どれもが主役級。すべてが凝縮された関ジャニ∞ アルバム「ジャム」

 

関ジャニ∞のNEWアルバム「ジャム」

特別なものとして、ずっと自分の中に残り続けると確信したアルバムになった。

 

開封して、一通りパッケージのデザインに見惚れてから、ヘッドホンをつけてアルバムを通しで聴いた。

あっという間の1時間。抜群に好きで仕方ない曲と抜群に好きで仕方ない曲がドーンとアルバムになりました!!という強烈なアルバムだと覚悟はしていたつもりだったけど、覚悟が足りていなかったと思うほど、圧倒されている。

次から次に流れてくる曲の一つ一つが、ボディにストレートでパンチが入るぐらいの感覚。

 

収録曲のどれもが素晴らしいのはもちろん、曲順の組み立て方が本当に巧みだと感動した。

どの曲もシングルカットされておかしくないほどのインパクトがあるなかで、通しで聴いた時の緩急。色の強い個性を、どの並びで聴かせて、その曲が持つ魅力と余韻を最大限に活かすのか、徹底的に考え抜かれた構成だと思った。

ライブのセットリストを組むことも難しいけれど、CDとしてこれからずっと残り続ける物の曲順を決めるというのはどれだけ難しいことなのだろうと思う。

 

「罪と夏」から始まり、導入のテンションが決まることで、夏が始まる時期にリリースするアルバムとしてのテーマもはっきりと伝わってきて、さらに「今」の爽やかな曲調が夏の空気をそのまま繋いで「DO NA I」へとなだれ込む。

ベースラインの効いたメロディーとノリに体が慣れ始めたころ、「なぐりガキBEAT」が始まり、スカサウンドに心地よく浸り、トランペットの音色が耳に残りつつ、賑やかさに耳を少し休めて一呼吸を置きたくなったところで、優しいギターとハーモニカが穏やかなスローテンポの「夢への帰り道」が流れる。

メンバーのシンプルな声に聴き入り、心拍数も落ち着いたころ、そのふわんとした雰囲気に道場破りを挑むかのように聴こえてくるのが「えげつない」

息つく暇ない言葉の応酬とハイスピードな偏西風にさらわれたかと思うと、「パノラマ」の世界。変則的だった曲の構成から安心感のあるサビへの展開にホッとしていると、今度は「Never Say Never」でさらにテンポアップ。その勢いに必死でしがみついて行くと懐かしいギターの音が聴こえ、「侍唄」

しっとりとしたバラードに心安らぎ、音数が少なくなるからこそ歌詞に耳が向き、情景が浮かんで夕暮れを感じているところに、「S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き」の元気なギター音。賑やかさに再び火がつき、「NOROSHI」

これぞジャムの始まり、出発点だったと噛み締めながら、このタイミングで流れてくるところに曲としての貫禄さえ感じながら聴き入る。胸の熱さが最高潮に沸き起こり、余韻に圧倒されていると、

聴こえてくるのは「青春のすべて」

すべてを振り返るような歌詞と落ち着いた歌声にすうっと力が抜けていくのを感じながら、美しいメロディーと耳に馴染んだメンバーの声が胸に沁みて、刹那的な哀愁を噛みしめる。

 

楽曲提供と安田章大さんの作詞作曲を含め、アルバムに共通して収録されているのはここまでの

  1. 罪と夏
  2. DO NA I
  3. なぐりガキBEAT
  4. 夢への帰り道
  5. えげつない
  6. パノラマ
  7. Never Say Never
  8. 侍唄
  9. S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き
  10. NOROSHI
  11. 青春のすべて

 

ここから、初回Aには丸山隆平さん、安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さんのユニット曲「ノスタルジア

初回Bには渋谷すばるさん、横山裕さん、村上信五さんのユニット曲「Answer」が収録されていて、

通常盤には、渋谷すばるさん作詞作曲でメンバー全員が歌い演奏した「生きろ」

安田章大さん作詞作曲の「JAM LADY」

錦戸亮さん作詞作曲の「Traffic」が収録されている。

 

通常盤の「Traffic」までをアルバム「ジャム」の構成として考えると、

安田章大さんが作った「Never Say Never」以外のここまでの11曲は、それぞれの楽曲を提供してくださったアーティストやプロデューサーの方々が思い描く関ジャニ∞に今提供したい曲なのだとすると、ここからの3曲は関ジャニ∞のメンバーである渋谷すばるさん、安田章大さん、錦戸亮さんが今、関ジャニ∞と歌いたい曲なのではと感じた。

