「Can't take my eyes off you」−君の瞳に恋してる−

 

最も好きな洋楽と言えるほど、心を刺激される曲

「Can't take my eyes off you」

日本語版タイトルが「君の瞳に恋してる」なのも完璧。しっくりくる訳し方はこれ以外にない。メロディーもサビの盛り上がりも、歌詞もタイトルも、そのすべてが好きで仕方ない。

 

惹かれるのは、和訳がなくてもその英語から溢れて伝わる、切実な胸の内。

“Fall in love”では足りない“Into you”レベルのベタ惚れ感。洋楽ならではの、ベタ惚れさえ隠さないオープンさ。しかもその弱々しさが、むしろ一枚上手な余裕にさえ見えてかっこいい。

このニュアンスを関ジャニ∞が歌うと「イッツマイソウル」になるのかなと思う。そして今の関ジャニ∞なら「Street Blues」のイメージに近い。

 

ポピュラーで広く知られている曲だけど、シンプルで真っ直ぐだからこそ、実は訳すことが難しい曲なのではと感じている。

これまでいくつもの日本語訳がついてきた曲だけど、この曲の温度感をそのままで表すことは簡単ではない気がしていて、ただ英語の通りに和訳してしまうとニュアンスがわずかに違う感じがする。英語表現だからこその言葉選びがそこにあり、日本語のわびさびなどが英語に訳しずらいのと同じように、この曲の歌詞に出てくる言葉は日本語に言い換えることが難しいと思う。意味は伝えられても、意図が伝わりずらいような。

インパクトがあるけれど、曲は約3分でわりと短い。「Can't take my eyes off you」はシンプルなようで、思うよりもさらに奥深い曲だと感じた。

 

日本でよく聴くのは、ディスコ版のアレンジがされている1982年「ボーイズ・タウン・ギャング」 という方の女性ボーカル。

オリジナルは1967年で「フランキー・ヴァリ」という男性ボーカルで、「フォー・シーズンズ」という男性4人グループのなかのメンバー、フランキー・ヴァリがソロで出した曲だった。

ディスコ版もいいけれど、フランキー・ヴァリの歌う「Can't take my eyes off you」はしっとりと歌い上げていて、この曲はバラードとして歌われるとグッと深みを増している。曲を知ったきっかけは女性ボーカルだったけど、自分にとっての曲のイメージは男性ボーカルになった。

 

有名だからこそ、様々なアーティストのカバーで歌われ尽くしている印象もあって、アレンジが強めだったり個性が濃いものも多い。個人的には、明るくはっちゃけているアレンジよりも少しシリアスさのある空気感が好きだと思った。それぞれ好みなので、自分の聴きたいベストな「Can't take my eyes off you」を探すことも楽しみのひとつだと思う。

ディスコ版のアレンジでは、Little Gree Monsterの歌っていたニュアンスが自分にとっての理想に近かった。アルバム「Joyful Monster」通常盤に収録されている。

男性ボーカルでは、NHK少年倶楽部というジャニーズの番組で披露された、マリウス葉さん・ジェシーさん・カウアンさん・増田さんの4人で歌っていたパフォーマンスが素敵だった。ハーフの4人で、曲の世界観を照れなくしっかりと表現していて、歌声もぴったりだった。

歌番組で表示される日本語訳にも個性が様々あって、この曲が歌われる時はいつも注目して見る。

 

歯の浮くようなセリフもさらっと言われると成立してしまうマジック。

そして恋に浮かれる気分だけではなく、どこか切なげな哀愁がある。

You'd be like heaven to touch

At long last love has arrived 

“like heaven to touch”という表現で、天にさえ手が届きそうな、という言い回しを使うところも、“At long~”で“arrived”という【たどり着く】の過去形を使って、愛にたどり着いたと表すところも、英文の美しさに心を掴まれる。比喩表現は日本語にも様々あるけれど、英語だからこその例え方があり、その魅力に気づくと洋楽の歌詞カードを見るのも楽しくなる。

 

The sight of you leaves me weak 

 というフレーズからの流れで

But if feel like I feel 

に繋がる詞が、特に曲のなかで印象深い。

“feel like I feel”の表現が良い。もし、同じことを感じていたら…というニュアンスの描かれ方が繊細で、自信ありげな強気な感じというよりも、儚くて、そっと触れなければパリンと割れてしまいそうな氷のシャボン玉のようだと思う。

