3つの歌が繋ぐストーリー Nissy「OK?〜君に贈る24時間〜」

 

西島隆弘さんが監督をした、ミュージックショートフィルム「OK?〜君に贈る24時間〜」

映像としての魅力も勿論、まだまだやってみたいことがあるんだという気迫が熱として伝わる作品だった。

出し惜しみしない、その時の力の限りを使って、クオリティを保つ。全力でものを作り続けることは並大抵ではないはずなのに、それに向き合い挑み続ける西島隆弘さんの強い意思をあらためて感じた。

 

今回はミュージックショートフィルムになっていると聞いた時、台詞がついて断片的になるのかなというイメージをしていた。けれどそうではなく、今までの作品は1曲に1つのストーリーだったものが、今回は3曲が繋がって出来上がる1つのストーリーになっていた。

 

映像がはじまってすぐに、西島隆弘さんがシアターという空間で「OK?」を上映したかった理由がわかった。

青スーツを着たNissyが、ホテルの部屋に帰って来る。ハットを置いてジャケットを脱ぎ、ベットに寝転ぶ。

その一連の動きの音ひとつひとつ、シーツの擦れる音、時計を持った時のチェーンの僅かな音もすべて、映画館特有の音の繊細さではっきりと聞こえた。

耳に直に聞こえてくるようで、映画館で聞く紙の擦れる音や、靴の音を聞くのが好きな自分には堪らなかった。

CDと共に映像のDVDとしての発売は決まっているのに、こうして観に来ることの意味とはなんだろうと考えていた問いはすぐに消えた。

この音は、ここでしか聞けない。自宅でイヤホンをつけてもヘッドホンをつけても、ここまで細かく聞くことはできないと思った。

「どうしようか?」を初めて見た時の、あの手を置く音、革靴の音、そこに寸分違わずリンクしていく映像に感動した感覚が蘇って、今度はそれを大きなホールに響く音で全身で浴びることができる嬉しさがあった。

 

土砂降りの中のシーンから始まり、分からないけれどなんだか感じる胸騒ぎにドキドキしながら観ていると、Nissyの登場にほっとした。

それから視界に入ってくるタイの風景と、流れだす「17th Kiss」のメロディーに気分は高まり、旅をしているワクワク感を同じように観ながら感じることができる。

西島くんがバスから降りた時のワクワクはなんとも言えなくて、サングラスを自然に掛ける仕草も素敵だった。嬉しそうに写真を撮りながら歩く表情がすごく良くて、旅先でカメラを持って歩くってこんな感じで楽しかったなと旅をしている時の気分を思い出した。

タイの街を踊りながら歩いて行くNissyとボーイズたちの絵が格好よくて、実際に街にいるお店の人たちや旅行客の方々が興味津々な様子で後ろから見ているところが映っていて、突然始まるストリートパフォーマンスみたいで、そこでキレッキレのダンスを見せつけるNissyが最高に誇らしかった。言語なしで、ダンスだけで目が離せなくなる魅力があると知っているからこそ、離れた場所にいるNissyを見てもハラハラすることがなく、タイのみなさん見て見てと思っていた。

 “癖になる Flavor”という歌詞に合わせて、ダンスの振りで鼻の下を人差し指で擦る動きをするのが可愛くて、やんちゃっぽさが良かった。

 

Nissyボーイズたちの可愛さとコミカルさが今回も炸裂していて、みんなで浮き輪をつけてギュムギュムしながらチューの口ってどういうこと?絶対当たらない楽しさ?と思いながら、彼らの行動に謎は多いけど、それさえも可愛い。

「Never Stop」でも思ったけれど、車×Nissy×ボーイズの組み合わせは最高だと思う。

西島くんと女の子がチンピラに追いかけられているところに、突如現れるアロハシャツのNissyボーイズ…?らしき人物がまたふっと笑顔にさせてくれて、Nissyに指令を受けて来たのかなと思うとその関係性にもキュンときた。

 

西島くんと女の子が、スカーフのカーテンにふわっと逃げ込むシーンは本当に綺麗で、このシーンが忘れられない。

柔らかい布地に水色や赤いペイズリーの柄が光を集めてライトみたいだった。パンフレットで、これは現地に着いてから思いついたことだったと書いてあるのを読んで、どんな時もアイデアになるものを目で探しているんだなと感動した。

 

 

