水彩絵の具の波紋で合わさる3色 - 大橋トリオさん「HONEY」

 

大橋トリオさん「HONEY」の‪関ジャム‬セッション。

はじまりに大橋トリオさんがにこにこしながらギターを弾く空気でもう吸い込まれた。私はこの一瞬で森林浴をした?近くに川のせせらぎなかった?

セッションに、丸山隆平さんはボーカル。安田章大さんはボーカルとギターで参加。

 

大橋トリオさんが以前に‪関ジャム‬に出演された時、ピアノの前に現れて、息ひとつもばたつかせず静かに椅子に座って鍵盤に指を置いた。

すうっと息を吸って、響いた歌声はびっくりしてしまうほど穏やかで、霧のように追えば消えてしまいそうな繊細さを持っていた。

 

テレビにはあまり出演しない印象を受けたから、再びの出演がこんなに早く実現して、それもスタジオに座る方で話をしてもらえるなんて。

リモートでの‪関ジャム‬が続いて、スタジオ収録もセッションも2ヶ月半ぶりだった。

その場で話す、会話のリズム感が番組の味にもなっていて、セッションはひとつの場所に集まるから出来る化学反応だと思っていた。だから、リモートで成立する企画を制作の方々が考えて、‪関ジャム‬として変わりなく楽しめていることに驚く2ヶ月半だった。

 

 

HONEY」という曲を初めて聴いた…

‪湖のほとりではためく洗いたてのシーツのような、息を含み澄んだ歌声。

楽器の音はかろやかに周りを跳ねていく。

“恋でもしたのかな”と歌う丸山さん。聴いたことのない丸山さんの歌声に、そんな顔するのはじめて見た…と立ち尽くす感覚になった。

“虹色のシャワー”と大橋トリオさんの声に合わせてコーラスで歌う安田さん。声と声とが溶け合って、境目を探すほうが難しいくらいの美しいハーモニー。

安田さんを映す瞬間の歌詞が、どれもまさにぴったりで、カット割りまで丁寧に計算されている…と感動した。

アレンジも歌割りも、原曲があって歌うご本人が実際に居てのセッションという非常に高いハードルのなかで、尊敬と挑戦を込めたものに作り上げているアレンジャーさんの素晴らしさを実感する。

 

 

丸山さんの歌声が、歌いだしから口を大きくは動かさない控えめな発声をしていたことにまず驚きだった。

これまでは、グループで歌う時には低音でハモりをすることも多くあって、個人のパートやソロの曲では高音で歌詞をはっきりと発音して、パキッと響かせる印象のあった歌声。

ここにきてまだ、新たな一面に触れた気がしてドキドキが止まらなかった。

語尾を下げていくフォールの多いメロディーラインをすぅーっとなでていく音。写真でいう霧をかける雰囲気で、フェードのかかったような声。

 

丸山さんの歌声は語尾が上がる時にきらめいて、清々しく突き抜けるゴールデンラインは高めな音にあると思っていた。例えば「DO NA I」の時みたいに。

それもあるけど、下がっていく声色でこんなにも魅力を発揮するとは…同じ落ち着いたトーンで言っても「Street Blues」とも違う、スモーキーな声だった。

以前にもセッションしていた大江千里さんの「Rain」を、いつかあの歌い方で歌ってみてほしい。

 

そしてメインだけでなく、ハモりにも回っていた丸山さん。

歌の後半、“たった一つの 鍵を見つけたら”のところで、歌いながら左手で鍵盤を押さえる手の動きをしていて、

歌っている音程を確かめるように押さえる指を変えていたから、もしかして鍵盤で練習したの?と想像の範囲ではあるけれどわくわくした。

 

 

安田さんの身体のために掛けているサングラスの色がいつもとは違っていたのも、今思い返すと空気感の変化になっていた。

レンズの色は薄めの、黒の細いフレームが印象的な眼鏡。

見栄えより何より体調を最優先にしていてほしいから、照明の明るさが眩しすぎてしまわないものを掛けていてほしいと思うけど、安田さんの選んだ眼鏡が今回はあのデザインだったなら、曲の雰囲気にコーディネートしたような素敵な眼鏡だったと思う。

