N°5の香りと、花束に春の香り

 

CHANELのN°5はどんな香りがするんだろう

知りたかったけど、百貨店のコスメコーナーはただでさえ敷居が高くて、香水のコーナーはもっと敷居が高い。「CHANEL」と書かれたスペースには、もはや近づくことすらはばかられた。

 

なんだか今日は近づける気がして、近づいた。だけど手に取る勇気がでない。

じっと見ているだけのあやしい私に、スタッフの方が「香りをお試ししますか?」と声をかけてくれた。近くにいても相手にされないのではと思っていたから、ドキリとしながらもうれしくて、「これを…」と答える。

香水のこともシャネルのことも知らずにいたから、シャネルに置かれている香水は全部「N°5」と思っているくらいに何も知らなくて、はじめに指したのは「ガブリエル シャネル」という香水だった。

 

「ガブリエル シャネル」はフローラルな印象で、花束のようなイメージで作られていますという紹介に素敵だなと思った。

花の香りといえばラベンダーと思っていたけれど、その時イメージしたのは、黄色や赤やピンクのカラフルな花束だった。

 

あまり長居すると緊張するからー…と引き際を考えながらも、せっかく近づいたシャネル。「N°5」の香りをかぐことなく離れるのはおしいと勇気を出して、「シャネルというとN°5のイメージがあります…」と話すと、四角いカードに香水を吹きつけ、手渡してくれた。

これが、N°5の香り

想像していたよりも大人な香りで、高貴でノスタルジーな感じがした。

だけどいまの自分にピンとくる何かではなかった。まだはやい、そんなイメージ。

 

コスメフロアのお姉さんたちは姿勢がピシッとメイクはばっちり。言葉づかいもカチッとしていて。

なかでも、お洒落をしてからでなくては近づいてはいけないようなハードルを感じていたシャネル。けれどスタッフの方の服装は、Tシャツというわりとカジュアルな姿で、それに気づいた瞬間に肩の力が解けた。

私でも話していいかも。聞きたいことを聞いてみよう思える空間が生まれていた。

スタッフの方の服装が時期的なものなのか、意識的に取り組まれているものなのかわからないけれど、格式高くいようとすればいくらでもできるはずのシャネルが、オープンな雰囲気をつくっているように感じて、すごいなぁと感動した。

 

香水に深く関心があるわけではなかったけれど、ふわりと香る自分の香りがあったならと思うことはたまにあった。

湯葉 シホさんという方の書かれる文章が私は好きで、そのなかの「自分の香りを見つけた話|生湯葉 シホ|note」という文章を読んで、自分の香りをもつことへの憧れが段々と募っていった。

けれどその時はまだ探したりしなかったのは、香水=香りがきつくて嫌がられてしまうイメージがあったからだった。

それからしばらくして、さらに関心がグッと高まったのは、Nissyからの影響。NissyプロデュースのNy...という香水が販売されて、今回のツアーロゴも香水をイメージようなテイストになっていることから、“香り”というものにもっと興味が湧いてきていた。

 

 

ブランドの香水をはじめてかいだことにちょっと嬉しくなりながら、ほかのお店も見ながら香りものを扱っていそうな所には立ち止まった。

いつもならすーっと通り過ぎていたお店がこの日は目に留まり、ひとつひとつ興味津々に試してみた。試しすぎると、鼻がよくわからない状態になることも覚えた。

甘いか、ラベンダーか、石けんの香り。そんなざっくりした先入観とは違って、様々な香りがあった。

 

そのなかで、気に入った香りを見つけた。

AUX PARADIS」(オゥパラディ)というお店

Fleur」と「Spring garden」を合わせた香り。

 

フローラルな香りが色鮮やかで、甘さだけに振り切るわけではなく、石けんのような爽やかさもある。

女の子という雰囲気もまといたいけど、スイートすぎては理想と違う…と思っていたところに、しっくりときた香りだった。

 

Fleur」(フルール)には

ネロリ、レモン、ジャスミン、合成アンバー、ムスクの香り。

紹介文には「ふわりとさり気なくその香りで周囲をも優しく包み込む。日本人の美学とも言える凛とした奥ゆかしさを表現した表現した上質なフローラル」と書かれている。

 

