恋であり、夢である - Nissy「トリコ」

 

「聴いてください!トリコ」

2ndライブの最終日、東京ドームでNissyはそう言って、気球で浮かぶゴンドラに乗りながら「トリコ」を歌った。

ニコニコとした表情のNissyは可愛くて、初めて聴いたこの曲はドームでの景色と共に、好きだこれ!とときめいた感覚の記憶となった。

指でフックを形作ってジェスチャーをする、確信犯的な歌詞、“君の気を引っ掛ける罠”のキュートさに、悶絶せずにはいられない。

 

イントロのトゥトゥットゥーで始まるベース音、レトロなラジオから聞こえてくるようなジェントルマンの声に、指のスナップ音。

トランペットの音色にサックスが合わさって、軽めに弾むエレキギターの音がシネマティックな雰囲気をつくりだす。

曲のテイストが最高に好みだった。

 

君の話は

素直に聞くよ?

だから怒らないで

一緒に帰ろう

 

ここの歌い出し、そっと顔をのぞきこんで話しかけるようなNissyの声色に、毎度毎度、魅せられる。

「トリコ」の歌詞には、“”マークがいくつも出てくる。

Nissyが使いこなす問い掛け口調の素晴らしさは、タイトルでもある「どうしようか?」や「SUGAR」など様々な曲に登場している。

ナヨナヨしてるのとは違うのがキーポイント。ちょっと頼りなさげで、だけど執着愛を隠さずにはいられないNissyの世界観をつくりあげる意味で、格別な相性を持っている。

 

何してもダメな僕だけど

君だけは離さない!

 

その“?”ハテナマークに付随するように、“”で強調される語気が、気持ちの勢いを表していて、その二面性にドキッとくる。

君の気を引っ掛ける罠さぁ No!

想いを寄せる相手への気持ちを可愛く伝えていると思いきや、“君の気を引っ掛ける罠さぁ”という歌詞が出てくるところにハッとする。

甘い蜜と思って近づいたら網が!というような“ワルさ”。でも、怖っとならないのがさじ加減。

この“No!”は彼女からのNoなのかなと思っていて、一枚上手なつもりでいるのに、ファーストアプローチは玉砕している感じが、かっこをつけきれない愛嬌に見えてしまう。

 

彼の視点の間に、彼女の視点が現れるのも「トリコ」の歌詞の楽しいところ。

“No!”や2番での歌詞。強気でいたいから困らせないでと距離を保とうとする彼女の性格が垣間見える歌詞にグッとくる。

 

 

キラキラ 描く 未来

どんどん 過ぎる 今

恋心だけでなく、夢への想いを歌った曲でもあるところに魅力を感じている。

未来を描くのは楽しいけれど、その隙に今はどんどん過ぎていく。どちらも大切で、見失うのはもったいないもの。片方ではなく、どちらもを見つめているところに西島隆弘さんとしての視点も重なる気がして、この歌詞を歌うNissyを見ていると涙がぐっと込み上げてくる。

「本気だ!」なんて 見せないけど

君だけは離さない!

この歌詞に、思いの強さを感じる。

 

 

「トリコ」は、映画「あのコの、トリコ。」の主題歌になっていて、MVには映画と同じく新木優子さんが出演。

芸能活動をしている彼女と、シェフを目指している彼のストーリー。恋人のどちらかが芸能人という職種カップルの魅力と、二人の暮らしのほほえましさにときめき度数はテキーラレベル。喉がカァーッと熱くなるくらいの。

眩しすぎて直視できないので、「トリコ」を映像として見たい時はついライブ映像を選んでしまう。

 

 

Nissyとしてのデビュー曲「どうしようか?」のMVを見た時から続く驚きが、ひとつある。

それは、リアリティを含んだ恋愛模様を思い切って魅せきるところ。

見ていて思い起こすのは、映画「007」

作品ごとに、今回は誰がキャスティングされるのかと注目されるボンドガールのように、Nissyの作品にはヒロインと呼ぶよりマドンナと呼ぶのがふさわしい女性たちがキャスティングされる。