 

メロディーがぐぐっと盛り上がって、

ここからはじまる物語さ

で、大橋トリオさんと安田さんが息を合わせてアコースティックギターをちょっと斜めに上げて、ジャンッとリズムを強調したのがとても好きだった。

セッションでは曲が短縮されているけど、メロディーの繋がりは保たれながら、見せどころもあった。

タイトルの「HONEY」の意味、蜂蜜というワードは、フルで聴いた時に耳にできる。

 

大橋トリオさんの歌声が触れるのにためらうほど柔らかいから、セッションに参加する丸山さんと安田さんは、声の強さ、音色、速度をチューニングする繊細な作業が必要になったはず。

ひとつひとつが柔和で、ここにいたいと思う空間が生まれていた。

水彩絵の具の広がる波紋みたいに、ふわりじわりと合わさった3色の美しい「HONEY」だった。

 

届けるのは笑い声と歌う声。「関ジャニ∞のオールナイトニッポン」

 

深夜1時のラジオの時間。

6月30日、関ジャニ∞オールナイトニッポン

 

当日の朝からツイッターのタイムラインはそわそわとしていて、みんな!また夜に!と待ち合わせを決めるみたいに、それぞれの1日の予定へと出掛けて行った。

夕方ごろになると、早めに夕飯、お風呂を済ませる人もいれば、仮眠をとるからおやすみーと言う人も。

20時ごろになってきたら、仮眠から目覚めた人がおはようーとタイムラインに起きてきて、23時になるといよいよ盛り上がりはじめた。まだ放送までは、2時間ある。

 

そう言う私も、落ち着きなく早々にお風呂を済ませ、歯磨きも終えて、充電ばっちりのスマホにイヤホンを挿して布団の上でじっと座り待機。

30分前からradikoをつけて、前の番組に“それなー!”の方が出ている…と思いながら、ドキドキが止まらない。

いつもはリラックスのためにラジオをかけながら布団に入るのに、どんどんと高まる心拍数。寝落ちどころか眠れる気がしない。

 

時計は1時を指した。

村上信五さんの声が聴こえた。順に挨拶。丸山隆平さん…がいこうとしたところに、横山裕さんが横入りして先に挨拶。ちょっと困る丸山さん。安田章大さんが挨拶をして、丸山さんがあらためて挨拶。

…大倉さんは?!

昼間の関ジャニ∞クロニクルFの収録時は元気でいた大倉忠義さん。体温を計ったところ、平熱よりは高めの体温だったため、大事をとることに。

大倉さんがお休みでのオールナイトニッポン、一人足りないとわかった瞬間にひやっとしたけど、理由を聞けて少しほっとした。今の状況で、体温をみて大事をとる選択は重要。

ジャニーズとしてのプロジェクトや、関ジャニ∞としての呼びかけで医療に関わる人へのエールを送っているからこそ、そこで矛盾した行動を取るわけにいかないのは理解できた。無かったことにせずに、絶対に参加したかったはずのオールナイトニッポンをお休みすると決めた大倉さんの気持ちを思った。

 

まさかの状況説明から始まったラジオ。けれど楽しみにしていた人たちへのサービス精神は相変わらずで、ラジオから聴こえる関ジャニ∞の声は明るく優しかった。

せーので揃えた

関ジャニ∞の、オールナイトニッポン!」

スイートサンバが流れてきた時の感動。関ジャニ∞が、ラジオをしている。

 

村上さんはしきりに、このオールナイトニッポンとの縁を作ってきたのは大倉さんだと、大倉さんの話と「大倉くんと高橋くんのオールナイトニッポン」の話をして、スタッフさんたちが大倉さんを進行役とした台本を作ってくれていたこと、スタッフさんたちの迎え入れる空気が優しかったことを、感慨深そうに話していた。