 

「生きろ」は、音が今まで聴いてきたものと全く違う。右耳に聞こえる音と、左耳に聞こえる音が明らかに違って、まるで関ジャニ∞が演奏しているバンドとゼロの距離で自分が聴いているような感じがする。目の前とも違うのだけど、渋谷すばるさんの目の前に自分が立っているような。もしくはバンドの真ん中、渋谷すばるさんの声を後ろに感じながら、ドラムが前にある感じ。

どちらにしても、現実には体験不可能な位置で演奏を聴く体験が、この曲では出来る。

「生きろ」を作った経緯を渋谷すばるさんがラジオで話されていた時、自分が若かったころ、憧れていた人にそう言ってもらえていたらもっと救われただろうなと思って、そういうののきっかけのいっこにでもなれたらすごいことやなという思いもありつつ。という話をされていて、

自身があの頃そうしてもらえていたらと感じたことを、今の自分がしようと考える、渋谷すばるさんの考え方と行動力に心を揺さぶられれた。その思いが、言葉数少なく、でもはっきりと熱を帯びて込められている曲だと感じた。

 

「Traffic」は、「生きろ」から音の遊び心を引き継いでいるかのように、左耳で錦戸亮さんの弾くギターの音色を独占できる。まさにTraffic、高速道路に居るみたいに音が押し寄せる演出に、一瞬にして、運転席でハンドルを握る自分の姿にズームするような感覚に陥った。

渋滞に巻き込まれた車と、主人公の歩みをダブルミーニングで歌詞にするなんて、本当に錦戸亮さんはセンスの塊だと思う。錦戸亮さんが歌詞にする皮肉は、いやな黒さがなくて、それは多分その皮肉はいつも自分自身に向けられたものだからなのだと思う。他人に苛立つよりも先に、自分に苛立っている。だから曲を聴いている側が共鳴できるものがあるのかなと「Tokyo holic」を聴いた時に思った。

 

全体のテーマとして、“どこかへ向かう途中” “今” “これまで”  “これから”というような要素を強く感じるアルバムのなかで、最後に「Traffic」として現在地に戻ってくる感じがすごくいい。等身大に戻ることも出来できる、今の関ジャニ∞がとても魅力的だと感じた。

様々な方々に関ジャニ∞をプロデュースしてもらい、そしてアルバムラストの3曲で個々の色がはっきりとした楽曲を収録したアルバム「ジャム」は、今見られている関ジャニ∞もこれからの関ジャニ∞も味わえる最高のアルバムになっている。

 

夏になったら聴きたくなる常夏ソング「トロピカル源氏」

 

ラジオから流れてきて、毎週聴いているうちに癖になった「トロピカル源氏」

やついいちろうさんが歌っていて、曲の制作に携わっているということはラジオを聴いていて理解できたけれど、ラジオがきっかけで知るものは視覚的な情報がなくて、自分で調べ出さなければいけない。それが楽しくてラジオから曲を聴くのが好きだけど、この時もまた調べて、YouTubeにたどり着き、MVを見た。

 

エレキシというユニット名で、曲名は「トロピカル源氏」

エレキコミックというお笑いコンビでもある、やついいちろうさんが『DJやついいちろう』名義でレキシの池ちゃんと共にリリースした楽曲。

アルバム「Tropical Hour!!」【トロピカルアワー】に収録されていて、このアルバムにはレキシの「年貢 for you」や、関ジャムにも出演されていたtofubeatsさんと藤井隆さんの楽曲「ディスコの神様」も収録されている。

アルバムジャケットのデザインも、ブルーの色合いとウクレレやパイナップルの小道具もやついさんの衣装も可愛らしくて、タイトルのフォントもネオンの看板でハワイとかにありそうなという雰囲気があって好きだなと思った。

YouTubeにたどり着いて初めて、この曲がレキシの楽曲提供&プロデュースだということを知った。

曲を聴いただけではボーカルはやついさんワンマンなので、MVを見るまで池ちゃん要素に気がつかず、映像で見て初めて、思いっきり池ちゃんじゃないですか…!と衝撃を受けた。MVではやついさんと池ちゃんの愉快なバカンスが見られる。「年貢 for you」のオマージュのような場面もあり。とにかくゆるい二人に癒されて、肩の力が抜けてリズムに乗りたくなる曲。