なかなかの挑戦ではと驚いた理由は、Nissyを好きでいるファンとしての心境を想像するとしたら、その設定は抵抗を生む可能性もあると思ったからだった。

それでも、この曲にはその存在が必要。と作品を完成させる上での必要性を感じるMVになっているからこそ、そこに過剰な生々しさは無い。

そうは言っても、複雑に思うファン心があることもNissyは気づいていて、今回はこの人なんだーって調べたりするんでしょ?と言えちゃうあたり、そこまで気づいているんだ…!と驚く。

バランスの難しさがありつつも最大の胸キュンを秘めたコンセプトに、挑戦し続けるNissyを見ていることがとても楽しい。

 

だから、こっちを向いて

ねぇ もっと近くに来て

ねぇ ずっと目を見つめて

合間に入るコーラス、ダンサーさんたちが一歩ずつ歩み寄る振り付けが素敵で、ワンステップずつテンションが高まっていく演出に心躍る。

ずっと目を見つめて”で、Nissyの声が爽やかに空高く伸びていくポイントは、思わず聴き入って動けなくなる。

 

2ndライブでも、Mステでのパフォーマンスでも、

ずっとそばに居てくれたから

恋が走りました

恋が走りました”で、人差し指と中指を足に見立て、走る動きを表現するところが好きで。切実さが溢れている気がして、心がギュッとなる。

「トリコ」はやっぱり、恋というベールをまとって、夢に向ける思いを歌った曲でもあり、そこに居る僕と君とのストーリー。

 

2ndライブで聴いた時に、体力も喉も使いきったライブのラストに、初披露で、語りかける歌い方から高音まで行ったり来たりで、息つぎとテンポ感の難解そうなこの曲を歌うとは、なんてチャレンジャーなんだと思った。

しかし楽しそうに歌うNissy。歌い慣れてないから、なんてことは無く、しっかり自分のものにして歌いこなしていて、プロフェッショナルだと感動した。

 

2ndライブの締めくくりと、次へのスタートを繋いだ「トリコ」は、3rdライブへと続き、

そのラストも「トリコ」で締めくくられた。ダンサーさんたちが揃い、灯りを装飾した傘が並ぶ様子は綺麗で、スヌーピーたちとの共演も可愛くて仕方なかった。

想いを向けるピュアさを感じるこの曲。

こんがらがって、ひねくれて、好きってなんだっけ!?と思ったときには、「トリコ」が聴きたい。

 

人の心は移ろうもの、ダー子とジェシーの麗しさにご用心。 - 映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

(ネタバレは無いように書いていますが、個人の判断をお願いします)

 

放送時間にスタンバイして部屋でこっそりと見ては、その意地のワルさと無茶苦茶さにニヤニヤしていた、ドラマ「コンフィデンスマンJP」

それを映画館で、大スクリーンで、みんなで観る。

むずがゆさというか、いい意味での違和感がすごかった。上映前、席につく人たちを見て、同志がいたと喜びに似た感情が芽生える。ひっちゃかめっちゃかなダー子、リチャード、ボクちゃんの3人に注目せずにはいられなかったのは自分だけではなかった。

 

盛大なちゃぶ台返しが爽快な「コンフィデンスマンJP」

だからこそ、脚本を書くたびにハードルが上がって、ひとり◯×ゲームみたいな大変さがあるのではと勝手にドキドキしていた。けれどそんな心配は無用とひらりかわすかのように、映画館のスクリーンの中でもダー子はゴーイングマイウェイ。ボクちゃんはボクちゃん。リチャードは動じない安定感。

そして、いたのか五十嵐!