熱烈で確かな意思の中にふと垣間見える、弱さが絶妙だった。

 

“But if feel like I feel”に続く詞は、

Please let me know that is real

となっていて、この2行のフレーズ。ここが最高に素晴らしいと思う。

余裕あり気で紳士的な言い回しをするなら、Could you~などの言い方もあると思うけれど、ここで“Please”と願う切実さ。丁寧語でもないことから、心を打ち明けている心境を読み取れる気がする。

 

そして、

You're  just too good to be true

I can't take my eyes off you

と続くオチの美しさ。一編の小説を読んでいるかのような波と揺らぎがある。

歌い出しでも歌われる同じフレーズを、ここへきて乗せるメロディーを変えて、低音の下っていくメロディーで落ち着くムードに持っていくところは巧みな緩急だと感じた。

 

一度落ち着いたムードの後に、“I love you baby”でグッと引き上げられるサビがきて、恋の有頂天と急降下の紙一重で揺れ動く心情そのもののような曲の構成に、心奪われずにはいられない。

この曲の詞のなかで好きなのは

Trust in me when I say 

というフレーズで、特に“Trust”という言葉。【信頼】という意味のこの言葉は、ディズニーの映画「アラジン」でも“Trust me!”というセリフで使われていて、アラジンがためらうジャスミンに手を差し伸べながら言う言葉。この曲でもこの単語が登場して、僕の言葉を信じて、というような意味合いを持っているところにグッとくる。

 

 

何度も耳にして、すでに無意識のうちにイメージを持っているかもしれないヒットソングも、まだちゃんと一対一で出会っているわけではない。昨日出た新曲のように聴いてみると、自分で感じた全く新しいイメージを曲に持つことができて楽しいということを知った。

年代も国も境なく、心揺さぶられるものはあると音楽に触れるたびに思う。

 

今回、「Can't take my eyes off you」について知るために、オリジナル曲を歌っていたフランキー・ヴァリに繋がる「フォー・シーズンズ」を調べて、映画「ジャージー・ボーイズ」を観た。

ここぞというところで流れてくる「Can't take my eyes off you」は、待ってましたと言いたくなるほど待ち焦がれた、懐かしくも新しいあのメロディー。

聴けばたちまち胸がドキドキしてくる、この曲はそんな魅力に溢れている。

 

坂元裕二さん脚本ドラマ「anone」を心待ちにして

 

ドラマを見るのが好きで、日々の楽しみになっている。

今日は月曜日だからこのドラマ、今日は金曜日だからあのドラマと、時間の流れをドラマで感じる。

春・夏・秋・冬と4期に渡って、各放送局が制作するドラマ。3ヶ月に渡り見続けていると、最終回の頃には愛着が生まれ、もう来週は見られないのかと寂しくなる。

3ヶ月、という期間は意外と長い。あのドラマを見ていた頃にすごしていた時間はどんなだったと、ドラマの空気感と共に記憶していることも多い。このドラマを一週間のご褒美として、置かれている状況を乗り越えるんだと闘っていたことや、このドラマを見終えるたびに感想を送り合い楽しんでいたなということを、鮮明に思い出す。

 

ふと、自分の好きなドラマは何だろうと思い浮かべてみた。

リアルタイムで見ながら録画して、今だに大切にとってあるディスクは、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「カルテット」「問題のあるレストラン」「深夜食堂」などだった。

よく飽きないと自分でも思うくらいに何度も何度も見ているのは、初めに挙げた3つ。そろそろセリフを空で言える気がする。見事に坂元裕二さんの作品ばかりで、なんてわかりやすいんだろうと思った。

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「カルテット」「問題のあるレストラン」の3つは、坂元裕二さんの作品の中でも断トツに好きな作品。

ほかの作品も見ていて、「Woman」や「それでも生きてゆく」は深く深くに刺さる針のように心に残って、容易く好きなドラマだと言うことはできない。あれは、ドキュメンタリーだと思っている。

