「なんで同じライブを何度も見に行くの?」と聞かれて答えるなら

 

好きなものがあると聞かれたことがある質問かもしれない。

理由はある。けれどいつもちゃんと言葉にできなくて、相手が納得するような答えをその場で出せたことはない。だから今一度、考えてみることにした。

 

ジャニーズなのか、他の舞台なのかによって状況は大きく違う。他の舞台であれば、観たい日に観たい回数入ることも不可能ではないけれど、ジャニーズを好きになって一番驚いたのは、“チケット”というものの希少さだった。

ファンクラブに入っているからといって当たる保証はなく、舞台ともなれば席数に対して応募数は計り知れない倍率で、そうなると何度か観たいという願いを持つことは難しくなってくる。

 

それらのことを一旦置いて、自分にとっての理想を話すとしたら、ライブや舞台は1回観に行けたら嬉しい。もし可能なら、そこから少し期間を空けて3回観ることが出来たらこれ以上ないほど最上級に嬉しい。特に舞台はそう思う。

1回目は何の情報も知らずに観て、とにかく演出やセットリストに驚いて翻弄されるのが純粋に楽しい。2回目は、1回目に観てここが分からなかった!という点や、見逃したポイントを観る。関ジャニ∞については7人がそれぞれの動きをするので、この曲は誰に注目しよう!と視点をライブモニターのスイッチングのように変える。ライティングの演出に気づくのもこの時が多い。

3回目があると嬉しいのは、それを全部記憶に定着させた上で、また俯瞰に戻って観ることができるから。初めはいろんな景色が次々と押し寄せて、目で追うので精一杯になる。2度目からやっと心を落ち着けて観ることができる。

さらに舞台となると映像として残ることはほとんど無い。だからこそ記憶に強く残しておきたい。それを逃したらもう、知ることなく過ぎてしまうという儚さが舞台にはある。好きな台詞や言い回しを覚えるのに限界があるので、かなうなら何度か観たい。

 

なぜ何度も行くのかという問いは、観るという観点で重要にしているものが違うのかもしれないなと感じる。この言葉の後に続きやすいのは、「同じものでしょ?」という問い。

個人的に思うのは、何度も観に行っている人にとっては、“同じ”ではないのではということだった。気に入った映画を何度も観に行く人がいる。なぜ?と聞いてくる人も、好きな映画をレンタルして観ることがあるのではないかなと思う。自分も気に入ると3回4回と観たくなる。

しかしライブは、ライブ映像としてDVDになる公演以外、一度限りで二度と同じものはない。

セットリストは同じかもしれない。けれど、どのタイミングでどこへ移動して、どんな表情をするのか。一瞬一瞬が違うものになるとしたら、観られる限りそれを観ていたい。気に入った曲は何度も聴くように、それを直接聴けるなら、音を耳で蘇らせることができるくらいに聴いていたい。

 

関ジャニ∞で例えるなら、7人もいるメンバーの動きを自分の目一つで追うことはできない。必ずどこか見逃しているし、ライブの空気に飲まれているので、DVDになってからやっとここがこうなっていたのか!と気がつくことがある。

曲ごとに見せる表情は、その曲の世界観に入り込んで演じる短編のドラマだと思っているから、この歌詞を歌う時、どんな表情で歌うのだろうと注目して観たりする。CDからの音源だけではわからないニュアンスがその時わかったりするので、ライブで聴いて好きになる曲もある。

関ジャニ∞のライブMCは楽しい。その時ごとに話す内容が違って、どんな方向に転がって行くかが未知なので、それも毎回の楽しみになっている。

 

舞台は、開幕したてを初期とするなら、公演期間の真ん中あたりは中期、千秋楽間近を後期だと考えている。

もちろんどの時期に行ったとしても役者さんは全力の舞台を作っていて、そこに大小はないけれど、特に主演の方の変化は目に見えて表れる気がしている。セリフの間合いや、相手の言葉に対するリアクション、時には台本の解釈が変わる時もある。舞台で座長を務めるプレッシャーや緊張と戦いながら、役と向き合い踠いている時期も含め舞台は魅力的だと思う。