村上さんは、この現場にいる時の大倉さんの仕事ぶりを見たかったとも言っていて、ゲストとして来たことのあった安田さんと丸山さんは、どんなふうに大倉さんがラジオの進行をしていたか、嬉しげに説明していたのが印象的だった。

大倉さんが進行役での関ジャニ∞オールナイトニッポンはきっとまた変化のあるものになる予感がするから、リベンジを実現してほしい。

 

 

放送内ではコーナー企画もあり、

「不安になること」はネタコーナーで、こんなことあったら不安になるわーと思うことを書くコーナー

「自粛期間中に始めたこと」は実際に自粛期間にしていたことを送るコーナー

この2つがあった。

「自粛期間中に始めたこと」のコーナーでは、指パッチンでイッツマイソウルを演奏しますと実演してくれたリスナーさんに、多分俺もできるでと言い出す丸山さん。しっかり大音量で指パッチンを成功させて、大人げない丸山さん。

もうひとつ突発的に、安田さんが桂小枝さんの「これ、なんですの」を様々なシチュエーションに合わせてモノマネするという、謎のコーナーも誕生した。

ある日急に離婚届を置かれた時の「これなんですの」が絶妙な演じ分けだった。

 

 

ラジオ内でかけた曲は、

関ジャニ∞

「今」

「オモイダマ」

「前向きスクリーム!」

「Re:LIVE」(初披露)

「友よ」(生歌)

Twenty★Twenty

「Smile」

最初にかけたのは、「今」

ニセ明さんから楽曲提供していただいた曲。関ジャニ∞オールナイトニッポンとして、おじゃまさせてもらった曜日は火曜日。さらっとかける、粋な選曲だった。

深夜2時過ぎに聴く「前向きスクリーム!」は、なかなかのテンション。でも、しっかりと寝っ転がりながら手の振りだけはした。

 

 

そしてとびきりドキドキしたのは、「Re:LIVE」の初オンエア。

リモート会議をしながら企画を組み立て、関ジャニ∞が1番の歌詞を作り、ファンであるeighterから募ったメッセージや言葉を関ジャニ∞が再び形にして、出来上がった曲の初披露がこの日。

歌詞募集の段階で、デモ音源がファンクラブ内の動画でアップされて、歌詞の進行状況も動画でアップされていた。

さらにブラッシュアップして、大まかに出来つつあるものを「Johnny's  World Happy LIVE with YOU」で、安田さんのアコースティックギター演奏で1番のみ歌った経緯からの今回。

 

ラジオから流れるイントロ。

音量をぐっと上げて全神経を耳に集中させた。

仮音源からはアコースティックの味と、まだ先行きの見えない不安や心細さが伝わる曲調が際立って感じられたけど、完成した曲は希望に満ちていて前に前にで、爽快だった。日曜の朝のようなヒーロー感。でも無敵なんかじゃなくて、手を差し伸べれば傷も負うけど、ヒーローになりたいと思うことをやめない。

横山裕さんの歌声が最高に突き抜けていた。横山さんのソロを聴いて好きになったその歌声が存分に聴けるのが嬉しかった。

村上さん安田さん大倉さんはもちろん、丸山さんの声がついに炸裂という感じがして胸が熱くなった。

 

ラジオから聞こえる新曲に耳を澄ませるのはいつぶりだろう。

歌詞の言葉を一つずつ聞き逃さないように、メロディーに感動しながら言葉を追うのは。

関ジャニ∞がどんな状況にあるのか分からず、不安のなかで「大倉くんと高橋くん」を聴いて泣くしかなかった部屋の暗闇が、今はうれしい暗闇で、嬉し泣きできることの意味を噛みしめた。

 

あっという間に過ぎた2時間。

最後には「友よ」を、安田さん演奏のアコースティックギターで生歌。安田さんがギターの弦を押さえる手に力がこもっているのが聴いてわかった。

放送を通してオンエアされた曲はどれも、5人での歌声、歌割りだった。

そのことついて考えると、選曲が新録ではあってもこれまで番組や配信ですでに届けてあるものたちで、全く新しいものをいきなり聴いてびっくりさせない構成になっているのが優しいなと思った。