 

イントロからクラップの音が入り、ビートが刻まれ、まさにトロピカルな空気のある上り調子な独特のメロディーライン。そこにチアのような合いの手が挟まれる序盤からすでに、夏の高揚感がここに凝縮されている。

ラジオで話している時のやついさんの声と歌っている時の声は印象が違って、少しハスキーな声が心地よく耳に残る。ミディアムテンポなリズムが相性抜群で、ついリピートして聴きたくなる曲のインパクトと爽やかさが癖になる。

曲を作った池ちゃんも、やついさんの声が活きるキーと曲調での制作を考えられたのかなと考えると、お二人の関係性も込められた曲だと感じた。

レキシを改めて意識するようになったのはやついさんがきっかけで、ラジオにゲストで池ちゃんがいらして「SHIKIBU」を流していたところから、やついさんとも「年貢 for you」のMVで共演していることを知った。

 

「トロピカル源氏」は歌詞のシュールさも良い。中身がないようで、あるようで、ない。そのバランスがいい。

キミをもっと好きになる

夏の扉は開いた

トロピカル トロピカル トロピカルだね

夏に浮かれている僕と、あどけない笑顔の彼女。シンプルな歌詞だからこそ、情景が自由に想像できて楽しい。

“僕”は漢字で“キミ”はカタカナ表記なところにも、僕はどこか冴えないけど、彼女は華がある女性なんだろうなという印象を受けた。南国には行ったことがないけど、きっと南国のムードってこんな感じ?と疑似体験をしたような気分になれる。

トロピカルは歌詞に何度も出てくるから分かるけど、源氏とは一体…?という疑問は、曲を最後まで聴くと分かる。

 

今年の夏、気分良く起きた朝に聴きたい曲セットリストは、エレキシの「トロピカル源氏」と関ジャニ∞の「罪と夏」Little Gree Monsterがカバーした「CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU」がベスト3になっている。ここへ更にスライディングヒットしてきそうなのは関ジャニ∞の新曲「DO NA I」

 

歌唱力というのは音域が広く声量が大きいことだけなのかなという疑問を漠然と思っていた時、ふとこの曲に出会って、音楽は奔放でおもしろくて、もっと遊びがあってもいいのだと視野が開けたような感覚だった。

人が持つの声の魅力を見抜き、その声が活きる曲調を当てはめる池ちゃんの技術が本当に巧みで、だからレキシとして共演するアーティストの方々とも、それぞれが持っている声のニュアンスに合った音階と曲調を見いだし、ベストマッチな楽曲を作ることができるのかなと感じた。

ちなみに最近リリースされたレキシのシングル「KATOKU」に、「トロピカル源氏〜レキシ変〜」が収録されているらしいので近いうちに聴きたい。

 

DJやついさんはフェスを開催していて、先日のやついフェスには「ザ・プーチンズ」も出演されていた。なんとなく好きだなと思っていたものが、いつの間にかどれもこれも関係があることに気づき、なんかそわそわする感覚。自分にはほど遠いと思っていたフェスに行く日も近いのではと薄々感じている。

見ているだけだったとしても、好きなもの同士が繋がるというのは楽しい。好きなものが好きなものを呼び寄せていくかのように、楽しめる輪がどんどんと大きくなっていくのを感じる。

 

「トロピカル源氏」はふざけているように見えて、音楽としての完成度が素晴らしく、思わず引きつけられる魅力を放っているところから、実は凄いことを簡単そうにやってのけているパターンのやつだな…?とラジオで聴きながら戦々恐々としていたあの頃。

いろんな曲を知るようになって、全力でいることも、肩の力を抜いてニュートラルな状態でいることも、どちらの良さも感じられるようになった。

やついさんも池ちゃんも、楽しそうだ。それが全てだなと思う。

 


エレキシ(DJやついいちろう×レキシ)-トロピカル源氏

 

年齢を重ねていく魅力が輝きを放つ「IU」アイユ

 

