この声が君に届くだろうか「応答セヨ」

 

明るくて前向きで暖かいのに、泣きそうになるのはどうしてだろう。

嬉しすぎたりしあわせすぎると泣きたくなるあの感覚が、「応答セヨ」を聴くと蘇ってくる。 

  

11月15日にリリースされたシングル「応答セヨ」は、映画「泥棒役者」の主題歌。

丸山隆平さんが初主演の映画、そしてその映画の主題歌が関ジャニ∞という心嬉しいこの曲は、そのまま聴いても魅力的だけれど、「泥棒役者」を観た後に聴くことでさらに曲の印象が深まる。

映画のストーリーに寄り添う歌詞になっていて、直接的ではないけれど、不思議と主人公の大貫はじめへ向けたエールのように聴こえてくる。

西田監督は主題歌について、“悲しくて泣けるんじゃなくて、幸せすぎて泣ける歌”というテーマから、いくつかある曲の中からこの曲に決定したと話しをされていた。選ばれた曲に作詞をしたのはポルノグラフィティ新藤晴一さん。歌詞についても西田監督と新藤晴一さんの間で連絡を取り合っていたと知って、世界観をイメージしながら大切に丁寧につくられた曲なのだと感じた。

映画と曲がそれぞれ全く別に作られたものではなく、思い入れを持って繋がっていることが嬉しかった。

 

つまずいてばかりの僕を 君だけは笑わなかった 

という歌い出しで始まるこの曲は、過去も未来もひっくるめて連れて行ける力強さがある。

かっこよくスマートにこなすような理想のようにはいかないけれど、それでも諦めないことでたどり着ける先があると、先を歩く関ジャニ∞が語りかけてくれているような気持ちになった。

 

始めの歌詞がプロローグのように歌われた後で、丸山隆平さんのソロから歌は始まる。

歌声が、いつにも増して優しく聴こえて印象的だった。ウィスパーボイスのようなその声は、丸山さんが「泥棒役者」で演じる、大貫はじめとしての喋り方に近かった。

西田監督のラジオに出演した際に丸山さんは、映画のエンドロールで曲が流れるということを考えた時、役柄としての余韻のあるところに関ジャニ∞丸山隆平さんとしての声が聴こえてくることはいいことなのだろうかと考えたと話していた。

いつもの歌い方なら通る声にすることもできるのかなと思うけれど、少しささやくような空気多めの歌い方にすることで、「泥棒役者」の物語と関ジャニ∞の歌が溶け合うための架け橋になっていると感じた。

 

バンド曲として際立つギターの音などはもちろん、ストリングスの音色が大切な役割を果たしていると思った。

メインのバンドの音に集中していた視点を変えて、他の箇所にも注目してみると、歌い出しの部分とサビのところでバイオリンなどの音が後ろで支えていて、特にサビ前で一度引いて、サビにきたら一気にストリングスが加わるところは、盛り上がりがしっかりと演出されていた。

バンドはガシガシと明るいメロディーを弾く中、後ろに聴こえるストリングスの弾いているメロディーは切なげで、このバランスが曲に魅力を感じているポイントなのかもしれないと思った。

コード進行のメジャーとマイナーについて、はっきりとは分からないけど、「応答セヨ」は行ったり来たりするそのバランスが絶妙に繋ぎ合わされていると感じる。サビのなかにもその波がある気がしていて、もしかすると、ギターコードで言うセブンスの音が鍵になっているのかもしれない。明るい曲調なのに切ないというニュアンスが生まれる理由をもっと知りたくなった。

ベースの音にも注目すると、メロディーの中で目立つ音を走っているのがわかる。とても早いスピードで細かく弾いていて、常に忙しく指が動いていそうだった。

 

 