映画公開前の五十嵐スピンオフに心躍って楽しく見ていたら、ドラマの時には自覚できなかったちょび髭さん萌えというツボに気づいてしまい、そこからすっかりちょび髭さんから目が離せなくなった。なんならスピンオフのなかで結婚をして子供ができ3人のパパになったちょび髭さんに淡い失恋を覚えたくらいに。

 

今回舞台となるのは、なんと香港。

ダー子 × 香港の相性が驚くほどしっくりきていて、アジアンな空気が黒髪ショートな長澤まさみさんの美しさとベストマッチ。衣装が素晴らしく、ダー子のキャラクター性もそのままに、香港で着るからこそ際立つ大柄のついた衣装で見せるスケール感がとてもよかった。

 

 

そして感動したのは、三浦春馬さんが演じる天才詐欺師ジェシーの存在。

見目麗しいとはこのことかと、画面越しでも心を奪われる佇まい。香港の風のせいか、天才詐欺師ゆえの魅力か、熱帯夜にあてられる妖艶さ。

ミュージカル「キンキーブーツ」を観たばかりの自分だからか、撮影期間が稽古に重なる期間があったのかはわからないけれど、どこかローラで培った甘美な視線が滲んで見える気がして、一層引き込まれていった。

ドラマ「サムライハイスクール」を見ていた頃、瞳が変わる瞬間や空気を変える表現の凄さを感じていたものの、声、に関しては注目したことがなく、どちらかというと喉の見た目よりも細く声を出すイメージだった。

それが「キンキーブーツ」を観て、こんなに安定したジェントルボイスを出す人だったのかと驚いて、息をのんだ。喉の使い方、声の出し方が変化している印象で、そのしゃべりかたの魅力が溢れているのが今回のジェシー役だった。

 

さらに所作が素敵。紳士さはやってみようと思って出来るものではないはず。

海外へ渡ることが増えて、英語への関心を深めている三浦春馬さん。身のこなしの美しさは、その地の空気から吸収したものがあるのかなと思う。映画の中で使われる英語に広東語、三浦春馬さんの発音が繊細で、どちらも言語として真摯に取り組んでいると感じた。

身のこなし、エスコート、表情の移り変わりまで、気品があり人の視線を惹きつけるジェシー

胡散臭い天才詐欺師ではなく、本物のジェントルマン。

怪しさをミステリアスさに変えて、この人になら騙されてもいいかもしれない…と、つい気を許したくなってしまう、抗えない引力。スタイルの抜群さで言えばボクちゃんだって負けず劣らずだけど、圧倒的な紳士としての役回りを担う三浦春馬さん。ぱっとしない空気感を保ち続ける、東出昌大さんのすごさも同時に実感する。

小池徹平さんも出演されているので、「キンキーブーツ」を観た方はぜひ「コンフィデンスマンJP」へ!とおすすめしたい。

 

 

ターゲットである“オサカナ”を見つけて騙すのがコンフィデンスマン。

コンゲームの先にあるものとは一体なんだろうか

 

Confidence】(コンフィデンス)とは、信用、自信、秘密

ダー子のしていることは無茶苦茶だけど、誰よりも人に関心があって、人をかわいい存在として愛でているのもダー子。

どこから騙された…!?と頭を抱えるこれまでのお魚たちと同様に、すべて終わってみれば何が真実で何が嘘か、考えれば考えるほどわからない。でもあれは…と一筋の“真実”にすがりたくなる。

あの時の気持ちは本当だったか、あの言葉は本心だったか、本人にさえわからないこともある真実。

人の心に絶対が無く、不変ではない移ろいのあるものだということを楽しんでいるダー子だから、私たちの目に魅力的に映るのかもしれない。

 

レモネードの恋心 − Little Glee Monster 「ギュッと」

 

車窓の向こう、走り去る景色を目で追うリズムの疾走感。

炭酸の泡粒みたいに、シュワシュワと消えては込み上げる嬉しさに、切ない気持ちがポツリと落ちる。

 

Little Glee Monsterギュッと

作詞:KOUDAI IWATSUBO 作曲KOUDAI IWATSUBO

聴いていると泣きそうになるのはなぜ。わからなくて、ただこの曲が持つ煌めきと繊細な表情に胸が熱くなって、その眩しさに涙をこらえる。

 

