表情ひとつが語るもの - BUMP OF CHICKEN「真っ赤な空を見ただろうか」

 

読んでー…!と願いながらラジオにメッセージを送っていた頃。ラジオを聴くようになった始まりはFMからだったから、曲のリクエストを募っていることも多く、何度かリクエストを送った。

阿部サダヲさんと柴咲コウさんの「お・ま・え ローテンションガール」を夜中にリクエストという謎なテンションに応えて曲をかけてもらった時は飛び上がるほど嬉しかった。

その時の気分によって、いろんな曲をリクエストしたけど、断トツで回数が多かったのはBUMP OF CHICKENの「天体観測」だった。

BUMP OF CHICKENのことをよく知るわけではない。だけどラジオから聴こえてくる「天体観測」というのは素晴らしすぎるほどに素晴らしくて、昼間でも真夜中でも、何が聴きたいですか?とラジオの向こうから尋ねられると一番に思い浮かぶのがこの曲だった。覚えている限りで、三度はかけてもらったと思う。

 

「井口理さんのオールナイトニッポン0」ラストの回を聴いていたら、BUMP OF CHICKEN「真っ赤な空を見ただろうか」が聴こえてきた。井口理さんの繊細なユニゾンと一緒に。

ラジオで聴く“初めての曲”は、どうしてこんなにも輝いているのだろう。

テレビで、映画で、友人に勧められて。ライブで初めて聴いて。様々な曲との出会い方があるなかで、ラジオを通した音で一定の時間耳にする曲との出会いは一際輝いていると思う。

歌詞カードも目にしていない、耳を頼りにした状態でも、好きな歌詞は浮かび上がって聴こえて、ここ好きだ…と思ったらもう、目ではなく耳が離せない。

 

 

BUMP OF CHICKEN真っ赤な空を見ただろうか

作詞、作曲:藤原基央さん

2006年リリースのシングル「涙のふるさと」のカップリング曲として収録されていて、後に2008年リリースのアルバム「present from you」にも収録されている。

 

 

溜め息の訳を聞いてみても 自分のじゃないから解らない

だからせめて知りたがる 解らないくせに聞きたがる

 

“自分のじゃないから”と思えるところに、自分と相手は違う、ひとつとひとつ持つものがあることを、とても自然に受け入れている様子が伝わってきた。

分かっているようで一緒くたにしてしまいがちなことを、まずトンと前に置いてもらったような感覚がした。

自分じゃないからではなく、間に“の”が入ることで、それぞれに持っているもの、というニュアンスが生まれるのがいい。

“解らない”の後にくるものが、“だからせめて知りたがる”なところも、別だからそれでいいとは思わずに足掻きたくなる、人の面倒でだけどそうするほかにない関わり合うすべが言葉になっている。

 

言葉ばっかり必死になって やっと幾つか覚えたのに

ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは

 

たった二行。だけど前の一行と後ろの一行では、価値観がぐるんと一変している。

すべてひっくり返せるほどの二行で、この曲の中で主人公が体感したであろうハッ…!と気づかされる瞬間を、聴いている自分も体感した。

語るためには言葉が必要だと搔き集めていたはずが、目の前にした微笑みに一気にすべてを語られてしまう瞬間。こういう内容を話して、こんな順番で伝えて…と頭の中でどれだけ積み重ねたシミュレーションを突き抜けて越えてしまう微笑み。

目は口程に物を言うという言葉はあるけれど、それをもっと美しくてリアリティのある表現に変えて、“微笑み“が“喋る”という見方をするところに驚いた。

それも“上手に喋るとは”とあることで、伝えたかったことの何倍もの想いが微笑みを見た『誰か』の胸の中に流れ込んできたのだとイメージできる。言葉を交わしていない段階で、“ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは”という歌詞がくることに感動した。

歌を聴いているはずなのに、映像をみているかのようで、その微笑みも、面食らって驚く表情の主人公も、情景がありありと浮かんだ。

 

理屈ばかり こねまわして すっかり冷めた胸の奥が

ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは

言葉は淡々としているのに、熱く燃えている心情が伝わることがすごい。

そして2番の歌詞でもやっぱり好きなのは、“こんなに見事に燃えるとは”で、“とは”を言葉の最後に使っているところ。言い切らず途中で止めることで、その先の言葉が思い浮かばないほどの感動に圧倒されている感じが表れていて、「。」で終わらず「、」で余白にする描写が素敵だと思った。

 

 

大切な人に唄いたい 聴こえているのかも解らない

だからせめて続けたい 続ける意味さえ解らない

 

“聴こえているのかも解らない”ままだけど、“だからせめて続けたい”と考える。

“続ける意味さえ解らない”と思いながら、“せめて”と言うくらいには、これしかないと思う気持ち。

“唄いたい”という言葉が出てきたことで、「真っ赤な空を見ただろうか」の主人公はフィクションの誰かというよりも、歌っている本人なのかもしれないと思った。

ラストの歌詞には

ただ一度の微笑みに こんなに勇気を貰うとは

ここまで喉が震えるとは

“喉が震える”と聞いて考えるのはやっぱり歌を歌う人だった。そう思えば思うほど、この歌詞に胸が熱くなる。

 