今だって 地上でもがいているんだよ 飽きもせず

という言葉と、渋谷すばるさんの声。 

“飽きもせず”という言葉に力を込めて歌う渋谷さんの声は、それだけで表情が思い浮かぶほど気持ちが溢れ出していた。綺麗に歌うこともできるはずなのに、叫ぶように歌ってくれたことが、本当に嬉しかった。

MVに映っていた渋谷すばるさんの表情は思い描いたままで、この言葉からこの表現をする渋谷すばるさんが好きなんだと強く思った。さらっと流さず、顔をくしゃくしゃにして歌う渋谷さんの姿は胸を打つほど真摯だった。

 

応答セヨ 流星

僕を信じてくれた遠い日の僕よ この声が届くかい 

夜空に向かって叫ぶように呼びかける“応答セヨ 流星”という言葉に、胸が熱くなる。

“応答セヨ”という言葉から感じられる暖かさや冒険心。届かないかもしれないその距離のことを思うと、途方もなさに切なくなる。CDジャケットのデザインにも使われているモールス信号のように、届くかどうかはわからないけれど届いてほしいという必死の願いがこの言葉にある気がした。

距離が遠く離れていても、相手に届いているかわからないとしても呼びかけるその声。そして呼びかけているのは過去の僕へのメッセージで、過去の自分が諦めず自分を生きてくれたから、今の自分がここにあると伝えているようなこの歌詞がすごく好きだ。

“僕を信じてくれた遠い日の僕よ この声が届くかい”と呼びかける言葉は、今を知らなかったあの頃の僕に伝えてあげたいという気持ちが全面に表れていて、時間軸を超えたその思いに心を揺さぶられた。

 

君が思うほどは まっすぐに歩いてこれなかったけど

いつかまた逢えたら 

大人になったら、こんなふうになって、あんなふうになって…と思い描いていた通りにならないこともある。この一行で、彼が歩んできた道のりが平坦なものではなかったことが伝わってきて、それでも前に進んできた今の彼が凛々しく見えた。

今回は渋谷さんのボーカルに丸山さんのハモりが入るところも多く、少年のひた向きさや無邪気さがイメージされる声の相性だと感じた。

 

ひたすら突っ走ってきたわけではなくて、後悔や灰色の景色も見てきたけれど、1番の歌詞にあるように“変わったろ あの日の僕と”と言えるくらいに、その道を歩いてきた今の自分に胸を張っていることが伝わってくる。

 

 

さあ 早く行かなくちゃ 約束という名の嘘になる前に

“約束”もそのままに時間が経ってしまえば“嘘”に変わってしまうのだと、はっとした。誰かとした約束も、自分とした約束も、守ってあげなければと思った。

 

見失いそうな時 いつも瞬いて僕を導いたよ 「追いついてみせろよ」 

揺るがない道標、星というテーマに心惹かれずにはいられない。

いつの間にか道標を勝手に見失った気になっていることがある。そこにあることを見えなくしているのは自分だったりする。だから、揺るぎないものだけを見つめて、“誰にも邪魔なんかさせたりしない”と強く言い切った彼の決意が眩しかった。

私は夢に対して、置いていかれるという恐怖心が常にある。今の自分が叶えることのできる願いなのかと自問しながら、いつかその自分の夢にさえ置いていかれてしまうのではと、形のない不安に飲まれそうになる。だからこそ、歌詞が深く心に刺さった。

「追いついてみせろよ」 

煽るような励まし方が最高だと思った。悔しいような、嬉しいような。泣き笑いしたくなる感情が溢れて、肯定よりも力の湧く言葉だった。

 

MVはバンドで向き合うように立っていて、ベースの丸山さんが中心で向かい合わせに渋谷さんが立つ景色が新鮮だった。曲としてもベースの音がよく聴こえて、丸山さんがセンターになった曲なんだなという実感が湧く。

そして歌っているメンバーの表情がとても印象的だった。

曲調は明るく疾走感があるけれど、爽やかに華麗にではなく、全力だった。がむしゃらで、何かに向かって必死に手を伸ばす情熱そのままに、歌も表情も演奏も真っ直ぐで、ひた向きだった。

