読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドームであることをライブテーマに活かした面白さ。関ジャニ∞ライブDVD「EIGHT×EIGHTER」前編

 

関ジャニ∞に興味を持ち、遡って過去のライブDVDをいろいろ見た中で、大好きだと直感的に感じたライブ。

「EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」

今から6年前の公演。アルバム「FIGHT」を提げたツアーで、インパクト大なタイトルだなというのが第一印象だった。英字の部分は、エイト バーサス エイターと読む。

オープニングがあって、エンディングがある。映画のように一貫したテーマがありストーリー性のあるものが好きで、このライブがまさにそうだった。コンセプトと構成がしっかり支え合っていて、完成されていたところに感動した。

 

全体のテーマが「野球」

なんとなく感じるもう一つのテーマに「エール」があると思った。

演出の一つ一つが素晴らしく、とにかく楽しい。ライブに行くようになるまで、東京ドームや京セラドームは“野球をしている会場”というイメージが強く、むしろここでライブをするの?!と感じていたギャップを上手く使った…!!と衝撃を受けた。

野球場っぽさを消そうとするのではなく、むしろ際立たせる大胆さ。本来は野球場である場所でライブをしているという、異空間を逆手に取ったこんな演出の方法があったんだと驚きだった。

ライブグッズにも野球要素が散りばめられていて、ツアーTシャツは思い切ったデザインの野球ユニフォーム風のTシャツ。このデザインがとても可愛くて、歴代のツアーTのなかで一番好みだった。そしてペンライトはメガホン型。光がグリーンなのも、ドーム全体に光ることで芝生っぽさがでる。ここまでだけでも、徹底したテーマ作りにテンションが上がる。

 

そしてライブの始まり方が今世紀最大に好きだった。

野球ではお馴染みのサイレン音が鳴り、野球応援の独特なリズムで手拍子が始まって、暗いドーム内に走るカラフルなスポットライトの数々。見える7人のシルエットに聞こえてくるアナウンス。

「皆様、大変長らくお待たせしました。本日の試合、『関ジャニ∞五大ドームTOUR EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません』最終戦関ジャニ∞チームスターティングメンバーを発表いたします。」

そこから「一番、ドラムス、大倉忠義。背番号8」と順にアナウンスされていくワクワク感。それぞれの背番号にも個性がはっきり表れていて楽しい。一人ずつ名前を呼ばれて階段を降りて行って、背番号のアナウンスに合わせてポーズを取っていく流れも好きだった。選手入場のような演出。そしてそれぞれの定位置へとスタンバイ。

このシーンでの安田章大さんの振り向き笑顔は、後世に語り継がれるほど可愛い。最後に呼ばれた横山裕さんが、お辞儀をして、“おねがいします”と口を動かしてから背番号を見せて両腕を高々と突き上げた時の高揚感。

最初のアナウンスが流れている最中、関ジャニ∞がステージに登場していながら派手にではなく普通に立っていて、軽くお辞儀をしたり手拍子をしていたりとフラットな雰囲気で登場してくる感じが好きだった。衣装もユニフォームにジーンズとスニーカーという気張らない感じで、それが良い。

「間も無く、試合開始となります。どなた様も盛り上がって参りましょう」 

という言葉がスタートの合図。このアナウンスが最高。煽りつつも声は淡々としているところがグッときてしまう。

 

ボルテージが上がる会場に、スクリーンに映し出されるトレーディングカード風のメンバー写真。こんなところも芸が細かい。旗が次々に上がっていって、トレーディングカードがわーっと押し寄せて抜けた先にスクリーンにツアータイトルが映され、「LIFE~目の前の向こうへ~」バンド演奏から始まるライブ。

見事に気分が盛り上がる。人のテンションを動かすことは難しいはずなのに、この煽りのうまさはどうやって作るんだろうと不思議で仕方ない。まだ暗くスポットライトの当たらない状態から村上信五さんと安田章大さんが頭の上で手拍子をして煽っているシルエットが見えるところも良い。

このアナウンスが好きでたまらないのは、何回戦目と言うことによって、ツアーの日程とリンクしてリアルタイムで変化していく感じがあることと、毎度違う、その時だけの特別感ができるところに魅力を感じるから。

 

