憧れてきた黒の革靴

 

真っ黒な革靴。

マットな質感じゃなくて、ツヤっと光沢のある靴。

黒のスキニーと合わせて履いたら、きっと良い。

 

ずっと憧れで、だけど初めて買った革靴は、焦げ茶色のローファーだった。

HARUTAのローファーを普段着る服に合わせたっていいんじゃない?と思いついたら、それを試さずにはいられなくて、一足目はローファーになった。

ちょっとしたヒール部分が、焦げ茶、明るい茶、焦げ茶と三層になっていて、全体の色もヴィンテージっぽい濃淡の混ざり合った茶色なところを気に入って。

 

靴下が見えるから、ワンポイントで赤やカラシ色を取り入れるのが楽しくなった。

急いでいる時、すぽっと履けるのも便利で。

 

その後にも、一年に一足ずつの間隔で違うタイプの革靴を選んだ。

真っ黒な革靴を、これいいなと最初に思ったのはローファーを買ってすぐの頃で、次はこれかもなーなんて思いながらそっと置いた。

それが、5年前。

そろそろ買えるかもとお店に行った時にはもう、手に取ったあの革靴は無くて、バージョンチェンジしていた。ソールと本体を繋ぐステッチが、黒ではなく白になっていた。

これじゃないなー…。わりとショックで、ステッチひとつでこんなに印象が変わってしまうのかと、驚きでもあった。

 

真っ黒になるまで買わない、待つ。私は待つぞ。

そう決めて、ついに来たその日は5年後。自分のことだけど気の長さに驚く。

スーツに合わせたくなるような、メンズライクなシルエット。シンプルなデザインで、ツヤっとしていて、靴紐もステッチも何もかも黒。

これだ!と思ってからは買うまですぐ。

一度逃して、こんなにも待ったのだから、もう逃すのはいやだと決めた。

 

型は近くても、所々変わっていくのがHARUTAのデザインのようで、

新作かなと思ったこの靴も、ソールの色が茶に近かったのが、今回、黒により近くなったらしく。今で間違いなかったと嬉しくなった。

 

 

ローファーは、気づくと6年間履いていた。

まだ履こうと思えば履けたけど、新しいのを買うからには、黒の革靴と世代交代するつもりでいた。

中敷が指の跡になるほど大切に履いてきたローファー。

安田章大さんの舞台を観に、赤坂へと背伸びをしてやって来た日も、雨だったけれどこのローファーを履いていた。

 

修理も可能ですよ?と言っていただいたし、処分してくださいとお願いしておきながら、実際持って行かれる瞬間は寂しかった。

でも、持てる範囲で、限られた数のなかで大切にしていきたいと思うようになって、増やさないことにした。

 

 

スラックスみたいなパンツに合わせたら、とことんフォーマルに、格好良くなれる。

ワンピースと合わせたら、クラシカルな雰囲気になれる。

でも普段通りのコーディネートの中に、革靴を履くことでパキッとまとまる感じが一番好きだ。

 

ジャニーズのダンス衣装を見ていても、足元の革靴に目が行くようになった。

黒に白のワンポイントで、紐の革靴。ウイングチップのデザインをよく目にする気がしている。

ジャケットの下にベスト付きの、3ピーススーツに革靴で踊るジャズダンスは最高に格好良い。

 

そんなに憧れているなら、最初に買ったらいいのに。

タイミングがそのうちくると、すぐには手を伸ばさないのが良いか悪いかはよくわからない。

でもちゃんと手に入れた、理想のプレーントゥな黒の革靴。足に馴染むまで少し時間はかかるけど、大切に履くことにする。