 

「応答セヨ」の歌詞は、旅を終えた場所から振り返る過去ではなくて、頑張ってきてくれた過去の自分に感謝しながら、ここも中間地点で、まだ見ぬ世界があると歌っている。

先を行く自分が、ほらこんなにいいことあったぞ!ここまで来いよ!と過去の自分に胸張って呼びかけられるように、そのための今を積み重ねていくことができるといいなと思った。

映画「泥棒役者」の思い出と共に「応答セヨ」が記憶に残ることが嬉しい。きっと曲を聴くたびに、この時の空気を思い出すだろうなと思う。

 

甘い歌声に酔って「Street Blues」

 

ジャズ演奏のなか関ジャニ∞が歌うブルース。

ピアノの音色にウッドベース、控えめな指のスナップ音、安田さんの息を飲むほどに透き通る声が聴こえてくると、あまりにムーディーで大人な空気に飲まれてしまいそうだった。

 

「Street Blues」

メロディーがうっとりするほど綺麗で、安田章大さんの歌い出しから始まるこの曲は、ラブソングという言葉だけでは表せない情緒がある。ピッチに音をしっかり合わせていく歌い方というより、重心は後ろで絶妙な間を挟みながらのテンポ感。

関ジャニ∞のシングル「応答セヨ」通常盤にカップリングとして収録されているこの曲。

タイトルにブルースと入っているのを見た時から、これはしっとりと歌う関ジャニ∞を見られるのではと期待に胸膨らませていた。作詞はSHIKATAさん、作曲はSHIKATAさんとKAYさん、編曲はPeachさん。

スバラジから流れてきたこの曲を、初めて聴いた時の衝撃が忘れられない。

バーのカウンター席に座る姿が一瞬にして思い浮かぶ、そのムード。一人ずつ順に歌っていくパート分けはオムニバスドラマのようだった。「DO NA I」の時にすでに、こんな歌い方をする関ジャニ∞は聴いたことがないと、新たな発見に驚いたばかりだったのに、またも聴いたことのない関ジャニ∞の歌声。

 

甘いセリフと甘い吐息で君を酔わせて

呆れる程に俺だけを好きにさせてもいいよね? 

安田さんの、恐ろしいほどに甘くハスキーな声とファルセット。冬の夜の白い息みたいに、高音になればなるほど儚さを増す歌声。これに酔わされないなんて無理だと思う。

“呆れる程に”という言葉選びがとても好きで、そこでふわっと高音に裏返るところがすごく良い。優しく繊細に歌っていると思いきや、“いいよね?”の“よね”でグッと声が深まるところが、男らしさを意識させる。“て”の部分での声の揺らし方、かすれさせ方も絶妙で、真似しようと思っても出来るものではない。

安田さんは普段、高音のハモりをすることも多いことを考えると、もっとはっきりとした通る声で歌うことも可能なはずだけど、あえてこの声の出し方にしてきたところが本当にズルい。これまではハモラインとして活かしていたのかもしれない歌い方を、今回メインボーカルとして存分に聴くことができた、そんな感覚がした。

 

少しだけ時間(トキ)をくれないかい? 強がりを越えて

どうしてこの曲の甘い台詞はいやな感じがしないのか不思議に思う。見栄も張らずありのままで、心地いい空気感のなか聴こえてくる言葉はスッと心に溶ける。

時間がほしいと願う心情を表現するのに、こんなに甘く優しい問いかけがあるのかと思った。側にいてほしいでもなく、君の持っているその時間がほしいと考えるその感性、そして心をゆだねてほしいと語りかける穏やかさ。“強がり”なのは彼女だろうかと思ったけれど、2番の歌詞でも出てくることから、二人ともなのかもしれないと思う。

 