ある時、帰り道に聴いていたら、曲の世界観がブワッと広がる感覚になった。

頭に思い浮かんだのは制服姿の女の子。年の差の恋心をもつ女の子が綴る日記のような言葉として歌詞が聴こえてきて、それだ!とひとり勝手に嬉しくなった。

追いかけても追いかけても、追いつけず。

涙ながらに痛む気持ちさえ大切にしたい。

そんな切なさのある歌詞からイメージを重ねていくと、小説を読み進めているかのように景色はどんどんと広がりを見せた。

たとえば、想いを寄せる彼と3つ年の差のある女の子なら。幼い頃から見上げ続けてきた幼馴染への恋心。小学生の頃は6年間という時間の中でそばにいられたけど、中学、高校になり追いついたと思えば、すぐ先を歩いて行ってしまう彼。

 

永遠探す 当てのない旅より

数メートル先の

君の隣まで

恋をしている。そのことに嬉しさがはじける気持ちと、同時に切なさも抱えることになる歯がゆさ。

可愛くて仕方がないレモネードのような甘酸っぱさがここに、ぎゅっと凝縮されている。

 

 

切なさがあるのに、曲全体の空気は穏やかで、華やいでいる。

ピアノの旋律が軽やかにイントロを奏でると、リトグリの歌声がハーモニーを奏でて、二つの音色はこの曲の続くあいだ、織り重なるリボンみたいに可憐な曲線を描いていく。

リトグリのメンバーである芹奈さん、アサヒさん、MAYUさん、かれんさん、manakaさん。

5人の声があることで、声色の個性から感じとる感情やイメージする人物像に多様さが生まれて、曲の中に登場人物を思い浮かべるとしても“一人”に捉われることなく、その時々で自由に想像を膨らませることができる。

同じ本を読み聞かせるとしても、語りべによって表現の仕方に変化がある。そんな楽しさに近い。

 

ギュッと君の手を

掴んで走り出して

慌てた君の笑顔

可笑しくって 切なくって 

“ギュッと”という言葉に込めるニュアンスが素晴らしくて、聴くたび胸に矢が刺さる。

ただ可愛く言うわけではなくて、そこにある微かな苦しさ。

つんと涙目で

それでも前を向いて

小さなこの痛みを離さない

ギュッと繋いだ手を

恋心を歌う曲でもあるのに、この歌詞で主人公は涙目でいる。「ギュッと」を聴いていて心揺さぶられるのは、その憂いの美しさなのだと思う。

あっ泣くかもしれないと思った瞬間の、喉がきゅっと狭くなって、眉間の奥が熱くなる感覚。曲全体に吹く風がなんとなくそんな表情を含んでいて、その横顔に見とれてしまう。

 

“ホントの気持ちと目が合えば”という歌詞もいい。

目が合うという言葉を選びながら、相手を表す言葉をここでは使わず、“ホントの気持ち”、つまり自分の中にある思いと対面するかたちで、心境に気がつく描写をしているところが素敵だった。

 

そして転調した大サビ前のパート。一段落ち着いたトーンの中で聴こえる、

たったひとり 君だけに見透かされたくて

アサヒさんの歌声が、切実さを高めていく。

思い切った本音に、聴いていてドキッとさせられた歌詞だった。誰にでもわかってほしいのではなく、“君だけに”と言いきる潔さ。この一行に、儚いようでいて大胆さを持つ内面が表れていると感じた。

 

 

恋にまつわる曲は、聴こうと思うシチュエーションがわりと限られていくと自分のなかで思っていたけれど、Little Glee Monster 「ギュッと」は、朝の出掛ける道すがら、夕方の帰り道と、ふいに聴きたくなる。

なんとなくの“好き”に、思い浮かぶ景色ができたことで、曲を聴いた時の嬉しさが増した。

小説で物語を読みたいけど本を開く気になれない、ドラマで世界観に浸りたいけどそれもなんだか今は気乗りしない。そういう時でも、音楽はひとたび再生ボタンを押すと、すぐそばにいるような距離感で現れてくれる。

その存在が本当に大切で、音楽が繋いでくれる毎日に、ありがとうを伝えたい気持ちがつのる。

「ギュッと」が収録されているアルバム「FLAVA」は、しばらく聴き続ける1枚になった。