく話しかけてくれたことが嬉しくて、会話のテンポも大阪っていう感じがするなーと楽しかったのを覚えていた。

ランチは650円。美味しくて、お味噌汁とサラダ付きでバランスよく食べられて、それでこのお値段。節約もしたい、でもちゃんとしたご飯が食べたいという思いにぴったりなお店。雰囲気も、日常で通いたくなる洋食屋さんという感じ。

 

1年半も経っているわけだから、初めましてのようなものだけど、この町に来てまずは「やって来ました、よろしくお願いします」と誰かに挨拶したかった。

暑さのなか慣れないスーツケースの振動に振り回されながら、再びたどり着けた「クイーン」

お腹が空いていたらオムライスを食べたかったけど、この暑さで食欲は無かったので涼もうと、冷たい飲み物を飲みに入った。ドキドキしながらドアを開けると、お客さんが落ち着いた頃だったようで、お客さんは私1人だった。

「荷物大きいんですけど大丈夫ですか?」と聞くと、すぐに「ここにどうぞ」と椅子を動かして置きやすいようにスペースを作ってくれた。席に座って、ようやく暑さからも解放されて新幹線からの道のりを一息入れることができた。

炭酸が飲みたくてアイスも食べたかったので、頼んだのはクリームソーダ

なんてことない飲み物だけど、ずっと来たかった場所に来て、最初に来るのはここと決めていたレストランで飲むクリームソーダは格別で、しかも季節は夏なわけだから、それはそれは美味しかった。

 

ゆっくりしていたかったけど、借りるマンションのWifiを急遽お願いした為に郵送で届くことになっていて、部屋にいないといけない。

ごちそうさまですとお会計をしていたら、お店のおじちゃんが「これから観光ですか?」と話しかけてくれた。今しかないと思い、この町で10日間暮らすことにしましたと話すと、「どうしてこの町に?」と聞かれて、大阪に住んでみたかったこと、昨年オムライスを食べにきてこのお店のあるこの町に住みたいと思ったことを話した。

「そうでしたか」と驚きのような表情で、「またいらっしゃってください」と言ってくれた。またご飯食べに来ますと答えて出ようとすると、大荷物を察して「ドア開けてあげよう」と通りやすいようにしてから「いってらっしゃい」と送り出してくれた。

一方的に来て、一方的に知っているだけだったのだけど、いってらっしゃいと送り出してもらったことが嬉しかった。またすぐにここに来られる距離に自分がいることを自覚した瞬間だった。

 

f:id:one-time:20180720105500j:image

 

日常から距離を取って挑戦したかったのは

 

自分のことだけを考える時間とは、どんな感覚だろう

小学6年生、卒業式の日。担任の先生が一人一人に向けて、両手のひらに収まるサイズの色紙に言葉を書いて手渡してくれた。

どの子に手渡されていく言葉も、1年間を見てきたから贈ることができる先生からの言葉で、自分の色紙には一体どんなことが書いてあるのだろうと、嬉しさ半分照れくささ半分の気持ちでその順番を待っていた。

名前を呼ばれ、先生の前に立って、

渡された色紙には「想い」と書かれていた。

小学6年生の頃の私は、素直ではなくて、扱いづらくて、登校をやめてからは学校から近い私の家に毎朝のように迎えに来る先生に、断固として顔すら見せなかった。そんな自分に贈られた言葉があまりにも穏やかで、当時はとても驚いた。

何だかんだ書くことに困って、元気とか明るいとかそんなことが書いてあるんじゃないかと考えているような、私はそんな捻くれたやつだった。

「家族を想い、友達を思い、いつもだれかを想ってくれる優しいあなた。次は自分自身のことを想ってあげてね。あなたの夢をかなえる日を楽しみにしてます」

受け取った時の10代だった私は、嬉しさはあるものの、その言葉の意味がしっかりとは分からなかった。正確には意味というより方法が、分からなかった。

自分を最優先にしてかなえたい夢があるとも思えなかった。いつかまあそんな時間がくればいいな、そう思いながら気持ちの蓋を閉じた。

 

それから何年も経って、今、その言葉を思い出しているのは、自分の中での一大決心のきっかけがそこから始まっているからだった。

今の生活を一旦切り離して、距離の離れた大阪で10日間暮らす。

そう決意したのは5月のこと。

だけどその前に一度、突発的に新幹線に乗って行ってしまおうかと本気で考えた日があった。しかし頭で考えてしまったばっかりに実行できず。帰って来た時のことを考えて、結局踏み出しもしなかった。

仕方がない、今じゃないんだ。そんなふうに収めようと自分を説得していた数日間。どうにも気持ちが煮えきらなくて、私は大事なきっかけをみすみす逃したのではと、なんだか無性に悔しかった。

やっぱり決めたのに実行しないままはいや。その気持ちがはっきりしてから、実行を決めるまでにそう時間は掛からなかった。

 