 

 

ライブも舞台も、沢山の人と時を共に過ごす、日常では経験し得ない機会だと思う。今でも、開場してすぐのドームを見渡して、これが本当に埋まるのだろうかと漠然と思う。それでも気がつけばライブ開演前には人でいっぱいになっていて、その空間を見るたびに感動してしまう。

これだけ大勢の人が、一体どこから集まったのだろうと圧倒されながら、皆がこの日のライブを待ちわびてそれぞれの時間を過ごしてきたことを思うと、こんなに楽しい空間はないなと思う。

 

人が作っている以上、“同じ”は無いというところに、その人間味に惹かれている。

その瞬間に起きていて、それを自分も経験しているということに意味があって、だから私は、“その場に居る”ということに魅力を感じる。

 

【後編】沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」

 

今回のライブは衣装が揃いの色という印象で、それが意外だった。

これまではどちらかというと、「TAKOYAKI in my hart」みたいにそれぞれメンバーカラーで、原色に近いというイメージだったけれど、今回は「JAM LADY」から全員ピンクかパープルの衣装。「ノスタルジア」後の「Sorry Sorry love」から揃いのグリーンの衣装になったりと、個々というより7人揃ったグループとしてのダンスを見せる衣装になっていたように感じた。

 

中盤、流れたインター映像がいつもの感じとは違っていた。いつもなら、ストーリーやエイトレンジャーなど次の演出に繋がる映像が流れていた場所で、開演5分前と似た映像が流れ始める。

なにが起こったか分からず、間違い?そんなことはないよなと混乱していると、先ほどは「うちわを一旦置いて楽しもう」と説明していた箇所になったところで、「バンドは動きが少ないと思っているそこのあなた!お待たせしました!今から縦横無尽にメンバーが動き回りますので、うちわを持ってお楽しみ下さい!」というアナウンス。

関ジャニ∞が好きな中でも、バンド派、ダンス派と好みが分かれていたりもすることを逆手にとって腹を割ったおもしろい演出だと、思わず笑ってしまった。こんなにざっくばらんなのはすごいなと、あらためて関ジャニ∞の度量の大きさとファンの心中を察するリサーチ能力に驚いた。

 

渋谷すばるさん、横山裕さん、村上信五さん、3人でのユニット「Answer」

期待でいっぱいだったの指パッチンは想像以上に美しかった。一瞬のことだけど、それをずっと目に焼き付けていたかった。パッチンというよりもスチャッという音が相応しい、大人の指パッチンだった。

ラストのポーズ、3人とも音に合わせて右手を挙げ、片足を片足の踵に合わせてクロスさせる形のポーズが息を飲むほど綺麗で、落ちる照明のなか見えるそのシルエットは、紛れもなくジャニーズでアイドルだった。

そして後ろに映る映像が、3人の10代の頃の写真というところが最高だなと思った。初めて観る人でも、この映像と一緒に観ることで、3人の関係性やここまできた意味を感じられるのではないかなということも含め、素敵な演出だった。

 

その後に続く、丸山隆平さん、錦戸亮さん、安田章大さん、大倉忠義さんのユニット「ノスタルジア

いつの時代でもないようなどこか異国の空気を感じて、でも懐かしさのあるメロディーとコンテンポラリーの要素があるダンスに見惚れた。

動き‪の角度ひとつが意味を持つように見えて、4人が縦に並び、両腕に角度をつける振りは時計の針をイメージしていたりするのだろうか‬と考えたりした。

それぞれに離れた場所から登場してステージが動き、中央に集まる流れが美しくて、移動しているというよりも引き寄せられているように見えるほどだった。

 

そしてアルバム曲のなかで変わらずどうしようもなく好きな「DO NA I」

生で見る「DO NA I」の威力たるや。しかもピンクかパープルのジャケット衣装で。「十祭」でのピンクと水色衣装が断トツに好きな自分としてはたまらない組み合わせだった。