揺れる心も身も預けて

時計を外した 

 “時計を外した”という言葉だけで、こんなに情景を描くことができるのかと感動した。時計を外す仕草にドキッとする感覚を覚えたのはこの曲が初めてだった。

そしてここまでのフレーズをすべて安田さん一人で歌いきる、確かな存在感にも心を奪われる。

時間を気にしないでよ、という彼の願いと心の動きを、歌詞として説明や会話で表すのではなく、時計を外すという行動ことから想像できる描写が素晴らしかった。文字通り、時間を気にするのをやめるという意味合いと、見せずにいた心を開く意味合いがあると思った。時間というテーマの中で、“時計”を象徴的に用いるところも素敵だと思う。

安田さんが“時計を外した”と歌う、その“た”の音の息の抜き方が絶妙で、その余韻で誘われるように曲を最後まで導くストーリーテラーのよう。全体的な歌詞の音の流れが、詰めるところは詰めて一息に言って、余白が生まれるところでニュアンスを残すようになっていて、安田さんは特にその溜めが美しかった。“呆れる程に…”の部分は早く、“いいよね?”の部分はゆったりと、そのゆらぎに酔わされてしまうのだと思う。

 

好きにならせてもいいよね?ではなく、“好きにさせてもいいよね?”とたずねるところに、強引ではなく、その努力を俺にさせてくれないか?というニュアンスを含んだ感じがしていい。クエスチョンマークでの問いかけが、言い切ることはできない心細さを表しているようにも思えて、相手の様子をうかがう彼の性格が伝わる気がした。

直接的な表現ばかりでは引いてしまいそうになるけど、この曲でそうならないのは、文字通りだけではなく心についての比喩としても言葉が使われているからだった。

 

「甘いセリフと」のあたりは、一拍抜ける感じがワルツのステップみたいで、手を引きエスコートされて相手のペースに飲まれる感覚。錦戸さんのボーカルに合わせてコーラスに入るメンバーの声がふわりと重なるカーテンのようで。

安田さんの歌い出しに続くのは丸山隆平さんの歌声。ジェントルさで包み込んだ安田さんの歌声からロマンチックな丸山さんの歌声へと続くベストマッチすぎる流れに、止まることのないムード。ブルースとジャズの空気感を心行くまで味わうことのできる旋律に魅了される。

丸山さんのパートで出てくる、“不意に見せた横顔”はどんな表情だったのだろうと想像すると、その情景はさらに広がる。暗い表情をしていたのか、切ない表情なのか、それとも微笑んでいるのか。オムニバスドラマのように想像するなら、それぞれにヒロインのイメージは変わってくるかもしれないし、その時の表情も様々かもしれない。

2番に続く渋谷すばるさんは1番の安田さんと同じメロディーラインのパートを歌っていて、“俺の肩に”と“外した”の歌い方を安田さんと揃えているように聴こえた。

 

それぞれの主旋律を歌う声も素晴らしいけれど、この曲で感動したのはコーラスの美しさ。間奏で「Uu-Uu-Uu-」の後に「ah-」と、一人ずつボーカルが重なっていくところが本当に綺麗で、声を張らない息の多い声の出し方は独特の魅力があり、耳が癒される。

強調される楽器の音がない分、声がそのままに耳に届き、それぞれの声質がしっかりと聴き取れることも嬉しかった。

 

 

曲の終盤、“愛の魔法で”という歌詞を合図に、安田さんが再びメインボーカルへ。

ひとつ うなずいてくれないかい? 言葉を飲み込んで

揺れる心も身も預けて

瞳を合わせた

“ひとつ  うなずいてくれないかい?”という問いかけの威力が凄い。言い切られるよりも心に引っかかるそのテクニックをどこで覚えたのか。その後に続く“言葉を飲み込んで”という歌詞に、問いかけながら本当はなにも言わせたくない本心を感じてグッとくる。