坂元裕二さんの脚本で日テレがドラマを制作する時の空気は独特だと思う。それが局からのオーダーによるものなのか、坂元裕二さんの書きたいと思うタイミングと重なるからなのかはわからないけれど、グワー…っと心に重りがのしかかるような感覚。後味は決してよくない。ならば見ないという選択もできるのだけど、目を背けるわけにはいかないという気持ちに駆られるのも事実。

 

水曜日から「anone」[あのね] という坂元裕二さん脚本のドラマが始まる。

日テレで、主演は広瀬すずさん。坂元裕二さんの作品に空気レベルで馴染み、多く出演する瑛太さんや、阿部サダヲさん、小林聡美さんの出演も決まっていて、とくに阿部サダヲさんと小林聡美さんはとても好きな役者さんで、坂元裕二さんの書くあの口語調の温度感をどう話すのか、楽しみで仕方ない。

「Mother」は幼い子供が直面する世界を描いていた。「Woman」は二人の子供を育てる母の姿が描かれていた。今回の「anone」では、少女が生きる術を探す姿が描かれる。

 

「Woman」でも、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でも、坂元裕二さんは貧困の存在をないものにしない。今回のドラマの主人公も、清掃のアルバイトをしながらネットカフェで暮らす19歳。

坂元裕二さんが主人公である彼女の生き方をどう描くのか、周囲にいる人々の行動はどのようなものなのか。そこに救いはあるのか。

きっと息をつくのも忘れてしまいそうなその時間を、3ヶ月間見つめていたい。

 

甘いお菓子に隠されたスパイス −関ジャニ∞「Sweet Parade」

 

ミステリアスなメロディーの後に聞こえてくる丸山隆平さんの声は、さながらストーリーテラーのようで。不思議な世界へと誘ってくれる。

 

昨年リリースされたシングル「応答セヨ」通常盤に収録されている「Sweet Parade」

個人的に、どんな些細なホラーにも全力で恐怖を感じる体質なために、曲のテーマを聞いた時はあまり繰り返し聴くことは無いかもしれないと思っていた。

しかし「Sweet Parade」は怖さや不思議な空気だけではない世界観の幅が歌詞によって表現されていて、ポップさと哲学的な思考がひとつの曲の中で溶け合うような、ハロウィンというテーマだけでは括れない魅力を持っている。

歌い出しにくる、かすれ気味の丸山さんの声は新鮮で、これまでの歌い方とも「応答セヨ」の歌い方とも違う印象を持った。世界観の強い曲は状況を理解して引き込まれるまでに流れが必要になるけれど、始まりのワンフレーズで曲の温度と空気感に一瞬にして包まれた。

 

そして渋谷すばるさんと錦戸亮さんのメインボーカルは「LIFE~目の前の向こうへ~」や「NOROSHI」の勇ましいイメージから一転して、「Sweet Parade」の二人の声は和やかで甘さのある声に。

「Sweet Parade」を聴いて初めに感じたのは、音程が難しいのではということだった。 特に渋谷さんが歌っているパートは、メロディーに沿って音が決まっているというよりも、独特の音回しになっていて、“知っていればいいさ”の音程や“散らばっていたんだ”の部分は、メロディーの流れ的には逆らうような音程になっている印象で、当たりの音を掴むのが難しそうだと思った。多分、カラオケで歌おうとすると探り探りで歌ってしまいたくなる音程のイメージ。

 

 

甘くて苦い人生に とびっきり甘いお菓子をちょうだい

ポップで、可愛くて、キラキラしているのに、このワンフレーズがとびきり切なくほろ苦い。

しあわせに満ちた世界観でも成立しそうなこの曲で、甘いだけじゃない苦さも知った上での視点を取り入れているところに心を掴まれた。甘いだけでも苦いだけでもなく、“甘くて苦い人生に”という言葉で表現するところがいい。そして、“とびっきり甘いお菓子をちょうだい”と続く歌詞。小さい子供が可愛くワガママを言うようなニュアンスにキュンときてしまう。

関ジャニ∞がこの歌詞を歌うというところにも、大きなときめき要素がある。

 

そして2番で登場する、

これは魔法も敵わない スペシャルな奇跡だね

“魔法も敵わない スペシャルな奇跡”という言葉に、とてつもなく引きつけられた。魔法を奇跡が上回って、しかもスペシャルな奇跡。なんてワクワクする言葉なんだと思った。