ダンスも勿論、なにより感動したのはCDよりも魅力的な7人のボーカルだった。丸山さんのがなりを生で聴けたことが嬉しくて、耳が終始嬉しかった。関ジャムでも感じた通り、村上さんの“ほら いい顔してる”は生で聴いても最高で、あの息の抜き方はどうやるんだと思うほどに色っぽかった。

好きな曲に対する贔屓目かもしれないけど、もし出来たら「DO NA I」のグルーヴィーなジャズやスカの雰囲気に浸る流れがあるともっといいなとも思った。例えば前回のアルバムでセットリスト入りを果たせなかった「ナイナイアイラブユー」をここで活かし、7本のスタンドマイクに白い手袋で、ダンスは手の動きに集中させて“静”の印象をつくり、その後に「DO NA I」を置いて粋なフォーメーションダンスで“動”を見せる。曲前にメンバーが手袋を外す動作をカメラで抜いたらイチコロなのではと想像してしまう。

 

まさに不意打ち「WASABI」だった、「WASABI」のセットリスト入りも驚きで、「ナントカナルサ」や「キングオブ男!」もあることから、なんだか「元気が出るLIVE!!」の再公演を見られているような気にもなって、さびしい心残りのままではなく、楽しい思い出で塗り替えることができて、それがDVDに残るのは良かったなとほっとした。

そこからの「えげつない」は、ドームの盛り上がりがすごかった。サビにきて、いきなりの全力ダンスに上がる歓声が凄まじかった。渋谷さんの“ここまで風来るくらい扇いでみい”をドームで聴けたのも嬉しかった。

ラップバトルの演出はどうするのかと思っていたら、あえてそれぞれ離れたところにスタンバイをして、中央ステージに立っている村上さんの所へ対戦者同士がそれぞれトロッコでスーッと集まるという仕組み。

ただステージに2人立たせるよりも対戦感があって、それを煽るオーディエンスと化すファンの適応力の早さも凄かった。中央ステージには黒いソファー席が2つ設けられ、対戦が終わったメンバーが座ってさらに煽っているのも良かった。

 

今回、必ず聴きたいと楽しみにしていた曲「今」は、まさかのラストの一曲だった。

まだかな、まだかなと思っていて、まさかアップテンポで盛り上がりがありそうな「今」をラストに持ってくるとは思っていなかった。ライブのセットリストを予想した時も、オープニングかなという予測しか出来ず、予想外だった。

最高の曲順だったのだけど、一つ気にかかったのは衣装のことで、「Never Say Never」からの流れで着替えのタイミングがないことや様々な事情があることは感じているけれど、「Never Say Never」でアメリカンな柄のジャケットとパンツはぴったりなのだけど、そのままの衣装で「今」を歌うとちぐはぐな感じに見えるなというのが素直な感想だった。

MVなどでの白ジャケットのイメージを持っていたからか、なんとなく曲のイメージカラーが青になっていて、ステージも爽やかな印象の映像のなかで歌うなら、歌詞のイメージに合った衣装の方が「今」の世界観に浸ることが出来たかなと思う。曲順を動かせないとしたら、ジャケットを脱ぐと別衣装になるトップスをインナーにしたりして、衣装にメリハリがつくとさらに素敵だなと思った。

青いステージに立って「今」を歌う7人の姿は本当に眩しくて、嬉しさと切なさが同時に込み上げて泣きそうになる。エンターテイメントをつくり、ステージに立ちそれを届け続ける関ジャニ∞が好きだと心から思った。

 

アンコールになり、出てきた関ジャニ∞は浴衣姿。

 今世紀最大に胸がときめくサプライズ。7人それぞれの浴衣の柄がまた似合っていて、それぞれ別の柄が繋ぎ合わせてあるところが素敵だった。「十祭」でのSOU・SOUの柄で作られた浴衣が大好きだったけど、さらに大人の落ち着いた風情のある粋な浴衣姿は、一目見るだけで恋に落ちるほど美しかった。

夏のツアーの醍醐味がいっぱいな演出のなか、歌ったのは「純情恋花火」

どこまで魅了してくるのか…完全降伏。素敵だったのが、スクリーンに花火を映すだけの演出ではなく、小さな色のついた花火が本当に花火大会のように間を空けて一個一個打ち上がっていくところだった。それを見上げている関ジャニ∞の姿を見ていると、一緒に花火を見たような気持ちになれる嬉しさがあった。