 

会話の中のインパクトを挙げだしたら止まらないのでダイジェストで

  • かっぱさんからメールがきて喜ぶ関ジャニ∞
  • カレーを寝かしすぎた安田さん
  • 「高さ感じた!634(ムサシ)感じたわ!」と言う丸山さん
  • 村上さんの声量はすごい、オカモトズさんがライブを見て驚いていたと嬉しそうに話す横山さん
  • ハモりが横山さんだとファルセットになるところを、村上さんは地でいく
  • 深夜に聴こえる丸山さんの腹太鼓
  • 自粛期間中に6キロ増えたものの、一旦体重が増えてからの筋トレをしたことで胸筋がついた横山さん
  • 関テレ横の天神橋筋商店街の話をする関ジャニ∞
  • 今の関西Jr.の子たちは引き算できる
  • “好き放題”の語感に掛けた『すし放題』

 

エンディングに差し掛かり、あと数分なのにまた“おすし”の流れで遊びだす関ジャニ∞

時間内に収まるの?とハラハラしているリスナーの気持ちをよそに、非常に楽しそう。「Re:LIVE」が流れる中、最後は笑い声と、わちゃわちゃ話し続ける声でフェードアウトしていった。

バツっとスタジオの音を切らずにフェードアウトにしたスタッフさんのセンス。「Re:LIVE」をエンディングにちょこっとではなく、しっかり流してくれた計らい。

この一夜のため、様々な人たちに思われて出来たラジオなんだと感じた。

眠れぬほど楽しい深夜。またいつか、関ジャニ∞の声がラジオから聴けるのを待ち望まずにはいられない。

 

なにわの日、関西ジャニーズ配信ライブで狼煙が上がる

 

イエーイ!の勢いで歌い出したいくらい、嬉しい知らせが飛び込んだ。

関西ジャニーズが大集結して、配信ライブが決定!!

7月28日、なにわの日に「なにわ男子」「Lil かんさい」「Aぇ! group」など、ジャニーズJr.たち、さらに「ジャニーズWEST」そして「関ジャニ∞」が集う。

 

先日の配信ライブ「Johnny’s Happy LIVE with YOU」では、関東での収録だったため、当時は県を跨いだ移動は控える方向だったこともあり、どんどんと勢いを増している関西を拠点としたジャニーズJr.の出演は無かった。

でもきっと、状況が整えば何もせずにいるはずはないと期待できる気がして、時が来るのをじっと待つつもりでいた。

そして届いた吉報。金曜日の夜の時点で、明日のめざましテレビの出演予定欄に関ジャニ∞ジャニーズWEST…と関西のグループ名が連なっていたことから、何か起こる予感がビシバシしていて、静かな中にソワソワとした空気が漂っていた。

翌朝。確信に変わった嬉しい知らせ。夢ではないと、賑わうツイッターのタイムラインを見て噛みしめた。

 

しかも。この1日のみのライブで終わらず、8月を通して各グループごとの配信ライブまで行われるという。

会場は、松竹座。

 

松竹座ですって………

長いため息をつきたい。サプライズが盛り沢山すぎて、玄関開けたら赤いリボンを掛けたプレゼントボックスを持ったメンバーが、次々に腕に抱えきれないほどのプレゼントを乗せていくような感覚。待って待って落ちるって…!と焦りながら、内心嬉しさで破裂しそう。

関ジャニ∞と松竹座の積み重ねてきた歴史は、年数をかけてようやく少しづつ知るようになって、十五祭でドームのスクリーンに松竹座の緞帳を映し出した時から、たとえ足を踏み入れたことが無くても大倉忠義さんの気持ちの通り“松竹座に連れて行ってもらった”感覚になった。

関ジャニ∞は47都道府県ツアーのスタートを松竹座に選び、あの場所から歩み始めた。

現在進行形でステージに立ってきている「なにわ男子」や「Aぇ! group」にとっては、今まさにその歩みの最中。

 

Johnny's DREAM IsLAND 2020→2025 〜大好きなこの街から〜

日程は、7月28日(火曜日)

関ジャニ∞

ジャニーズWEST

なにわ男子

Lil かんさい

Aぇ! group

関西ジャニーズJr.