Nissyカフェへと出掛けていたある日、友達に今の心境を話していて、自分の気持ちが相当堅く決まっていることに気がついた。

旅行ではなく、一定期間。今いる場所を離れて、自分のことだけを思う時間を経験したい。一人で生活するとはどういうことか、自分がそれを出来るのか、確かめたい。

それならば、ずっと思い描いていた大阪で暮らすという、生涯叶えたいことリストにも書きそうなほど強い願いを実現しよう。そのためには、ホテルではなくウィークリーマンションを借りて、自分で生活をするのがいい。お客さんじゃなく、そこに居る人になれたら。

そんな思いで、Nissyカフェの待機列に並びながら、私は借りる部屋を決めた。

清潔感があって、暮らすイメージができて、住みたい街の駅から近いことを条件に見つけたその部屋。後日問い合わせをすると、予定期間の空きがあるとすぐさま返信があった。

 

6月29日の金曜日から、7月8日の日曜日まで。

この10日間を大阪で暮らす。

なぜその日程にしたかと言えば、5月なかばに1ヶ月先のまだ真っさらだったスケジュール帳を開いて、このへん。と何となくで決めたから。とくに大きな理由は無かった。

まずは、行けるか行けないか、休みが取れるか取れないかではなくて、ここ!と決めて出発の予定だけを何よりも早く立てた。あとは逆算でなんとかなるだろうと。

可能な限り早く、出来れば土曜日を2度大阪で過ごして「サタデープラス」を見たい。土曜日を跨いだ理由はそれくらい。10日間にしたのは、1週間は越して同じ曜日がもう1度来たという経験をしたかったから。

休みの申請をビビりながら出すと、どうにかOKが出た。奇跡!!と思いながら、あとは準備を進めるのみ。

ウィークリーマンションの問い合わせも手続きも、自分一人で進めて、着実に出発までの準備が整っていった。

 

大阪に行く日を目指して、日々予定をしっかりこなしていった。

もうあと1週間もしたら大阪。そう思っていたころに、関西地区で地震があった。震源地はこれから住もうとしているその辺り。状況を見なければとしばらくは待った。マンションの会社からは問題ありませんと返答があり、あとは自分がどう決めるかという状況。

地震が大丈夫な人なんていないけれど、私は地震が本当に駄目だ。何よりも恐い。だからここでどうするかを決めるのは簡単なことではなかった。取り止める可能性も充分考えた。どうするべきか考えたけど、地震の起こらない土地はないと考えると、行こうという気持ちの比重が大きくなった。

なにより、取り止めになるかもしれないと思った時、自分でも驚くほど、いやだと駄々をこねる自分の気持ちに気がついた。他の場所の案を考えようとしても思い浮かばなくて、行きたい場所も見たいものも大阪にある、どうしても大阪がいい。私が行きたいのは、ただ遠くではなく、大阪なのだとわかった。

 

 

新幹線の指定席を買うため、みどりの窓口で機械を使って往復のチケットを取った。

初めて自分で新幹線のチケットを買った。実は1度目に買いにきた時に使い方が分からず、じっっと立っている駅員さんに聞く勇気も出ず退散した。なので2度目のチャレンジ。ちゃんと取れているのか不安ながらも発券が済んで、これで私は大阪行きのチケットを手にした。

 

スーツケースを買うならこれ、とずっと目星を付けていたムーミンのスーツケースは、買ってからずっと部屋の見えるところに飾ってあった。

そのスーツケースにいよいよ荷物を詰めて、出発の準備は完了した。

想像していたよりスーツケースに空きができて、これで大丈夫なのか…?と使いこなせていない気がしながらも、ヘアブラシや爪切りなどのうっかり忘れそうな物もしっかり詰めた。

今の生活を一旦切り離して、と言っておきながら、やるべきことは全部やった。

引き継ぎ、買い出し、掃除もろもろ。居ない間に問題の起こることができるだけ無いよう、人力を尽くしてしまった。そういうところがいけない。

 

友人や家族が、出発前にご飯に行こうと時間を作ってくれたりした。

そんなに大ごとにしなくてもと口では言いながらも、自分自身にとってはそれだけ大きなことだから、同じように捉えてくれていることが嬉しかった。自分で決めて一歩踏み出すと、その本気を受けとめてくれる人がいて、思う以上に周りは応援してくれるのだと知った。

いつも行っているカフェでも、行ってきますと挨拶をして、お話し友達の常連さんにも行ってらっしゃいと送り出してもらった。

 

明日からは全く違う場所に居る。

知らないことばかりの景色のなか、どんな人に会えるだろうか。どんなことが起こるだろうか。

緊張とワクワクの止まない鼓動を胸に抱いて、6月29日金曜日、スーツケースと共に家を出た。

 

できっこないを やらなくちゃ

 

なんて言葉にしたらいいかわからなくて、どんな思いも言葉にして文字にすればするほどちゃちになる気がして、喉につっかえる息苦しさがずっとあった。

何か言わなくてはいけないなんてことはないのだけど、関ジャニ∞のライブツアーが始まる前に、心の整理はつけておきたかった。

 