 

ライブの最後、挨拶をしたのは丸山隆平さん。

言葉をそっと置くように話す丸山さんの声は穏やかで優しかった。ここまで、アルバムのなかで歌われていない一曲として残されていた「青春のすべて」は、その丸山さんの言葉の後に歌われた。

ステージに移る紅葉や桜が四季の移ろいを見せてくれて、そして横にあるスクリーンには美しい文字で歌詞が映し出されていた。縦や横に伸びる文字の動きが綺麗で、できることならずっと観ていたかった。

 

丸山さんを真ん中にして横一列で並び、締まっていく扉の最後に両手でそっと投げキッスをした丸山さん。

なんとなく、今回の大まかなライブ担当は丸山隆平さんだったのではないかなと思っている。エンディングの挨拶、扉が閉まる時に中央に居ること、それだけではなく随所にそんな空気を感じた。推測なのでライブDVDになったらその答えが分かるかなと楽しみに待つことにする。

扉が閉まり、たこ焼きオーケストラの演奏が終わった瞬間の拍手。

この時に限らず、拍手がこんなに大きくちゃんと音として聞こえた実感があるのは初めての経験だった。うちわを持っていると思うように拍手ができないし、音も鳴らない。けれど今回は全体がペンライトを振るというより、拍手をしていた。いつもは届いているだろうかと思いながら贈る拍手も、今回はちゃんと届いているだろうなと感じることができた。

 

関ジャニ∞がメトロックで見た景色を持ち帰って、こうして届けてくれたことが嬉しかった。インタビューのたびに噛みしめるように話す、関ジャニ∞はアイドルなんですという言葉の意味が伝わってくるライブだった。

 

沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」前編

 

1月の京セラドーム。

ダブルアンコールで村上信五さんが切り出した、「発表があります」という言葉。

 

「DVDが春に発売します!」

「アルバムが初夏に出ます!」

 

5大ドームツアーを夏にやります!」

 

終わってしまう寂しさで心細くなっていた時に聞いた、まさかの知らせに驚いた日からもう半年が経ち。アルバム「ジャム」が発売された。

そのアルバムの濃度は100%以上のもので、何度も繰り返し聴いた。ツアーが終わった今でも、発売当初のように新鮮に聴き続けている。

アルバムに入っている曲どれもが好きで、アルバムを出していなかった間のシングルはどれも思い入れのある曲だった。アルバムには「NOROSHI」も「侍唄」も「なぐりガキBEAT」も入っている。ライブのセットリストがどんなものになるのか、期待は最高潮だった。

 

そうして迎えたライブ当日。

関ジャニ’s エイターテインメント「ジャム」

耳も目も、全身で楽しい!!その言葉がすべてだった。初めてのパフォーマンスを目にする時のドキドキと、関ジャニ∞が目の前で観せているライブを全身で浴びる楽しさを思い出して、嬉しくてたまらなかった。

オープニング映像と共に自然と沸き起こる手拍子の波にテンションが高まり、会場全体がここへ全力で楽しみに来たぞという男前な空気で満ちていた。

 

オープニング映像は、フッとメンバーがカメラ目線を決めたところで名前が出て、その瞬間に歓声が上がるというテンポ感もすごくよかった。シンプルでありながら、メンバー1人1人の顔をしっかり認識していく流れがさらに高揚感を煽って、7人が揃った!という熱気を生み出していると思った。

中盤にくる「JAM LADY」でも、手拍子をしたくなるイントロがあって、今回のライブはリズムに体が乗れば自然と手拍子になって、それが1人2人ではなく、会場全体の空気として起こる一体感があった。

それが本当に楽しくて。1人で曲を聴いているのとは違う、広い会場で沢山の人と聴く楽しさがオープニングから最後まであった。

 

 