Spring garden」(スプリングガーデン)には

レモン、オレンジ、ユズ、ビオニー

桃の花、サンダルウッド、ホワイトムスクフレグランスオイルの香り。

「やわらかな日差しの中、いっせいに花々が咲きほこる 春の庭をイメージ。春の喜びに満ちた軽やかな香り。」と書かれていた。

この香りは、春限定とのことだった。

 

それぞれに冊子に書かれている香りの表現が、短い小説みたいで、漢字で書く部分とひらがなに戻す部分の感性が好きだなと思った。

 

香りと香りを合わせてつけるという発想も今までなく、二つ買ってつけるという選択肢があるのか…!という驚き。そして混ざっているのに、いい香りとして成立するんだ…という発見だった。

香水と一口に言っても、香りの継続時間によって名前が違うことも知った。

パルファムと呼ばれるものがいわゆる香水。5時間を越えて香りが残る。オードパルファムは5時間前後。「AUX PARADIS」はこのオードパルファムと呼ばれるもの。

もう少し短時間のものになると、オードトワレは3時間ほど香りが持つ。子どもの頃に漫画「ちゃお」の付録ではじめて手にしたあのいい匂いのするものは、オーデコロンという名前で、2時間ほど香りが持つものだと知った。

 

気に入った香り。見つけることができた。

すぐに購入はしなかったものの、頭の中に置いておく第一候補はここに決まった。

 

テスターとして香りを吹きかけた紙を、コートのポッケの右に「ガブリエル シャネル」左に「N°5」を入れた。気に入ったもうひとつのものは、鞄のなかに。

iPodのイヤホンコードがN°5の香りになった。

部屋に置いていても煌々と香りつづけるから、この香りが似合いそうな「マクベス」の文庫本にそっと挟んだ。

 

いつかこれが自分の香りと思えるものを身につける時がきたら、ほのかに香るように足首につけたい。

手紙のすみに、さっと吹きかけるのも憧れる。

 

真っ赤なハートのチョコレート

 

今年はどんなチョコレートを選ぼう。

百貨店のバレンタイン催事。付き合わされるばかりだったこの季節が、ついに楽しいものになったのは、去年「失恋ショコラティエ」をきっかけに自分なりの楽しみ方を見つけ出したから。

それが果たして今年も続くのかはわからなかったけど、自然と2月が近づけばチョコレートの季節だと思い浮かべていた。

 

百貨店のホームページに載せられたカタログをチェックして、デザインに惹かれたものをスクリーンショットでメモする。今年は好みなデザインのチョコレートが多くて、年によって流行りの形があったりするのかなと思ったりした。

これとこれと、これのどれか。

見に行った百貨店はそごう。会場に着くと、カタログとは別に、お店の位置と番号が書かれた地図のような用紙が置かれていて、それがとても便利だった。

人が多いと、ショーケースを見てお店を見つけるのは難しく、上の方に掲げられているショップ名が頼り。それでも聞きなれないカタカナのお店が立ち並ぶと、どれがどれかわからなくなってしまう。だから番号が振られていると、すごくわかりやすい。この番号の次だからこの辺り、という予測もできる。

 

 

順々に気になったお店を回って、試食して、パンフレットをもらう。

そして決めたチョコレート。

 

f:id:one-time:20190206202646j:image

 

「ブノワ・ニアン」のボンボンショコラ。

チョコレートのことは何も詳しくない。見た目がコロンと四角く綺麗で、デザインか好きかどうかの直感で決める。でも今年はいくつか希望があった。コーヒー味のものが入っていること。真っ赤なハートのチョコレートが一粒入っていること。

パッと見て、ああいいなと近づくと、店員さんのお姉さんが話しやすい明るい雰囲気の方で、それもかなりの決め手になった。せっかく買うなら、楽しい思い出のなかで買いたい。

 

f:id:one-time:20190206202008j:image


f:id:one-time:20190206202012j:image

 

コーヒー味も真っ赤なハートも叶っていて、

そしてチョコレートの入ったボックスの色が赤。

赤いボックスに心惹かれて、これ。これにする。とほんの数分で決まった。

去年は何を選んでいいものか迷いすぎて、ぐるぐると売り場を行ったり来たりしたけれど、今回は1度候補を見て回ってから、その場ですぐに決められた。

 

 