井口理さんがこのタイミングでラジオから流してくれなかったら、知ることは無かったかもしれない曲。今聴くから、いくつも思いが重なって響いた曲。

パッと目を合わせたその瞬間の表情で、自分の見る世界が変わることがあって、一言二言交わすよりもそれはずっと火種を残して燃え続けることを、この歌で思い出した。

 

マゼンダ、シアン、イエローの恋心 - CHAO「好きになってごめんなさい」

 

マゼンダ、シアン、イエローの3色に分かれた、3人の恋心。

YouTubeで目に入ったサムネイルの可愛さに、クッとスクロールする指が止まった。色味の引力とはすごいものだと感じた瞬間だった。

ゆりやんレトリィバァさん、ガンバレルーヤのよしこさん、まひるさんで組まれたユニット、“CHAO”が歌う「好きになってごめんなさい」

MVが可愛くて、歌詞は悲しいけどハツラツとした歌声に気持ちが明るくなる。

 

YouTubeのおすすめに上がってくるのを何度か目にしていながら再生を躊躇ったのは、

まんまと乗せられる予感がしたのと、お笑い芸人として活動している3人がどんな扱いで映されるのか、見るのが不安だったという2つの要素から。

曲タイトルと歌詞に自己肯定感が低めな要素があるのは少し引っかかるけれど、それは誰にとっても起こりうる悲しみだから、ひたすらにキラキラと完璧に歌われるよりも心に届く。

そして、MVの作りと映し方がとても素敵だった。

元々MVを作る予定のなかったこの曲は、急遽公募での監督探しが決まり制作されていて、せっかくなら監督のお名前をクレジットに載せてあげてほしかった…と思っていたら、調べたところお名前がわかって嬉しさで小躍りしている。

「好きになってごめんなさい」MVの監督をされたのは、松永つぐみさん

ほかに携わられた作品を見ていたら、吉澤嘉代子さんのお名前があって、ああー!好き!好きになるはずだ!と勝手に納得している。

 

さらにメロディーが歌謡曲の空気を持っていて、それでいてキラキラとポップな雰囲気が懐かしさも今っぽさも含ませている。

ひとりひとりの歌い方にも個性がありながら、はっきりとした発音が耳心地よくて、歌っている歌詞がちゃんと耳に残る。

ゆりやんレトリィバァさんの歌声は、お姉さんな雰囲気がありつつ、空気を含んだ感じの声とビブラートの抜き加減が美しい。まひるさんの歌声は、背伸びせず可愛らしいニュアンス。よしこさんの歌声は、高めでまさにマゼンダがぴったりな大人びた印象。

ベールを纏おうとせずに、綺麗な声は意識しつつも華美にしないところが聴いていて心地いい。

 

芸人さんとしてのイメージの強い、ゆりやんさん、よしこさん、まひるさんの衣装をマゼンダ、シアン、イエローの3色に振り分けることで、それぞれ女の子としての個性が可視化されていた。

このカラーバランスが人を惹きつけるということは、星野源さんの作品の特徴でもある色づかいの中に、全く同じ色ではないけれど「恋」「family song」「ドラえもん」でそれぞれ、イエロー、ピンク、ブルーが用いられていることからもわかる。

セットの作りも、限られた広さでありながら工夫されていて、3人の部屋が縦に続いて移動できる配置になっていることで長回しのワンカット撮影が出来る。誰の部屋かは色味でパッと見て分かるようになっていて、テーブルや花瓶もすべて色味が統一されている。

同じ色や、濃さの違いがありながら近いトーンのものを揃えるのは、きっとなかなか大変なことで、小道具は買い揃えたのか塗ったのかは分からないけれど、美術さんもしくは監督の相当な努力があったのだろうと思う。

 

私は、ザ・ベストテンなどに出演したアイドルが、マイクを持ちながらもう片方の手で出来る範囲で踊る振り付けが好きだったりする。

それもあってか、3人が並んで傘を持って踊る振りや、サビの手を使う振りが好きだった。

特にゆりやんレトリィバァさんのダンスは、どう見せることが綺麗に見えるポイントなのかを感覚的に掴んでいると思う。

歌詞の“聞こえなかったんだと 諦める”の手の降ろし方と視線の角度が素晴らしくて、一連の動作の美しさに何度見ても注目してしまう。

 

メイクもアイシャドウがそれぞれ担当の色になっていて、それが過度ではなくてナチュラルな範囲の色になっているのもすごい。

チュールの掛かったベレー帽は思わず欲しくなるくらいに可愛くて、手袋を着けているのも魅力的。

 

空に舞うのは、カラフルなビニール袋。

ファンタジーではないリアリティの中にある可愛さを見せる世界観がとてもいい。

MVの中で等身大な女性として映る3人は、切ないけれど魅力に溢れていて、MVを作った人たちの思いが満ちているところに心を掴まれる。

可愛くあるにはこうでなくっちゃ、を取り払って、好きな人への想いを胸に持つことのうれしさと、実らなかったとしてもワクワクできるこの楽しさを具現化したような映像に惹きつけられた。