本編に入ると、予想もしていない思い切った構成にびっくりした。

前半がバンドセクション、後半がダンスセクション。

2つの構成にはっきりと別れていた。劇的な登場というより、ニュートラルな状態でステージに登場し、バンドセットの立ち位置にそれぞれ入っていく姿にグッときた。後半またバンドに移ったりするのかなと思っていたら、しっかりと切り替え、バンドとダンス、どちらかを行ったり来たりすることはなかった。2つのライブを観ているかのような感覚。

それなのに、あっという間だった。

ぶつぶつと途切れる感じはせず、エンディングで “え、もう?” と本気で思ったほど、集中が途切れなかった。

そしてアンコールはいつもの空気感と一味違い、ツアーTシャツで出てくる感じではなく、ファンへのサプライズを観せる第3セクションのような役割を果たしていて、メドレーで外周を回るような演出ではなかった。 

今までのありそうな流れでいくと、ダンスセクションが先でバンドが後でもおかしくないのかもしれないと思う。そこでバンドを前半にして、ダンスを後半に選んだ。バンドの姿でこれが関ジャニ∞ですと観せることもできたはずだけど、アイドルとして関ジャニ∞の魅力を思い切り炸裂させる後半をつくったところに、関ジャニ∞の誇りを感じ、胸が熱くなった。

 

バンド曲の始まりは「High Spirits

7人の音で作られた、インスト曲。あまりに圧倒的な丸山さんのベース演奏の姿に見惚れて、自分が何を聴いているのか理解するのに時間がかかった。そのまま雪崩れ込んだ「勝手に仕上がれ」に一気に会場のボルテージが上がり、3曲目の「宇宙に行ったライオン」を聴いてようやく何が起こっているのかを理解した。

メトロックだ…!!

そう気付いた時の感動。あまりの感動に息を深く吸い込むばかりで、声も出ない。

そりゃあ出来ることなら見たかった、目撃できるのであれば目撃したかった、そう思いながら、関ジャニ∞が挑戦すると決めたステージを今は待つことで見守っていられたらと考えていたあのステージを、今度はファンのいるドームで、ライブ「ジャム」版のセットリストとして組み直し、見せてくれている。

大きく鳴り響くトランペットの音を聴きながら、こんな夢のようなことが起きるのかと思った。

思い返せば、「侍唄」の前に錦戸亮さんが少し話しをするという流れまで同じになっていた。実際にフェスの場にいるのは怖くてできないかもしれないけど、もし自分があの場にいたら、自分はどんなふうに楽しむのかなと想像するばかりだった空間が、今目の前に広がっていて、ドーム全体がガンガンに盛り上がっているのを体感した喜び。「象」をまた聴けるなんて、思っていなかった。

 

 

開演5分前の注意事項アナウンスのアニメが流れた時、「いつもうちわの応援ありがとう!でも今回は少しうちわを置いて、拳を上げてくれないか」という内容のアナウンスがあった。意外なアナウンスだなと思ったけど、それもそうだなと手にはペンライトだけを持ち、開演を持った。

セットリストが明らかになっていくうちに、その意味がこういうことだったのかとわかり、粋なアナウンスでうちわを持つのに適したタイミングと楽しみ方をエスコートする、その思い切った潔さとがっかりさせないための配慮に感動した。

前回のツアーで終盤に組まれていたバンドセクションを観ていた時、もはや何かを手に持っているのがじれったくなって、たこ焼きペンライトさえ置いて、拳だけでいたあの楽しさ。関ジャニ∞の曲は身一つあればそれだけで楽しかった。身軽でいると、こんなに自分を解放できるのかと体感したあの時の感覚が、今回の演出でそのまま蘇ってくるようだった。

 

セットリストのなかで、バラードやスローテンポな曲をゆっくりと聴かせる時間を避けなくなったというところも物凄く嬉しかった。

「侍唄」や「奇跡の人」「青春のすべて」など、ポイントで呼吸を整えるタイミングがあり、それでも空気の熱が冷めたりすることはなく、要所要所でしっかりと聴き込めるところがあることで構成の厚みと満足感が増した。

「侍唄」の後に「夢への帰り道」を置いた曲順は特に、今までならしなかったのではないかと思った。ゆったりめな曲ということで数えると、今回のセットリストで5曲ほどはあると思うから、やっぱりその多さに驚く。