そして最後に、これほどロマンチックな中での終わりに唇ではなく“瞳を合わせた”という歌詞がくるところが堪らなかった。二人は隣同士で座り、それまであまり目を見合わせたりはしていなかったのだろうか。やっと二人の目が合った瞬間の空気感さえ胸に押し寄せてくるようで、その繊細なニュアンスを歌声で表現した安田さんに最後まで魅せられた。

 

今の関ジャニ∞が歌うと最高なものを次々に目の当たりにしているけれど、「Street Blues」もまた、今の年代だからこそ持たせることのできる曲の深みを感じる。

肩の力を抜いた余裕と、大人の本気を見せつけられた気がした。

 

映画「泥棒役者」公開まで、あと5日。

 

映画「泥棒役者」が、今週の土曜日18日に公開。

完成披露試写会が行われて、雑誌のインタビューも多く載り始め、テレビの出演ラッシュも始まって。いよいよ「泥棒役者」ウィークに突入した実感があり、追いかけるのにてんやわんや。でもこうして楽しめることは貴重なことだなと思いながら、楽しさを噛みしめている。

 

映画館やDVDで好きな映画に出会う度、これをもっと早くから知っていたらと思うことが多々あった。そうすればキャンペーンや試写会など、楽しめるものがもっとあったのにと感じていたからだった。

映画というのは、公開日から始まるものではなく、もっと前の段階から色々なことが行われているのだと知って、驚きだった。それをなぜ乗り遅れることなく知っている人たちがいるのだろうと不思議に思っていたけど、原作のあるものなどは映像化の時点でニュースになること。好きな演者さんがいる場合、制作発表でその知らせを受けること。これを知って、なるほどと思った。

味園ユニバース」も「ばしゃうまさんとビッグマウス」も、公開当時には間に合わず、DVDになってから知った。なので今回、「泥棒役者」がスタートから目撃できる初めての経験だった。

 

監督である西田征史さんのことを知るきっかけが、4年前にあった。始まりは、知人にラーメンズを教えてもらい、その流れで小林賢太郎さんを知ったことから。

きっと好きだと思うよと、「Sweet7」「泥棒役者」「DROP」のDVDを借してくれた。言われた通り心を掴まれて、「Sweet7」で鮫島というパティシエの役を演じていた人が気になった。続けて「泥棒役者」を見ると、メイキングで脚本・演出として挨拶をしていたのが、その鮫島役の西田征史さんだった。

演者ではなく脚本家になっている!というのが最初の驚きだった。しかしその時は深く考えず、今回はそういうお仕事だったのかなと思いながら見ていた。

それから年月が経ち、元々は舞台だった作品がキャストをそのままに映画になると聞いて興味を持った「小野寺の弟・小野寺の姉」を、映画館へ観に行った。

エンドロールで、西田征史さんが監督の映画だということに気がつく。西田監督だったんですか…!と驚いた。直感で好きそうと思って観に行った映画が、こうして繋がるとは思っていなかった。

 

それからさらに月日が経ち、関ジャニ∞を知った。

ある日、ラジオ番組「レコメン!」を聴いていると、ゲストに西田征史さんがやってきた。なんとなく声に聞き覚えがあると感じながらも、そこでは記憶と繋がらず。

後日ウィンクアップに載った村上さんと丸山さんと西田征史さんの写真を見て、ああ!!と気がついて、ついにしっかり記憶が噛み合った。

そして、丸山隆平さんの舞台「BOB」で西田征史さんが脚本・演出だったことを知る。西田征史さんと丸山隆平さんのタッグをこの目で見たかった…!と強く思った。けれど再びお仕事をする機会というのは、そう簡単ではないよな…とも思っていた。

 

そんなある日、目に入ったのは「泥棒役者」映画化の知らせ。

すごく嬉しかった。「小野寺の弟・小野寺の姉」が大好きな映画になり、また西田征史さんの作品が映画になることがあったらいいなと思っていたら、まさかの「泥棒役者」が映画化。その喜びと同時に、あの豪邸のセットの中でひたすら巻き起こる勘違いを、映像としてどうつくるのだろうと思った。

 

制作発表から数日後、キャストが発表された。

丸山隆平さんが主演に決定!!