「LIFE」の次に続くのは「宇宙に行ったライオン」

 さらに畳み掛ける「ローリングコースター」は、思いがけず何かを好きになってしまった…!と言う戸惑いとドキドキを感じたことのある人の心にヒットするはず。

「ローリングコースター」の村上さんのパート、“そりゃね 理屈は分からんでもないが”と歌いながら放ったウインクに、関ジャニ∞を知りたてだった頃の自分は見事に打ち落とされた。えっこんな優しい表情を村上さんはするの…!と驚きだった。カメラにしっかりと映された奇跡のウインク。何度見ても新しく恋に落ちる。

そのあとの照れた笑顔も、それに気づいた大倉さんの“やったな”みたいな笑みとアイコンタクトもいい。

  

その空気からの「モンじゃい・ビート」でアップテンポに一気に持っていく変化。歌う。踊る。全身を使って踊るメンバーが楽しい。

「イッツマイソウル」が好きだ!と思ったのはこのライブでのパフォーマンスを見てからだった。渋谷さんのパートで手拍子が揃う空気感が良かった。“ま、そりゃしょうがない”の歌詞で映る横山さんの斜めよこからの角度も完璧だった。

メトロックに挑む関ジャニ∞にワクワクが止まらない

 

明日、5月21日に行われるメトロックに関ジャニ∞が出演する。

Mステでのいきなりの発表となったこのサプライズに、ワクワクが止まらない。チケットは既にsold outになっている状況での発表というところにも痺れる。ファンが集うに集えないこの状況。

自分もチケットは持っていない。なぜかそれが余計に高まる。観られないことが嬉しいと感じることがあるなんて、初めての体験。未知の場所へと乗り込んでいく関ジャニ∞を見送ることができるのはこんなにも嬉しい。夏にはツアーが決まっていて、帰ってくる約束がある上で、行ってくるから待ってろと言われているような。挑みに行く背中の頼もしさ。

こういう挑戦はどんどん置いて行ってくれていい。行ってらっしゃーい!と大きく手を振る心持ち。

 

どうしてこんなにも頼もしいのか、それはここまでのバンド演奏への直向きな姿勢と、「関ジャム」で積み重ねたこれまでが確実に形になっているからだと思う。

ロックフェスという場がアウェイであることに違いはないけれど、彼らの誠実な音楽へのリスペクトは本物だ。

 

「LIFE~目の前の向こうへ~」をシングルで出した時、自分はまだ関ジャニ∞をしっかりとは知らなかったけど、楽器の演奏に挑戦するようになったんだと思いながら見ていた。ライブに興味を持ち、追いかけるようにして見たライブDVDでは「JUKE BOX」でバンドセクションをがっつりと組み、会場の空気を一変させる引力に驚いた。それからはライブでのバンド演奏が馴染んでいき、徐々にバンド曲も増えた。

関ジャニズム」では歌に徹していた「象」も、昨年からのツアー「エイターテインメント」ではバンドでの演奏になり、さらなるパワーアップを見せた。

そして最新のライブDVD「エイターテインメント」を見てあらためて、このラスト3曲の布陣を組むことができる今の関ジャニ∞なら大丈夫だと、この流れのままフェスが決まったことを不安もなくすんなりと受け入れられた。

関ジャムのセッションを毎週見ていても、どんどんとメンバーが音楽への知識や好奇心を増幅させて、成長していく姿を見せてもらっている。あの番組はドキュメンタリーだと思う。始まった当初、こんなに濃密なセッションを毎週見られるなんて信じられないとびっくりした。気づけば関ジャムは2015年5月から始まって、2年が経った。毎週のセッションの濃度は薄まるばかりか、どんどんとその色を濃くしている。濃すぎて、大体日曜の夜は番組が終わってからしばらく興奮がおさまらなくて大変だ。

 

1月までツアーが行われていたにも関わらず異例の速さでライブDVDが出たのも、様々な理由があるだろうけれど、今回のメトロックのことを考えるとナイスタイミングだなと本当に思う。バンドの関ジャニ∞を観て興味が湧いた人にはまず、「関ジャニ′s エイターテインメント」のラスト3曲をぜひ見て欲しい。

「Tokyoholic」「象」「NOROSHI」の畳み掛ける圧倒的なパフォーマンスを見てもらいたい。

最終日までの公演ではギターとドラムの即興セッションだったパートが、オーラスでギターにベースが加わり、それにドラムがのって。煽りの手拍子、ボーカルの声。ドーム全体が熱気に包まれた瞬間を映像で見てほしい。