アップテンポな曲で盛り上がりをつくることも大切だけど、バラードでさらに深いところまで引き込む力を関ジャニ∞は持っているし、バンド演奏というものに触れて音楽を楽しむ感覚を肌で知った会場全体の空気なら、関ジャニ∞が音楽を楽しんでいるだけでボルテージは自然と上がっていくのだと実感できた。

そうしてお互いの信頼関係を築けたからこそ、実現したことなのかなと思う。それは前回のスカバンドコーナーでの反応も自信の一つになっているのかもしれない。

あれだけバンド曲を演奏して、尚且つアルバム曲を一つも落とさず全曲披露したのも凄いことだと感じた。

 

「元気が出るLIVE!!」で良いなと感じていた、上からカメラが今回もまた大活躍だった。大倉さんのドラムセットを上から映すとなぜあんなにもエモーショナルなのか、後ろに隠れてしまいがちなドラムの存在感を放ち、普段見ることのできないパーソナルスペースを覗き見させてもらっているようなドキドキがある。

キーボードの村上さんの動きも見ることができて、バンドとして動きのある演出になっていると感じた。だから、前半丸ごとがバンドだったとしても、常に変化があり新鮮で、ステージを縦横無尽に動き回っているかのような立体感を感じることができた。

そして「Answer」での3人を上から映す構図、「今」で円になって手を重ねるところを上から映してみんなでちらっと見上げる演出、どれも素晴らしかった。

「Sorry Sorry love」での、後ろの方にあるカメラから思い切り引きで映してから、サビの音に合わせてバァン!とズームアップするカメラの寄り方が最高で、2度ほどあったその映し方がくるたびにスクリーンを見て、フウー!という気持ちだった。

 

2回観ることができた今回のライブで、そのうち1度は天井の一番後ろの席だった。

ホントのホントの最後尾。圧巻な傾斜角に多少、身の危険を感じながら、でもここまでくるともう楽しいな!とスイッチが入り、後ろに人のいない開放感と、全てが見渡せるこの景色を思い切り楽しむことに専念した。

メインステージの動きが、上から見ていると生き物のように予測不可能で面白くて、それを終始目で追いかけていた。床だったと思えば壁になり、段になっている部分も全てスクリーンになっていて、両サイドにあるスクリーンと繋がるように映像が流れていく。せり上がったりボックスになったりも自由自在で、そのおかげでドラムの大倉忠義さんもキーボードの村上信五さんもトランペットとパーカッションの横山裕さんも上段に配置されて見やすくなった。

「S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き」でのスクリーン映像が特に好きで、赤や青、オレンジの色合いがアメリカンコミック風でカラフルなのが可愛くて、途中の“1.2.1.2”の部分の出かたも良かった。

“S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き”の音数に合わせて、白で描かれた線がクシャクシャクシャっと絡まって消えるところもまさにステージが音楽に合わせて生きているみたいで好きだった。

海になって波に乗ったり、四季の移り変わりを感じられたりと大活躍のスクリーン。「Answer」では、幾何学模様や赤と紫と白の3色がブロックのように動いたりして、ステージに奥行きがあるみたいに目の錯覚が起きて、あれ?ステージに立っているんだよね?と確認したくなるほどだった。

 

メインスクリーンの他に、縦長のスクリーンが左右に、そしてさらにサイドに中くらいのスクリーンがあった。この中くらいのスクリーンがとてもよくて、メインで柱にかぶり見切れてしまう画面があってもサイドのスクリーンで視界を補うことができた。

さらに今回は音響のPAブースがいつもの形態と違う気がした。イメージはアリーナの後方中央に横長の形で配置されている記憶だったけど、今回上から見てみると中央に大きくは無く、少し中央からずれて一つ、そしてスピーカーの柱の下辺りに右と左に分かれているように見えた。もしかすると左側は映像担当かもしれない。

いつもの位置でないことは音響さんにとっては簡単でないかもしれないけど、その努力によって中央のアリーナ席数が増えているとしたらすごい試みだと思った。