 

歌詞についてはサビを聴くたびに、謝んなくたってよくない?!と心の強気ガールが声を上げてしまうけど、

MVという数分間で見せる映像として、こういう見せ方があるんだと興味深くて、楽しいところがいくつもある作品だと思う。

本人には見えていない、誰かを見ている時の、本人の可愛さを映したMVだった。

 

オープニング感に心湧き立つ、King & Prince「Sha-la-la ハジけるLove」そしてアルバムとしての楽しさ

 

日曜の朝、変身できる女の子たちのアニメの主題歌と言われたら、しっくりくるような爽快感。

キャラクターが一人ずつアップで映って横切るオープニングが脳内で再生できてしまうほどに。

King & PrinceSha-la-la ハジけるLove

作詞:MORISHINさん

作曲:Susumu Kawaguchiさん、Fredrik "Figge" Bostromさん

炭酸飲料のCMソングになっているのも納得。しかしこの曲がシングル曲としてリリースされていないの?!アルバムの一曲としてこれがあるのか…!と意外に思うくらいに、主役級の強い輝きを放っている。

 

曲の始まりから、“シャララ”という語感が続くことがまず凄い。ベタとキラキラに飲まれないキンプリのアイデンティティがあるからこそ成立する濃度。

出掛けよう キミ見つけた場所へ

オープニングのような爽やかさで、聴けば気分は主人公になれる。 戦う主人公。だから、一日の始まりに聴きたくなる。

序盤は抑えめなリズムに、落ち着いた曲調で繋がれるメロディーがぐっとサビへの高揚感を煽る。

2番の入りになると岸優太さんのパートがやってきて、それが惚れぼれするほどぴたりとはまるのは、もはや確約された黄金率。

終わらない恋はじめよう Forever 

“Forever”の発音も声の伸びもいい。

岸優太さんは英語の音感が好きなのだろうなと感じる発音をいつもしていて、本気になって英語を学びだしたら一気に成長しそうな空気がある。

 

ほら Fly to your heart この想い

今すぐキャッチして Sha-la-Love

“キャッチして”と出てきたところで、プリキュアだ…!と思ったくらいに、「Sha-la-la ハジけるLove」の私の中でのイメージは、日曜の朝。

“Fly to your heart”の音運び、“heart”のRの発音が丁寧で好きだと聴くたびに思う。

後に出てくるサビの歌詞に“今すぐロックして”ときて、“キャッチして”と“ロックして”が対になる配置にぐっとくる。“ハート”を軸に、テーマはきっと鍵なのだろうと思わせるストーリー展開が素晴らしい。

 

 

Moon Lover」という曲を好きになったことをきっかけに聴きだした、King&Princeのアルバム「King & Prince

はじめは「Moon Lover」を1曲ループで聴いていたけど、ふとした拍子に“1”のバッジを外して、アルバムをシャッフルで聴いてみたら、曲ごとにツボなメロディーラインがあることに気づいて、アルバム通して再生するのが楽しくなった。

このアルバムには他にも、

King & Princeの曲の中で新たな風を感じた、高橋優さん作詞の「君を待ってる

彼女に振り回されることに少し苛立ちながらも離れられずにいる歌詞が中毒性のある「Naughty Girl

デジタルな音だけど、どこか落ち着いた雰囲気で、ゆったりな曲と見せかけてサビでハジける「マホロバ

King & Princeのボーカル力を圧なくさらっと見せてしまう贅沢さと、岸優太さんのロングトーンなフェイクに息を飲む「別々の空

ブラスバンドに、鳴らすクラップ。横揺れなグルーヴが楽しい。2番の入りの平野紫耀さんの“Hay”がすごく良くて、かすれ具合と揺らぐ声がこのパートにぴったりな「Dance with me

ミディアムバラードが美しく、“悲しみにさよなら 今ここで手を振るんだよ”の歌詞が魅力。ピアノにエレキギターが効くメロディーの「Song for you ~君を信じて~

明るいミディアムテンポが心地よくて、1日の終わりに聴きたくなる「君にありがとう

 

Super Duper Crazy」には、サビのメロディーに洋楽のテイラースウィフトのような空気を感じて、「King & Prince,Queen & Princess」からは彼らが立ってきた帝劇の風格が伝わってくる。

ライブのエンディングに聴けたらぴったりなんだろうな…と思わせる壮大さで、ここまでのクライマックスな王道感を成立させられるすごさ。

King & Princeの曲の特徴に、歌の中でのハモりと言うのか、ボーカルとは別のところで声を響かせるパートがある。意識的に置かれた曲作りになっていると感じていて、声を際立たせる曲になっていると思う。

 

全体を通して聴いても楽しい。明るいテンションを引っ張り込みたい時は「Sha-la-la ハジけるLove」をピンポイントで聴く。

アルバム「King & Prince」は、今のKing & Princeが今の声で歌う、様々な曲調の魅力を多角的に感じられるアルバムだった。