メロウな夏の刹那を。 s**t kingsがダンスで魅せた「太陽は罪な奴」

 

録画した音楽番組を見ていたら、あるパフォーマンスに胸を打たれてその先に進めなくなった。こんな経験したことない。

それは、ダンスグループ「s**t kingz」【シットキングス】が披露した、サザンオールスターズ太陽は罪な奴」のダンスカバーパフォーマンス

なんだろう…なんと言葉にすればいい?と聞いてしまいたくなるほどの感動。高揚感も切なさもすべて取り溢すことなく一音一音に当てられた振り付け。歌詞に合わせた表情の移り変わり。

たった数分のことなのに、2時間のミュージカルを観ているかのような充実感。

 

TBS「音楽の日 2019」で、ダンスを披露したs**t kingz

あらかじめ出演することは知っていたものの、どこで何のパフォーマンスをするのかわからないままに番組はスタートした。

鈴木雅之さんが歌う「め組のひと」でダンサーとして登場した、shojiさんとkazukiさん。テンションは一気に上がり、テレビに向かって前のめりになって見ていた。

音楽の日は2部構成で、「太陽は罪な奴」がパフォーマンスされたのは第2部。

 

ちょっともう…全世界の人に見てほしい

こんなこと自分が言わなくても、すでに有名で、凄いことは知られているのだけど、今回のこのパフォーマンスの感動を、どうにかして伝えたい。

歌番組で、ダンスのみのパフォーマンス。この時点で異例な驚きがある。しかも、披露するのはサザンオールスターズの楽曲「太陽は罪な奴

ご本人のいない状況で、 ダンスのみで表現してみせる。元からある振り付けでもなく、ダンスはオリジナル。その凄さが伝わってくるあまり、見ていて鳥肌がわっと腕にも足にも広がり「すごい…」と言葉が漏れていた。

 

一個一個の音が、完璧に掴まれている凄さ。

指の先から、足のかかとも背中も、置いて行かれる身体のパーツがない。持って行き忘れることなく、動きにミリ単位で乗っていく。衣装の揺れからくる時差さえも把握済みであるかのように、音楽に身体がノリ、それを心から楽しんでいる。

 

 Do you believe me?

とくる、桑田佳祐さんのメロウな歌い出しに合わせて、4人横並びで身体を斜に構えてスローに歩み寄る動き。その含みを持った表情。

ここでもう、サクサクサクッと心に矢が刺さった。いたずらっぽく笑うshojiさん、キケンな笑顔のkazukiさん、色男な微笑みのNOPPOさん、余裕の笑みのOguriさん。このワンカットで一気に世界観をつくってしまうs**t kingz。

とくに、古きよき洋画に漂うハンサムさを感じるNOPPOさんに釘づけになった。

 

曲のはじまりの緩やかさから、“向日葵のような”の歌詞でくるビートの刻み方は軽やかなステップで、見ているこちらの気持ちまでワクワクしてくる。

そして曲が進むにつれて、キレと早さだけではなく、“A love so tender?”で横ノリのリズムが入ってくるところに、ゆらぎの心地よさがある。

音で動きをとる所と、歌詞で動きを作る所。その選択の塩梅が素晴らしく、動きで歌詞のすべてを語ろうとはしないけど、ここは視覚的に見たいと思う動きはしっかりと組み込まれているセンスの良さ。“罪深き夏という”の歌詞に合わせて、口にするジェスチャーはもしかして、“罪”のワードに絡めたアダムとイヴのリンゴを表現したのではと思って、曲の解釈への遊び心にニヤついてしまう。

 

メロディー、リズム、歌詞、だけでなく、さらに桑田佳祐さんの歌い方も聴き込んでダンスを作られているのが伝わる動きがすごい。

終わりなき”のところで、桑田さんの声がフワンっと浮かび上がる調子に合わせて、shojiさんとNOPPOさんがふわりとスキップをする。ここがはしゃぎたくなるほど大好きで。踊る姿にこんなにもストーリーを感じることができるなんてと、今もまだ胸がドキドキしている。

 

前後や、2人2人のフォーメーションで繰り広げられていたダンスが、

高気圧はVenus達の交差点

のサビで、4人カメラに向かってのダンスになり、振りがバッと揃うところ。

胸に来すぎて、息が止まる。これを映画館で観ていたら感動でポップコーン全部こぼしてる。

つづく“愛欲にときめくStage” で両腕を振り下ろして、もうたまんないなという表情をするのが最高で、“Stage”の歌詞に合わせ腕も足も広々と伸ばして踊る姿はジャズダンスの美しさ。