ドラマから韓国語に興味を持った頃、韓国のアーティストの曲をYouTubeで見るようになった。

CNBLUEやBOYFRIENDなど、気にいる曲を見つけると繰り返し聴いて、韓国語の発音を耳でコピーするのが好きだった。

そんな時、私が特に惹かれたのは、IU【アイユ】という名前の女の子のソロアーティストだった。

 

Good day」という曲のMVを見た瞬間、一目惚れだった。

6分間あるMVのなかで、ミュージカルを観ているようだった。圧倒的なストーリー性と可愛さの溢れた映像。MVとしてセンスの良さが革命的だと思った。

印象的なワンピースを着て、折れてしまいそうなほど華奢な彼女が、堂々とパフォーマンスをしている。けれど彼女の歌声の安定感には貫禄さえあった。

大サビでくる難関パートのことを、「三段ブースター」と命名されて注目されたりもしていた。確かに、ただでさえ高いキーから段を上げるように音程に変化をつける凄さは間違いない。けれど、私はこれまで邦楽で見たことがなかったほどの世界観の創り込まれ方と徹底したテーマの一貫性に心惹かれた。

2011年2月にYouTubeに掲載された作品であるにも関わらず、今MVを見たとしても、見劣りしない。それほど最先端を行っていた魅せ方だったと思う。

 

おそらくプロデューサー陣がとんでもなく緻密に計算をして、しっかりとプロデュースされているんだろうと感じて、それからIUの新曲を見るのが楽しみになった。

心配だったのは、もし「Good day」のみがそういったテーマだったのだとしたら、今後の曲の方向性はどんなものになるのだろうということだった。

 

2011年11月に「YOU&I」という曲のMVが載った。

こんなにツボど真ん中のストーリーがあるだろうかと、パソコンの前で鳥肌が止まらなかったのを覚えている。怪しげで、少し怖ささえ感じるイントロから、段々と時計の針がリズムを刻むように胸が高鳴っていく感覚。

韓国版の約9分のMVでは、時空を超えるをテーマに、未来の時間にならなければ起きることがない青年と、それを傍で見守る少女のストーリーが進行していく。どうしても彼に会いたい彼女は時計の針を進める研究を重ね、それがついに成功する。しかし。というストーリー。

こんなに切ないMVを見たことがない。

長編小説を読んだかのような重厚感と、心が揺さぶられる感覚は、それまで見てきたMVで感じたことのないものだった。このストーリーが大好きで大好きで、やるせなく悲しい切なさの中に見える希望が胸をくすぐった。

この曲は、二重の意味合いがある曲だと思っていて、歌詞からイメージを膨らませるとMVのストーリーとは別の世界観も見えてくる。年の差のある相手に恋をした女の子が、早く追いつくから待っていてというメッセージ。彼を追い越すように大人になっていく女の子の歌のように感じた。そう考えると、益々この“時計”というキーワードが焦ったく、切なく作用する。

こんなに繊細に、直球すぎない可愛らしさで心境を歌う曲があったんだと感動したことを覚えている。「Good day」も、年上の先輩に想いが伝わらない焦ったさを歌っていて、この頃のあどけなさが残るIUだったからこそ活きた素晴らしい作品。

これは映画?と思うほど、壮大な映画をひとつ見たような驚きと悲壮感。ファンタジー的な魅力で完成されたエンターテイメントだった。エンドロールまでしっかり流れてすごいので、ぜひ見てほしい。

日本語版もMVがあるけど、韓国版をおすすめしたいです。YouTubeで検索すると、日本語解説付きのものもあります。

 

「Good day」を韓国でリリースした時が2010年で、IUはこの時おそらく17歳。

この曲をリリースする前「マシュマロ」という曲を歌っていた頃はさらに幼く、アイドルのイメージがもっと強かったのかなと思う。それからしばらく経って、2AMという男性グループのメンバーの一人、スロンさんとデュエットで「小言」(韓国語ではチャンソリと言う)というカップルソングを出した。

カップルソングというものが新鮮だったけど、実際にカップルという話ではなく、リアルなカップルの日常を、リアルなカップルのように歌う。歌の歌詞も、小言は言いたくないのよと伝えながら日頃の不満を可愛らしく伝える彼女と、なにを言われてもそんな彼女が可愛いとデレデレな彼の構図が最高に微笑ましい。

歌番組で短めのウエディングドレスを着てベールを頭に着けて二つ結びをしたIUが可愛くて可愛くて、しかも隣に並ぶのは超高身長でタキシードを着て蝶ネクタイのスロン。身長差がたまらずときめいた。