 

 

8月1日(土曜日)

ジャニーズWEST 

8月8日(土曜日)

 関ジャニ∞

8月11日(火曜日)〜8月12日(水曜日)

 『僕らAぇ! groupがbrakeしそうですねん?!』

 Aぇ! group

 Lil かんさい

 他 関西ジャニーズJr.

 8月15日(土曜日)〜8月16日(日曜日)

関西ジャニーズJr. 

 8月18日(火曜日)〜8月19日(水曜日)

なにわ男子 

 8月24日(月曜日)〜8月25日(火曜日)

Aぇ! group 

 

視聴はJohnny's netオンラインから

配信時間と視聴料金については、今後発表される。 

 

箇条書きにしただけで充実しすぎている、このラインナップ。

公演と放送時間の長さの都合かなと思うのだけど、2日間も振り分けられているのがすごい。

この状況下になる前、それぞれのグループにライブの予定があった。関ジャニ∞は47都道府県ツアーの最中。ジャニーズWESTはツアーが決まっていて、

なにわ男子は再再追加公演という異例の決定で、両国国技館でのライブが予定されていた。Aぇ! groupは昨年初のライブツアーを行い、今年3月には松竹座での公演を控えていた。Lil かんさいは初単独公演を4月に予定していて、それらすべての公演が、現状行えずにいる。

体感できるほど、エネルギーを増して拍車をかけていた関西ジャニーズJr.だったからこそ、その勢いのままに走れないことが見ていても歯痒く、どうしてこう…と上手く進まないように見えた状況に、いたたまれない思いだった。

それが今。このままで終わるはずがないやろと吹き飛ばすように、大きな花火を打ち上げてきた関西エネルギーに、またも背中を押されている。

 

 

各グループの個人的な印象は、

関ジャニ∞松竹座から歩みを始めた関ジャニ∞

気づけば後輩が増えて、立派な大人。なのにメンバーだけで会話をはじめると、メンバーがメンバーの発言に笑って話しが進まないこと多々。謎の流行りギャグが生まれると、ずっと言う。

そうかと思えば、「DO NA I」や「罪と夏」でイケイケなダンディーさを見せつける。さらにはバンドで、大人になっても器用にはならないかっこよさを見せるから心臓がもたない。

ジャニーズWEST成長の第二形態に入った感のある、変革期真っ只中なグループ。

キーボードを楽しそうに弾く重岡大毅さんの隣に座ってメンバーが歌う「間違っちゃいない」は、重岡大毅さんの最高の笑顔と共に印象に残る。

「ええじゃないか」のイメージを強く持つ人にこそ、アルバム曲やカップリングを聴いてもらえたら。賑やか楽しいのはもちろん、「Parade‼︎」などの、しっとり穏やかにJazzな雰囲気で歌う彼らの魅力を伝えたい。

なにわ男子:原石から宝石へ、ブリリアントカットな輝きを放つグループ。

まだデビュー前にも関わらず、グループとしての完成度がすごい。音源化されていない魅力的な持ち歌がいくつもあり、とくに彼らの曲「ダイヤモンドスマイル」が素晴らしいので、聴いて、見てほしい。

撮影などで、それとなく年長組と年下組なポジションになることが一応あるものの、集うとわちゃわちゃしだして誰が最年少なのか分からなくなるはしゃぎっぷり。

Lil かんさい:こんぺいとうのように甘さがギュッと粒になった可愛らしさ満天のグループ。

「Lil miracle」という可愛く爽やかな持ち歌があり、おとぎ話の世界の中に、歌詞はなかなかリアルな恋のムードも。曇りなくファンタジーを届けられるバランスが素敵。