渋谷すばるさんの居る関ジャニ∞として、7人で生放送で歌を届けた3日間。

しっかりと見つめることができた。限られた選曲の中で、「NOROSHI」が歌われたこと。それを大阪で聴いたこと。忘れがたい時間になった。

ここまでの数日間、歌番組やラジオ、メンバーが書いているWeb日記など、様々な面で“今”の思いやこれからへの思いをファンに向けて真摯に伝えようとしてくれていることが充分すぎるほどに伝わった。

関ジャニ∞もファンを心配していて、ファンも関ジャニ∞を心配していて。心配しているのはお互いさまだねとちょっと笑ってしまいたくなる思いになった。ソワソワしたり、ハラハラしたり、感情が揺れ動くことをこれまでは好きだと思えなかったけど、想う相手が居るから動く感情があって、それなら心配という感情もわるくないかもしれないと思った。

 

渋谷すばるさんが関ジャニ∞としてジャニーズとして魅せつづけてきたこれまでが、CDで、ライブ映像で、映画で。沢山沢山、形として残っている。

渋谷すばるさんの歌がまた聞こえてくるまで、今後しばらく保つぐらいのものをいっぱい残してくれたと思う。関ジャムやジャニ勉、クロニクルを1日1つ見返したって、見きれないほどの量を。

 

渋谷すばるさんからの報告を読んだ時の感情は、

“びっくりした”だった。

びっくり、でよかったとあの時も今も思う。ああ…なんてこと思いもしなかった。メンバーには告げられていた年初めの頃を蘇らせても、全くそんな予兆を勘付くこともなかった。自分的には人の変化や空気感の違いには気づく方だと勝手に思っていたけど、そんな機能全く役に立たないほど、関ジャニ∞関ジャニ∞として完璧だった。

それは多分、見せていたものにうそはなかったからで、渋谷すばるさんがそれを決めたということだけがそこにあったからで、だからあの時のあれは…なんてこともなく、届けてくれていたものを全部、最後まで、全力で楽しむことができた。

 

次に進めるだけの思い出を、ありすぎるほど持っているんじゃないかと。そう思う。

もちろんこれからもずっとそれを見ていたかった。だけど、すばるくんの居た関ジャニ∞として、常に全力の景色を見せてくれていたと感じられるから、そう感じられるだけのライブを「ジャム」でも「エイターテインメント」でもその瞬間を全力で届けてくれていたから、それを正面から受け止められていた時間はしあわせだったと自信を持つことができる。

 

錦戸亮さんはWebの文章で永遠について書いていたけれど、永遠を信じた瞬間こそが大切だったんじゃないかと思う。

自分は何かに対して、ずっと続くかもな、なんて思えたことは無い。永遠があると思えていた時間をすごしていたってすごいことだ。それが終わったとしても。そう思えてしまうような人と出会えて、しかもそれが1人じゃなく7人も居て。

永遠を信じて進めた時間は他の何ものにも代え難い本当の時間だったはず。

そんな時間を見ていられたんだなあと思ったらなんかうれしくて。寂しい、は変わらないけど、関ジャニ∞として永遠をみていた時間があったということが、うれしかった。

メンバーそれぞれが、彼ら同士どう思い合っていてどんな思いがあるかは、彼らだけの宝物。そんな大切な時間を見せてくれていたことに感謝の思いでいっぱいになる。

 

 

こんなにも頭の中をいっぱいにできるのかと今さら発見するほど、関ジャニ∞のことを、渋谷すばるさんのことを、そして丸山隆平さんのことを思った。

関ジャニ∞渋谷すばるさんへの思いはどうにか言葉にできるのに、丸山さんへの思いがどうしても素直に出てこなかった。思いが募りすぎると無言になるという要らない特性が表れてしまって、言葉につまっていた。

 

でも今こうして衝動的に文章が書けているのは、しっくりくる曲に気づけたからで、

それは、サンボマスターの歌う「できっこないを やらなくちゃ」

頑張れって言いたいのともちょっと違う。頑張るつもりでいて、ピンチになればなるほど強くなれてしまう丸山さんに届けたい気持ち。できっこないなんてこと無いのは当然だけど、サビの歌詞は大声で届けたい。

 

あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も

今世界にひとつだけの強い力をみたよ

君なら出来ないことだって出来るんだホントさ嘘じゃないよ

今世界にひとつだけの強い光をみたよ

イワナビーア君の全て! 

 

どんな思いのなかにいるとしても、どんな時でも大好きです

丸山隆平さん。届けてくれる思いをまっすぐに受けとめに行きます。ライブ楽しみです!!

 

溢れて止まらないほど、大好きです

渋谷すばるさん。また歌を聴かせてください。そしていつか、あなたの歌う音楽を文章に書くことができますように。

 

横山裕さん、村上信五さん、丸山隆平さん、安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さん

関ジャニ∞のこれからを、全力で期待しています。