 

kiss”に合わせて優しい投げキッスの動きをつけてくれるのは、王道を照れず恐がらない、ベタのかっこよさで、Nissyのパフォーマンスと繋がる好きなポイントを見つけられて嬉しかった。

全員を満遍なく見つめたいけど、どうにもNOPPOさんの演技に引き寄せられる。節目がちに足元に落とす視線、空を見上げる斜めの視線。一喜一憂がその表情から伝わり、歌詞のなかの主人公のキャラクターが浮かび上がるようで、NOPPOさんの演じる「太陽は罪な奴」がとにかく好きになった。

メロウな歌声をダンスで表現する。かっこよく、かわいく見せる動きは方程式がある程度存在すると思うけど、形容しがたいこの曲の雰囲気を、憂いを含んで懐かしく眺める、海辺のサンセットのような景色をダンスで魅せる凄さを目の当たりにした。

 

グルーヴィーさをしっかりと掴んで離さない、s**t kingzのダンス。

太陽は罪な奴」の披露時間をストップウォッチで計ったら、1分53秒ほどだった。2分に満たない時間の中で、これほどまでに心動かされるとは。

夏の刹那、サザンオールスターズの空気を完璧に表現しているパフォーマンスに、エモーショナルさの濃度が限界値を超えて胸が苦しい。

 

今気になるエンターテイナー「Miracle Vell Magic」

 

ディズニーが好き。英語が好き。エンターテイメントが好き!

その思いが溢れている女の子

Miracle Vell Magic”(ラクル ベル マジック

ハツラツとしたおしゃべりと、くるくる変わる表情。ファッションを楽しんでいるのが伝わるメイクやヘアスタイル。好き!と感じるものについて話す姿を見ていると、いつの間にか見ている自分の気持ちも明るくなる。

 

出会いは、いつだったのだろうか。

彼女が載せるYouTubeでの動画を気づけば楽しみに待つようになっていて、静かな部屋のなか、誰かのおしゃべりを聞きたくなった時、再生するのが日常になった。

YouTubeそのものを見るようになったのは、ディズニーシーなどのショーを見たいというきっかけからで、それから徐々に音楽に興味が湧いて、レーベルやアーティスト公式でMVがいち早くアップされるようになり、こまめにチェックをするようになっていた。

そうして辿り辿って繋がったのがMiracle Vell Magic、通称 ベルちゃんの動画。

 

誰か特定の人が話す動画を、それまで見ることがなくて、チャンネル登録というのも普段使わない機能だった。でもいまは、しっかり登録。

初めて吉祥寺に行った際に見ていた、駅ビルの「キラリノ」に貼られたポスターのあのキュートな女の子がベルちゃんだったということに、後になってから気がついた。

舞浜のイクスピアリなどでライブパフォーマンスをしていたこともあったり、イベントを開催していたりするようなのだけど、まだ自分はそのステージを見られていない。

 

ではなぜ、彼女に惹かれているのか。

声、だと思う。

存在が可愛い、ずっと見ていたい、その気持ちもあるのだけど、ベルちゃんの声が本当に魅力的。爽やかな風と太陽の明るさ。そして、鈴の音のようにころころと可愛らしくかけ巡る。

その声をずっと聞いていたくて、できるだけ長い動画を探して再生するくらいに、聞いていると落ち着く好きな声。

英語が好きで、しゃべれるようになりたいという一心で吸収している語学力は素晴らしく、徹底すればどこまでだっていけるという可能性を体現してくれているようにすら見える。完全ではないことをためらわない。まず、口にして、英語を使って、それを楽しむ。

 

好き!が力になっている部分ももちろんのこと、ベルちゃんは発音を掴むための耳がいいのだろうと感じる。

英語の発音が滑らかで、ニュアンスも丁寧。聴いていてワクワクする英語。その要素はきっと、ベルちゃん自身が好きなディズニーからの影響を多分に受けていると思う。

 

小学生の頃、私は「ディズニーチャンネル」がとても好きだった。

アニメーション「キム・ポッシブル」や、実写ドラマ「リジー&Lizzie」「シークレット・アイドル ハンナモンタナ」「スイート・ライフ」

「ハンナモンタナ」からは、アイドルにだって家族がいて日常があり、普通の女の子であることを学んだ。それぞれの作品に思い出が詰まっている。そんな中でも、決定的に射抜かれた作品は「ハイスクールミュージカル」だった。