これもエンターテイメント。韓国の音楽エンターテイメントが面白いなと感じるのは、こういうところなのかもしれないなと思った。

 

4年前の2013年「Beautiful  Dancer」あたりから、IUの歌い方が変わってきたような印象があった。曲調も、それまでの勢いある管楽器の音がよく聴こえる音楽から、すぅっと耳に馴染んでいく曲のテイストへと変化していく予感を感じた。

力まず、そよ風が吹き抜けるようなささやく歌い方になり、声に息が多く入るウィスパーな感じに。パーンと突き抜けるような勢いやインパクトをつけるのは難しそうな歌い方と曲調だったけれど、耳を傾けたくなるIUの澄んだ美しい声と、いつの間にか耳に残っているメロディー。ドラマティックな転調。そしてやはりMVの魅力的なストーリー創りと映像美で心を掴まれる。

そう考えると、MVのクオリティーの高さや世界観とこだわりはNissyと通ずるものがあるのではと思う。いつかコラボなんてことがあったら、相性抜群なはず。

 

韓国で10代から“国民の妹”と呼ばれ、絶大な人気のあったIUが、

The red shoes」あたりから、当初のコンセプト“エンターテイメント”を保ちながら、大人の女性へと変貌していく間の魅せ方を掴んだように見えた。

あどけなさと可愛らしさで多くの人に愛され注目された彼女が、アーティストとして成長していきたいと望んだ時、周囲はどう動くのだろうかと思い心配している部分があった。大人になることを許されないままでは彼女は歌い続けていってはくれないのではと思ったし、子役と同じように、一度幼いうちに売れてインパクトがついてしまうとその後長く続けていくのは難しいことなのではと思ったからだった。

 

なんとなく懐かしい思い出として距離が開きはじめた私が、再びIUに引き戻されたのは2014年に載った「My old story」を見た時だった。

「Good day」の頃とは違う、でもあの頃から引き継いでいる魅力が成熟されて、アンニュイさという最強の魅力を手にしていた。この曲はどんなストーリーなんだろうと想像したくなる余白の多いMVと、ぽつりぽつりと語るようなIUの歌声が印象的だった。

シャンソンような、がなりとはまた印象の違う声の揺らぎのつけ方は、IUとしても音楽としても新鮮に感じた。

韓国ではよく聴くことがある感情的な涙声のようになる歌い方を、大げさではなく自然にドラマチックに取り入れられる貴重な技術をIUは持っていると、この曲のサビ前を聞いて感じた。

伏し目がちが似合う横顔。どこか懐かしく切ない空気。気だるげなのに品と清楚さもある。その中にほのかな色気が漂い、魅力的な女性へと変貌していた。

メイクも可愛く、日本よりも早くトレンドが入れ替わっているようで、リップの塗り方なども特徴的に流行を押さえている。歌だけでなく、そういった部分でも女性の心を掴むアーティストだなと感じた。

 

さらに今のIUのテーマや雰囲気が好きだと自分の中で決定打になったのは、

Through the Night

文学的で、レトロな風合い。そこに韓国の風が吹くことで、日本の昔ながらの文学とも違う独特の雰囲気が漂っているところに魅了された。

MVのイメージに連想される、四角が並んだ原稿用紙、花、畳、障子など。

韓国にある筆記用具や昔ながらの物には、日本との共通点もあり。日本で自分が生まれ育ったからこそ、共通点を感じたり、似ている部分を感じて楽しむことができるんだなと思うと、うれしくなった。

  

IUのMVのストーリー性や世界観に引きつけられ、ミュージカルとしての魅力に興味を待ってから月日が経ち、聴いている自分自身も成長したところで再び好みが重なり、IUの曲と出会えたことが嬉しい。

少女から女性へと変わっていくプロセスが、少しずつ楽曲に表れていくことの美しさを感じ、これからも見ていたいと思った。

関ジャムで蔦谷好位置さんが紹介された曲「25」の通り、これほど積み重ねて来てもまだ25歳の彼女が、これからどんなふうに、女性としてアーティストとして変化していくのか、同性としての憧れと共に見つめていきたい。

 


IU(아이유) _ YOU&I(너랑나) MV

 


[MV] IU(아이유) _ Through the Night(밤편지)