そしてその言葉を裏付けするように、

ファンタジーみたいだけど 夢じゃない世界が

見えなくても どこかに そっと隠されているさ

という歌詞が2番で続く。

確かにあるのか、何もないのか。知りたいことに限って目には見えない。 わけもなく期待を抱いてワクワクすることを小さな頃はできていたはずなのに、段々と薄れていく期待の持ち方を、再び思い出させてくれるような温かさがある。

きっとあるではなく、“どこかに そっと隠されている”という表現に、探さなければ見つからないという意味合いがあるように感じて、それがいい。

起こりえないと決めてかかるよりも、こんなことが起こるかもしれない、あんなことが起こるかもしれないと想像を膨らませていくほうが楽しいはずと、「Sweet Parade」を聴いていると思うことができる。

 

 

色とりどりのチョコレート 少し甘酸っぱいレモンのタルト

優しいバニラの香るシュークリーム

“色とりどりのチョコレート”のパートを歌うのは丸山隆平さん。“少し甘酸っぱいレモンのタルト”と歌うのは安田章大さん。“優しいバニラの香るシュークリーム”と歌うのは錦戸亮さん。 

ここの、ここのキュートさに胸打たれた人が全国どれだけいるかわからない。可愛い語感をこれでもかというほど盛り合わせて、ワクワクの止まらない感覚は、ホテルのスイーツバイキングに来たような。ケーキがちょこんといくつも乗っているお皿を両手で持っている時の感覚に近い。

 

甘さのなかに爽やかなハイトーンで通る丸山さんの声に、可愛らしさのニュアンスを込めたらピカイチな安田さんの声。そして、ここぞとばかりに発揮された錦戸さんのシュガーボイス。

3人ともがそれぞれの甘さでもって、立続けに歌われるこの歌詞が本当に素晴らしい。錦戸さんは短いパートの中でいくつも歌い方のニュアンスを分けていて、シュークリームというところを“クリーム”と流さないで、“い”を挟んで“くりーいむ”と発音していて、その“い”の音の跳ね上げ方と、“ム”の後ろに小さい“う”が付きそうなくらいにお砂糖たっぷりな歌い方をする。

ハスキーさを活かした歌い方で「Tokyoholic」や関ジャムセッションの「監獄ロック」を歌ったと思えば、安田さんとのユニット曲「アイスクリーム」や今回の「Sweet Parade」のように、おかあさんといっしょに出られるくらいの可愛さで歌うこともできる。錦戸さんの歌声の幅広さを感じた。

そう考えると、丸山さんは「パンぱんだ」安田さんは「Kicyu」錦戸さんは「アイスクリーム」で、それぞれに子供向けにもなるような代表曲を持っていると思った。

 

可愛らしければいいという訳ではなく、チョコレート、レモンのタルト、バニラの香るシュークリームと、このセレクトが完璧。マカロンやショートケーキでもハマることはハマるかもしれないけれど、フォルムそのものの可愛さだけでなく、苦み、酸っぱさ、甘さと、味覚をイメージしてもパターンがちゃんと別れていて、歌詞の世界観に合っている。

以前テレビで、お菓子の商品名を決める際の要点を社員さんが話していて、重要なのは3文字であることだと言っていた。オレオもビスコも3文字。頭に残り覚えやすく、可愛いとイメージを持つのは3文字という法則があるといった話だった。

チョコレートとタルトで“ト”の語感を重ねて、“レモン”も“タルト”も“バニラ”も3文字。これこそ、甘さと可愛さの黄金比なのかもしれない。

 

 

ポップで可愛い世界観の中に、“甘くて苦い人生に”という言葉があることで、生まれる奥深さがある。聴いていて楽しい曲としての一面と、考えて楽しい曲としての一面とが合わさって、何度も聴きたい一曲になった。

この曲がバンド曲として作られたことは意外だった。これまでバンドで演奏してきた曲とも違う曲の雰囲気は、基盤となるスタイルを積み重ねてきた今の関ジャニ∞だからこそ魅せることのできるスタイルなのかもしれない。

かっこいいバンド曲から、かわいいバンド曲までセットリストに入るようになったら、いよいよもう関ジャニ∞の魅力から離れられない。