これこの間も見たなと思うくらいの頻度で、ディズニーチャンネルを見続けて、それがきっかけで英語に関心を持つようになっていった。

ディズニーチャンネルから活動が始まって人気になる人たちのことを、ディズニーチャンネルスターズと呼ぶ。当時はヴァネッサ・ハジェンズが好きだった。その好みは今もきっと残っていて、日本の俳優さんやタレントさんでも、ディズニーチャンネルスターズの“要素”を感じる方を見つけると、自然と引き寄せられていく。

それでも、海の向こうの、遠い存在のはずだったディズニーチャンネルスターズ。

ベルちゃんを見た時、この方こそ!と思った。ディズニーへの憧れと、強いリスペクトを持ちつつ、自ら実現したいエンターテインメントのアイデアが頭の中にあって、これからもっともっと飛躍していくのだろうと。

 

ディズニーが好きという気持ちを話すだけでは、公式のお仕事をもらうことは難しいと思うけれど、好きを言い続けて、見せ続けたことで、ベルさんはディズニーチャンネルのドラマ「ディセンダント2」のスペシャルサポーターに就任し、劇中歌の日本語バージョンを歌うことが実現。

ディセンダント出演者へのインタビューまで叶えた。

好きなものが同じというシンパシーだけでなく、好きを仕事にすることへの道のりと努力も含めて、憧れ、尊敬している。

 

 

直接見たパフォーマンスではないけれど、イクスピアリで歌を披露した映像を見たことがある。

そこで歌っていたのは、リトルマーメイド「パートオブ・ユア・ワールド」

アリエルだった。あの瞬間、歌の思いに同化して声をのせるベルちゃんの歌声は「パートオブ・ユア・ワールド」の景色を目の前に映し出していた。

イクスピアリで、ディズニーのパークのすぐそばで歌えていることのすごさに、また感動してしまう。

 

思い描くエンターテイメントを、見える形にして届けたいと熱を注ぐ姿に、自分の中で思い起こす人がいる。

共に働くスタッフさんに、観に来てくれる観客に、頭の中の世界を伝えるというのは、たやすいことではないのだろうと思うからこそ、いつかその思いが形になるようにと願いたくなる。

Miracle Vell Magic として魅せるエンターテイメント。どんな世界が広がっていくのか、エールと共に、見つめていきたい。

 

理想のガラスペンをつくる

 

ガラスペンを、作る。

そんなことができるのだろうか?それも、自分の理想のデザイン、理想の書き心地のガラスペンを。

 

万年筆とインクに憧れて、東京の蔵前にある「インクスタンド」でオリジナルのインクを作ったのは2年前のこと。

万年筆はインクを替える際に手順が必要になるけど、ガラスペンは水で濯ぐとすぐにほかの色のインクをペン先につけることができる。扱いやすさも含めて、ガラスペンは次なる憧れになっていた。

文具店でガラスペンが並んでいるのを見かけると、この中だったらどれを選ぶかなと注目するようになって、でもなかなか、これ欲しい!と思うものは見つからない。

 

ある日、ネットで「ガラスペンで書くお手紙教室」というワークショップのお知らせを目にした。

そこには、“世界にひとつだけのオリジナルガラスペンを作ってお手紙を書こう”とあって、

まず、ガラスペンって作れるの?!という驚き。さらに完成したペンでお手紙を書く。宛名のないファンレターというブログ名からして、これ以上ないほどぴったりな企画だ!と思った。

しかも早めに予約をすると、希望のデザインを伝えてパーツを用意してくださるとのことで、参加をすぐに決めた。

 

今使用しているブログのアイコンも、ロゴも、名刺も。

タイトルからイメージを伝えて、ひとつずつ揃えてきた大切なもの。だから初めて持つガラスペンも、イメージは“宛名のないファンレター”で、アイコンになっているオレンジとイエローのカラーでお願いすることにした。

 

ワークショップ当日。

場所は吉祥寺の「ガラススタジオブリエ

慣れていない吉祥寺…細く入り組んだ道にさまよって、少し遅刻してしまう痛恨のアクシデント。それでも丁寧に迎え入れてくださり、ワークショップがスタートした。

「どちらになさいますか?」と聞かれた先には、いくつか並んだペンの持ち手部分。

アンバーにイエローのグラデーションが、後ろに向かって透き通ったガラスに変化していくデザイン。その先に、花が咲いたような、波のようにも見える加工がされている。すごく気に入って、これにしようと決めた。

ペン先との間にある丸の部分には気泡が入るデザインで、選べたペン先は真っ直ぐよりもねじりのある形を選択。

 