今日は家に特別なチョコレートがある。それが楽しい。どのタイミングで食べようか、何を飲みながら、何を見ながら味わおうか。

失恋ショコラティエ」を今回も借りてこようかと思ったけど、なんとなく今年のイメージは「プラダを着た悪魔」で、エミリーブラントを見たくなった。浸るならとことん浸ろうと、そんな空気感のなかで食べた。

 

f:id:one-time:20190206202152j:image

 

イチゴと山椒の味が合わさったチョコレートや、かじるとパリンと割れてパッションフルーツのフレーバーが溢れるチョコレート。

「レトロワショコラ」の時には、我慢できずに一気に食べてしまった。それを踏まえて、今度は3粒ずつ食べ進めることに。じつは今回も「レトロワショコラ」の出店があったら間違いなく買いたかったけど、名古屋で出店されると知って、またの機会を待つことにした。

先日Nissyのベストアルバムを買ったばかりだったから、次の日はNissyのMV「Addicted」を見ながら。

パリの風景にレトロなメロディーはチョコレートの雰囲気にぴったりだった。

 

自分が気に入ったチョコレートをひとつ選んで、好きな時間のなかで食べる。

自己演出でお洒落さに浸っているだけとも言えるけど、そんな気分になってみたいことだってある。どんな味のものが好きなのか、どこのチョコレートがお気に入りなのか、まだまだわからないことがある。

わからない味を、口にしてみて驚くその経験もおもしろくて、まだまだチョコレートへの興味は尽きない。

 

f:id:one-time:20190206202047j:image

Nissy 5周年のベストアルバム

 

テーマやデザイン。作品を手に取るとわかる、作ることへの真面目さと、とことんまで練られた緻密さ。

途切れることなく仕掛けられるサプライズに、どうにもこうにも心惹かれる。

 

2013年「どうしようか?」から始まった西島隆弘さんのNissyとしてのエンターテイメントが、5周年になった今ベストアルバムとして形になった。

1stアルバム「HOCUS POCUS」(ホーカス ポーカス)が発売された時は、初めてミューモのサイトを使って通販で注文をした。郵便局で受け取って、待ちきれずに家に帰る前に箱を開けた。

 

f:id:one-time:20190207142141j:image

 

2ndアルバム「HOCUS POCUS 2

ライブツアーの会場で、実際に並ぶCDを見て購入を決めた。グッズだって買いたかったけど、なによりCDが欲しかった。

 

f:id:one-time:20190207142035j:image

 

 

そして2019年。ベストアルバムがリリース。

Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST

今回のベストアルバムには、新しく「トリコ」「Relax & Chill」「Addicted」が収録されている。

 

ひとつひとつ作品を揃えてきたからこそ、すでに持っている曲やMVが多かったりするのは、ベストアルバムの悩ましいところ。それを上回ってこのCDが欲しい!と思ったのは、ジャケット写真がとてつもなくツボだったから。何度でも言いたくなるほどに。

レコードのモチーフに蓄音機。ジャケットにハットのNissyが持つショップバッグには、Nissy RECORDSのロゴ。

背景に大規模なセットや加工はなく、シンプルな配置とNissyのポージング。アルバムタイトルの位置もシンプルで、そのかわり文字間隔が広めに取られていて、それによって文字にも存在感がでている。

ジャケット写真はCDそのものの空気感を決定づけると思う。だからこの写真を見た瞬間に、このアルバムとしてのコンセプトは好きになる間違いないと確信して、購入を決めた。

 

そして2月4日、発売日。

タワレコがNissyフィーバーだった。ポスターがあちこちに。BGMで聞こえてくるのはNissyの歌声。Nissyのグッズまでタワレコで販売されている。

なにより、棚がある。Nissyブースがセッティングされていて、店員さんが手描きで装飾したPOPが棚を盛り上げている。

当たり前のようでいて、当たり前ではない。通販でしか買うことができなかったCDが、店頭で実物を見て手に取り、買うことができる。このタイミングでのベストアルバムは、Nissyを初めて知る人にとっても、ぴったりな作品集だと思った。

 

 

待ち焦がれたCDジャケットが手元にある喜び。

雰囲気コンセプト表情ぜんぶが好きすぎて、写真として素晴らしい。美術館のような額に入れて飾りたい。

さらに特典で、レコードデザインの缶バッジがついてきて、それがすごく嬉しかった。

 