そして「JUKE BOX」「関ジャニズム」と追っていくときっと楽しい。

アルバムを借りてみようと思う人には、OKAMOTO′Sから楽曲提供をしてもらった「勝手に仕上がれ」やサンボマスターからの楽曲提供の「振り向くわけにはいかないぜ」が収録されている、「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」をオススメしたい。初めて聴いた時、オープニングの意外性にグッときたことを鮮明に覚えている。

 

そして、6月28日には関ジャムからの影響を全面に受けたアルバム「ジャム」がリリースされる。

番組を見て感じることができた、音楽!楽しい!というシンプルな感情を、今度は関ジャニ∞から全面に受けとることができる。

全員が30代に入り、歳をとることを嫌がるでもなく面白がって、限界を決めず挑戦し続ける姿勢を目の前に見ていられることは何よりの希望であり勇気になっている。こんな大人になりたいと思える人がいることが嬉しい。

 

新しいことに挑戦し、荒波に揉まれに行く関ジャニ∞

ステージに立ち、どんな景色を見てくるのか、自分のことではないのにこんなにもドキドキできることが楽しい。

今の関ジャニ∞のありったけを思い切り爆発させてきてくれると信じて、その背中を見守っていたい。

 

メトロックで披露されたセットリスト

  1. HighSpirits
  2. ズッコケ男道
  3. 言ったじゃないか
  4. NOROSHI
  5. 宇宙に行ったライオン
  6. 侍唄
  7. Tokyoholic
  8. 勝手に仕上がれ
  9. LIFE~目の前の向こうへ~
詳しい情報は、関ジャニ∞のホームページで紹介されています。

www.infinity-r.jp

 

星野源さん「いのちの車窓から」

 

本屋さんで置かれている表紙を見て、素敵なデザインだなと思った。

白い表紙。画用紙のような手触りの紙質。中央にある素朴で可愛い星野源さんを描いたイラスト。イラストの赤いセーターが白い表紙の中で目を引いて、それから細かく見ていくと足元に描かれているエレキギターやノートパソコンが目に入る。小さく囲うように置かれた物は、星野源さんの生活を取り囲む物たちなのかなとイメージできて楽しい。

“いのちの車窓から”と書かれた文字のフォントや一字ずつの間隔の開き方も絶妙で、“星野源”という文字も心地いい間合いで目に入ってくる。

この本の装丁は吉田ユニさんと知り、情熱大陸でこの間見たばかりのタイムリーな発見も嬉しかった。

 

デザインが好き。部屋に置きたい。と思ったのとは別に、今無性に読みたい気がするという感覚があった。それはしばらく続いて、何度も本屋さんで手に取り、置いて、を繰り返していた。そうこうしているうちに、今度リリースされる関ジャニ∞のアルバムに『ニセ明』の名義で星野源さんが楽曲提供をしてくださるという発表があった。やっぱり今読むべき本だと確信して、本屋さんに行き、本を買った。

 

誰かのエッセイを読むというのはなんだかそわそわする。その人の、“そのまま”が文章として伝わってくる気がするから。

本を開き、丁寧に読もうとめくった一ページ目から、次の章、次の章へと止まらなくなり、あっという間に読み終えてしまった。本を閉じ、一番に思ったのは、今読んでよかったということだった。人と関わること、自分を認めるとは、好きなこと、湧き上がってくる原動力、思い描いていること。どんなふうに考えて、どんなふうに信じていいのかわからなかった今の私には、その問いへの手がかりがこの本のいろんな章にそっと置かれているように感じた。

 

「怒り」「電波とクリスマス」「友人」「武道館とおじさん」「人見知り」…

どの章も素敵だった。星野源さんの目を通して見えている景色を見せてもらっているみたいで、読んでいると星野源さんだけが持っている不思議なメガネを借りて時間旅行をしているような感覚になる。

本を読んでいると、星野源さんは静かに人を見ている人だなと伝わる。人が好きなんだということもすごく伝わってくる。星野源さんの目に見えている、周りにいる人たちの魅力が文章できらきらと表現されていて、その中にそれぞれの生活があることを感じ取れる。「いのちの車窓から」を読んでいると、人と関わることは楽しい。と改めて気がつく。