Aぇ! group:バリバリのダンスはもちろん、バンド体制も組めるグループ。

一見、近づきにくいセンターオーラを放っているように思った末澤誠也さんが、実はグループ内で可愛がられポジションだと知ってからのギャップ。そして最年少の佐野晶哉さんは、Jr.に入る前からミュージカル経験者。長い手足を活かして魅せるダンス、さらにバンドではドラムを演奏する。

今後、それぞれの個性がさらに爆発した時のグループとしての強さは末恐ろしい。

 

 

配信ライブの発表と同時にYouTubeにアップされた映像には、そうは言ってもどんなグループがいるの?という問いに答えられる魅力的なダイジェストが用意されている。

3分ほどの映像なのだけど、見ていると嬉しさと感慨深さで涙が出る不思議。これまでの各グループの道のりがぶわーっと溢れてきて、しかもこの時期での覇気のあるステージには泣けてしまう。

もっと早い時期だったとしたら、ゆったりとした空気のものを見たいと思っていたかもしれない。でも今は、もうひとエンジンかけて行く勢いがほしい。

 

関ジャニ∞の47都道府県の映像には問答無用で胸が熱くなる。ジャニーズWESTのがむしゃらな「ええじゃないか」に無条件に元気が出る。

続いて流れた、なにわ男子の映像。キラッキラな「ダイヤモンドスマイル」大橋和也さんの歌声。ここぞという時に満を辞して選択できる曲があることのすごさと、参加グループの中に「なにわ男子」がしっかりと立っているのが嬉しくてたまらなかった。

必ずこのメンバーでデビューを掴むと並々ならぬ覚悟を感じるのは、Aぇ! groupも同じで、ここにかけると決めた彼らのステージからは一時たりとも目が離せない。

Lil かんさいも初の単独公演という意気込みが挫かれたままにはならず、ステージで魅せる場が用意されて本当によかったと安心した。

 

…ここまで書いてみて思う。熱弁しすぎ?

でも、自然とそんなふうに思い入れが深まってしまうほど、関西の歩むグループの歴史には縦に繋がる家系図のような魅力がある。

 

大阪が好きだ!今はその思いでいっぱいだ。

関西が地元なわけでもないのに、どうしてここまでその土地柄に惹かれるのか。自分は少しおかしい?と思うこともあったけど、それをずっと大切に思いつづけてよかったなと噛みしめている。

関ジャニ∞に背中を押された10日間の滞在を経て、再度大阪に来た時には関ジャニ∞の京セラドーム公演で偶然に目撃することになった、なにわ男子の「なにわ Lucky boy!!」をきっかけに、関西と関ジャニ∞だけでなく関西ジャニーズJr.のことを徐々に知っていくようになった。

そのおかげで、史上初の関西大集結という一大イベントをリアルタイムで見ることができる。どんな経緯があったかも踏まえて見られるなんて、徐々に学んできた甲斐があったと感慨深さを感じる。

 

関西でジャニーズとして、根をつけて懸命に上に上にと成長してきた彼らが、いま関西への思いをエネルギーに変えてライブをする。

関東に居られたら、不意に呼ばれて仕事を掴む機会もあるけれど、関西にいては不利になることがあったかもしれない。しかし今回は、その特色を正々堂々強みに変えて、関西ジャニーズだと胸を張る姿に胸が熱くなる。

いくら応援する側が関西にいる彼らを好きだと思っていても、葛藤をもし彼らが感じているとしたら、その場にいることを喜んでいいのかわからない気持ちもあった。

だから、誰よりも本人たちが大阪への気持ちを強く持っていて、大阪を好きでいることが最高にうれしい。

 

家にいても、どこに居ても。大阪の空気を思いっきり感じることができる。

なんぼのもんじゃい!!と突き抜ける彼らの姿を、真正面から見届けたい。