CDが2枚組、DVDが2枚組。DVDはMV集で1枚、ドキュメンタリーダイジェストなどの映像含めて1枚。計4枚のディスクが入ったパッケージを開けると、歌詞カードの写真がぱっと目に入る。

それがなんとジャケット写真の続きのような雰囲気の写真たちで、歌詞カードとしての重厚感はもちろん、あの1枚で完結せずに何枚かのコンセプト写真を見られたことがサプライズで、本当に嬉しかった。

ページを開いていくたびに、はあっ!と興奮が抑えきれない。好みのツボにはまるテイストで、好きなアーティストが作品をつくってくれることほど嬉しいことはない。毎度毎度の当たり前ではないからこそ、好き!!と上がったテンションは宝物なのだ。

 

ディスク自体にプリントされているデザインもお洒落で、CDとDVDそれぞれデザインが違うところにテンションが上がる。若干ぷっくりと印刷されているところにクオリティの高さを感じた。

ほかにも、歌詞カードの指滑りのいい紙質など、そのひとつひとつが丁寧で美しい。

さらにディスクを外してパッケージの面をふと見ると、そこにはNissy RECORDSのショップバッグがちょこんと写った写真が。

サプライズの波状攻撃に身悶えしそうだった。

 

歌詞カードを見たあと、もう片側を開くと、Nissyのポラロイド風の写真が入っていた。

旅先からセルフィーで写真を送ってきたかのようなポラロイド写真。

レコードにポラロイド…レトロさの相性が抜群。しかもその写真がギュンと心を掴まれる可愛さのNissyで、なんって素敵な笑顔なんだ!と弾けるほどのときめきに胸を押さえた。

写真だけがぽんっと入っているのではなく、ポラロイドサイズにぴったりなクリアな袋に入っていて、その上からさらに袋に収まっている安心設計。その心づかいがうれしい。

 

なぜこんなに人を楽しませることができるのだろう。

2ndライブのオープニングのセリフを思い出していた。緻密に作り込まれたエンターテイメントに、尊敬する気持ちを上回っていっそ怖いくらい。それくらいに、これまでの作品を揃えて持っているとしても、新しいひとつのパッケージとして魅力のあるアルバムになっていた。

これからはプレイリストを組まなくても、ベストアルバムのシャッフル再生でNissyの曲を聴くことができる。これまでのリリースの流れを追いたくなったら、1から順に聴いていける。

 

 

ベストアルバムが完成する。その年月と重みを、CDが手元に届いてじわじわと実感している。

29曲の作品。

数曲をのぞいて、それぞれの曲にMVが作られている。曲のみではなく、映像と音のリンクが魅力のNissy作品には、そのどちらもが大切な鍵となる。

 

1つを作ることに全力を注いで、それを29回続けること。

並大抵なことではない。クオリティをキープすることも、受け手の気持ちを考察して次の一手を決めることも、明確な答えがないなかで前に進むのがどれほどエネルギーのいることなのか、それを思うと圧倒される。

リリース日やライブの日を迎えて初めて、リアクションが返ってくる。

自分の話を持ち出すのは恐れ多いけれど、自分も文章を本当に続けていこうと決めた時から、その難しさを実感した。こんなにも“キープ”ということが葛藤を生むものだとは。ネガティブな考えは、誰に言われるよりも先に自分の中から湧いてくるのだと知った。

クオリティをキープして、ひとつひとつを積み重ねて。いつか振り返って、その時の全力だったと思えるように。ベストを尽くす。

 

 

「Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST」には、

西島隆弘さんが向き合ってきた“時”が、ぎゅうーっと凝縮されている。こんなに素敵なものが完成した。それを受け取ることができた。

この作品はきっと、もうすでに魅了されている人たちだけでなく、そして受けとる側だけでなく。制作側にいる人たちへのポートフォリオになる。

 

29曲それぞれ表情が違って、映画館の入り口に飾られているポスターを順に眺めているような気分になった。

種も仕掛けもない、ではなくて、人が作るからこそのエンターテイメント。

Nissyの感性とセンス。必ず広がっていくその世界に、心が躍る。

 

f:id:one-time:20190207144700j:image