エプロンをして、炎の光から目を守るためサングラスをかける。普通にしていると目がダメージを受けるほど、炎は明るく光ることを初めて知った。

まずはガラスペンの作り方を、ガラス細工作家をされている、でんこさんから教わる。

超高温のバーナーを真ん中に配置した体制で、右手と左手どちらも動かしながら、溶かして丸めてくっつける。ガラスは高温になると発光するだけでなく、丸くなろうとする作用があると学んだ。

炎を相手に作業をするというだけでビビり倒してしまう自分が、本当に出来るのだろうかと戦々恐々としながら、まずはお手本をじっと見つめる。

失敗したらどうしようと恐くなるけど、ガラスは熱して溶かすとまたやり直しができる。そのことにちょっと安心した。先生に見守ってもらいながら、タイミングは声かけをしてもらえる。言われた通りにさえ動けたら、よほどの失敗はせずに作れるとわかった。

ワークショップではサポートをしてもらえるから、なんとか初めての自分にも出来たものの、ガラス細工は簡単じゃないということも実感した。

炎を使って、刻々と形を変えて溶けたり固まったりしていくガラスを相手に、理想の形を手作業で作る。焦ってもいけないし、のんびりしすぎてもいけない。その塩梅の難しさが、ガラス作品の美しさを生んでいるのだと思った。

 

ガラスペン作りの最後は、ペン先の太さと書き心地を好みに調整する。

ガラスペンといったら細い線でガリガリとした書き心地のイメージで、ここまで細かく調整できると思わなかった。

いつも使うボールペンをカバンに入れていたおかげで、好みの0.7の線に近づけていくようにしてヤスリをかけた。書き心地は肝心要だと、何度も微調整を繰り返し、こだわったおかげで理想形そのものの大満足なペン先が出来た。

 

そしてついに、ガラスペンが完成した。

 

f:id:one-time:20190708204304j:image

 

作業を始める前は、無理ですー…!と弱音を言いたい気持ちになったけど、優しくアドバイスを交えて教えてもらえて、緊張を和らげながら作業ができた。

 

f:id:one-time:20190708195747j:image

 

そしてここからは、お手紙のワークショップに。

yokoさんが、手紙を楽しむポイントやインクの話、切手の話をしてくれる。自分も郵便局好きだと自覚していたけど、知らなかったこともあって、これからはどの場所から手紙を出すのかにもこだわりたくなるなと思った。

ずらりと並んだインクの中から、気に入ったものを選んで、先ほど作ったばかりのガラスペンで手紙を書く時間。

自然と書きたい相手は思い浮かんだ。初めて手に持つガラスペンの感覚を確かめながら、一文字ずつおずおずと書く。

色彩雫」の月夜というスモーキーなブルーのインクで本文を書いた。インクが並んでいるのを見ると、あれもこれも試したくなる。ずっと気になっていた、夕焼けと名前のついたオレンジ色のインクは、多くインクの乗った部分の深みと薄付きになった部分の明るさにコントラストがあって、これはいいとお気に入りのインクになった。今度買うことにする。

 

 

雨降りの日だからか、室内の音と同じように外の音も静か。自然と集中できる空間だった。

お隣のお店から流れてきたBGMが米津玄師さんの「Lemon」で、今日は聴く曲聴く曲ぴったりきすぎているなと思いながら、ペン先をインクにつけて手紙を書く。

 

手紙を書き終えて、封をして、切手も貼って。あとはポストに投函するのみ。

ワークショップは、これでおしまい。

この場所にしっくり落ち着いてしまって、帰るのが名残惜しくなったけど、ありがとうございましたとお礼を伝えて、ガラススタジオブリエを後にした。

 

 

手紙をすぐにポストに投函したかったけれど、宛名が分からず、ワークショップ中に連絡してみた。

返事はここに居るうちには間に合わないかもと思いながら駅へ向かって、駅の前にポストを発見。あらためてスマホを確認したら、返事が!

すぐにその場でボールペンで宛名を書いて、ポストにコンッと入れた。

 

初めて行く場所、やったことのないガラス細工。ハードルが気にならなくなるくらい、興味が上回ったおかげで、新しいことに挑戦できた。

ガラスで出来たペン。不思議と背筋がしゃんとして、紡ぐ言葉も自信を持って丁寧に書ける。

このペンで手紙を書いたり、ファンレターも書きたい。大切に持ちながら、積極的に使っていこうと思う。

 

f:id:one-time:20190708200200j:image