本当に…?!とまず疑ってしまうほど、信じられなかった。あまりにも理想が具現化されすぎていて。今日はエイプリルフールではないかと確認したけれど、4月4日ではなかったし、夢でもなかった。

西田征史さんの映画が観られる、しかも丸山隆平さんとのタッグで。一方的な無意識のうちでの関連性だけど、遠くにあって点とも思わなかったことが繋がって線になり、今の自分がこんなに嬉しい。こんなことが起こるのかと思った。様々な方向へ興味を持つことは無駄ではなかったなと実感した。

 

現実だとすると気になるのは、どの役を演じるの?ということだった。主役ってどれだ…絵本作家?えっきたろうさんの役!?と勝手に暴走していたら、丸山さんが演じるのは舞台で片桐仁さんが演じた元・泥棒役だと分かった。

しかしそこからさらに謎が深まる。元・泥棒役についてはあまりバックボーンが描かれていないからだった。それを映画で、元・泥棒役を中心に置いてどう進んでいくのだろうと益々気になった。

キャラがとても濃い絵本作家や、勝手し放題な訪問者たち。そんな人たちに振り回される元・泥棒を演じる丸山さんはどんなだろうと想像するだけでワクワクした。

 

小野寺の弟・小野寺の姉」の作品の雰囲気がとても好きだったからこそ、二作目となる「泥棒役者」はどんな雰囲気になるのだろうというソワソワもあった。全く違う作風という可能性もあるのかもしれない、前作の雰囲気が引き継がれているとは限らないと、思うようにしていた。

けれど、そんな思いはいらなかった。哀愁や切なさのなかに、穏やかさと信じていたいものへの軸が変わることなくあると感じられたからだった。

 

丸山隆平さんにとって初めての主演映画が「泥棒役者」であることも、西田征史さんの二作目の作品に丸山隆平さんが出演していることも、どちらの角度からも嬉しい。

それがこれから映画館のスクリーンで観られる。

公開期間が終わってしまっても、DVDとして形に残って、それが部屋にあって、いつでも観ることができる。こんなに素敵なプレゼントはない。

 

映画館で見る予告が好きで、どうしても「泥棒役者」の予告を大きなスクリーンで観たいと思い、流れてくれたらという期待も込めてタイミングを見計らい映画を観に行った。見ることができた。嬉しすぎて、にやにやが止まらなくて、本当に映画館で公開されるんだと実感が湧いた。

市村正親さん演じる最高にお茶目な絵本作家、ユースケサンタマリアさん演じる宣伝ベタなセールスマン、宮川大輔さん演じる強引な泥棒、石橋杏奈さん演じる熱心な編集者、高畑充希さん演じる暖かいはじめの彼女、美沙。そして丸山隆平さん演じる気弱な元・泥棒、大貫はじめ。

キャラクターだけでなく、舞台を映画化したおもしろさ、セットの使い方や撮影の仕方など、楽しめるポイントが多々ある。特に色彩は、壁紙や衣装など、ポスターの時点から目を引くインパクトがあり、映画の中でもそれを存分に楽しめる。

 

映画公開は今週末18日。

日舞台挨拶は抽選に外れてしまい、残念ながら参加できないけれど、嬉しいことに各映画館で中継があるとのことで、中継越しに丸山さんの勇姿を見ることができたらと思う。映画館でパンフレットを買って、エンドロールに流れる「応答セヨ」を聴いて、泥棒役者の空気感に浸った気持ちのまま映画館を出てきたい。

そして明日は、関ジャニ∞のシングル、映画「泥棒役者」の主題歌でもある「応答セヨ」のフラゲ日。歌詞カードを見ながら聴けるのが楽しみで仕方ない。