陽だけでなく陰も知った上で沢山のことを経験してきて、今の考え方にたどり着いているということが言葉の選び方一つ一つから感じられた。

 

マイケルジャクソンを見て“いつも寂しそうだった”という感性が好きだと思った。

注目され、人に囲まれ、きらびやかに見える景色のその奥を見て、寂しそうだと感じる感覚にとても共感し感動した。誰もが羨む場所に立っているように見えるスター。沢山の人が集まり、様々な思惑に厚く隔てられて、本当が届かなくなっていく。その哀しさを分かっている人がいるんだと知って、ほっとした。

マイケルジャクソンを見ていた頃の星野源さんはまだ普通の少年で。その時から、孤独を見抜きながらマイケルジャクソンの歌に惹かれていた感性が素敵だと思った。

 

テレビから断面的に見ているだけでは知ることがなかった紅白歌合戦への思いや、楽曲製作中の思い。それを読んで少し知ることができたのが嬉しかった。

自分も見ていた紅白歌合戦のあの瞬間にどれだけの思いがあったのかを、そこに至るまでの話を読んで、「何者でもない自分」だった頃から感じていた眩しさへの葛藤が、時をかけて現実のものになった瞬間だったんだと胸が熱くなった。

私にも、やりたいことがある。いつか、と夢見るものがある。しかしそれでも自分の持つ感覚を信じ、突き進むことは簡単ではない。自信を失い自分を疑うのは簡単なのに、自分が感じている何かを信じることができない。そんな心境に共鳴した言葉がこの本にはいくつもあった。

 

「ある夜の作曲」154ページ

いつだって、世界を彩るのは、個人の趣味と、好きという気持ちだ。 

 

「夜明け」186ページ

そういった想像や予感というものは、合っていようが間違っていようが、現実を変え、未来を作る力になりうる。

 

なかでもこの二つの文は、今までモヤモヤとしていた何かが読んでいて晴れていくようだった。これでいい。この感覚を肯定していっていい。と思えた。抽象的すぎて、本人さえ掴みきれない何かでも、形になる時はくるのかもしれないと視界が拓けた気がした。

「電波とクリスマス」の章が好きなのは、そんな希望を強く感じられるからだった。小さな部屋、ひとりぼっちで作っていた音楽が、横浜アリーナの1万2千人に届いた瞬間。“伝われ”という強い思いが、確かに伝わっていた。

ひとりぼっちで作り続け行動し続ける間、どれだけの葛藤があっただろう。この部屋で作るものが、広い世界に向かっていて、いつか繋がると思い続けることはつらくはなかっただろうか。

私は、今一番何がしたい?と聞かれると、文章が書きたい。と答える。そこに迷いはない。けれどいつも葛藤ばかりだ。届いているのか、読んでもらえているのか、これでいいのか。どこかへ繋がっているのだろうか。

それでも、どれだけ迷っても、やめられない。書かずにはいられない。そんな気持ちもひっくるめて、今はこれでいいのかもしれないと思えた。

 

細野晴臣」さんの章を読んでいて、鳥肌が立った。20年。それだけの歳月をかけてあの頃と今が繋がった瞬間があった。なんて粋なんだと感動した。 そんな出来事が現実に起こり得るんだと驚いた。嬉しくて仕方がないその時の気持ちがリアルに伝わってくる気がした。

 

星野源さんの歌で、今よく聞いている歌がある。

「Friend Ship」

アルバム「YELLOW DANCER」の最後に収録されている。

理由はよくわからない。わからないけれど、歌詞に出てくる言葉とメロディーがとても耳に残った。“笑い合うさま”や“一歩踏み出すさま”という言葉の表現が日本的でいいなと思った。歌詞に出てくる“わからないまま”という言葉の曖昧さも好きだった。

自分に置き換えて共感するところがあるのかもしれない。「幻をみて 一歩踏み出すさま」という言葉が心に響く。

 

本を読んで、星野源さんの物事への真摯な向き合い方を知って、さらに好きになった。受け止めることに広く、起こる出来事をおもしろがる楽しさを知っている。

ニュートラルな佇まいが素敵だ。

本を読み終わった後に聴く歌は、より色鮮やかに聴こえてくる気がした。

 

f:id:one-time:20170518205744j:image