一曲目では二人の会話に字幕だけがつき、街の音とそこに流れている「17th Kiss」の音だけが聞こえている。どこかで印象的な鐘の音がチリンチリンと鳴っているのも聞こえる。

二人が言語の違いを意識する間も無く急速に距離が縮まっている様子を感じることができて、二人だけに集中して観ることで、二人の会話が沢山聞こえてくるようで。視線で交わされる会話は言葉よりも多いなと気がついた。

 

三曲目の「愛tears」でやっと声が聞こえる。西島くんの声は日本語、女の子の声はタイ語。最後の「OK?」だけがそのままの発音だった。

ここで女の子に日本語を話してもらったりはせず、基本としては日本語を話す西島くんとタイ語を話す女の子というシチュエーションを守ったことで切なさが増していた。

 

「恋す肌」で、グレーのシャツをお揃いで着ているところも、白でも黒でもなくグレーのシャツというところに絶妙なカップル感があって、物凄くグッときた。ほどよく生活感があって、お互いにリラックスしている空気が伝わるグレーのチョイスは素晴らしいなと思った。

二人で食事をしていて、タイ料理のスープを差し出され、いや僕は…とジェスチャーで拒もうとすると、ん?と強めの圧をかけてくる彼女に負けて、飲む西島くん。お?といけそうな顔をしたと思ったら、辛い!とむせて退出した西島くんが、戻ってきた時に彼女の隣に座ったところが良かった。ねえ!と表情で訴えかける様子が可愛くて、二人の関係性の変化も感じられた。

このシーン以外でも、彼女が時々するムッとした表情の時の可愛さはとんでもなかった。眉が動くだけで、表情がくるくると変わって可愛い彼女に釘づけだった。

野外のドリンクスペースのシーンで、二人でカウンターに入り働いていたところから、西島くんが自分でお水をカウンターに一度置いて、もらいまーすという感じで持って行くのを見守る彼女の図がキュートさ満点なカップルの空気感で、そのまま持って行かずに自分で頼む係と頼まれる係をする西島くんが子供みたいだった。

 

「恋す肌」で、浜辺でギターを弾くNissyにときめきが止まらず、スーツに楽器の相性は抜群だった。

これまでは西島くんの陰でこっそり行動することが多かったNissyが、ちょっといたずら心を解放して大人数の前でライブを始めちゃう感じが、ご主人の言うことを聞かなくなったジーニーみたいで。

そして彼女がNissyの横に並んでマイクが2本立っている様子が映った時の、私のテンションの上がりっぷりが半端ではなかった。これまでの作品も同様に、ヒロインとNissyが接触する瞬間にとてつもなくときめく。西島くんが主体でそれを助けるのがNissyだけど、見せることができずにいる本心が繋がった瞬間のように思えて、よりドキドキする。

彼女のダンスが上手で。ちゃんと役のまま、でもすごく楽しそうで素敵なシーンだった。

 

楽しい時間があればあるほど不穏な空気は拭きれず、お互いの悲しさを言葉にはしなくても共有している空気がそれを表していて、なんとか二人が一緒にいられたらいいのにと思わずにはいられなかった。

もともと泣くつもりで撮ったシーンではなく、彼女役のバイトイさんが泣いてしまいそうだと言ったことから演出が決まったという話を読んで、その感性で演じていく現場の空気がすごくいいなと思った。

涙が西島くんの頬をすっと伝う瞬間と、音楽が動く瞬間がしっかりと合っていて、全体の流れのなかほとんど音楽を完全に止めることはないのに、その時間枠のなかでタイミングを合わせることがすごいと思った。

 

「愛tears」のイントロを聴くと、一瞬にして異国の空気が流れて、見たことはないけれど知っているような感覚になる。

同じ要素を関ジャニ∞のユニット曲「ノスタルジア」からも感じたけど、洋楽などで聴いたことのあるテイストだなと感じて、この曲調はトロピカルハウスと呼ぶのだと、パンフレットを読んで知った。

 

 

どうなってしまうのか、どこで終わってしまうのかエンディングが想像できないまま、ラストシーンを迎えた。

初めて観た感想は、あまりにあのカップルが好きだったから、ハッピーエンドではないのか…という悲しみで行き場のない喪失感があった。

けれど西島隆弘さんはインタビューで、あの終わりをバッドエンドと話してはいなかった。私も何度か観ているうちに、そう感じる瞬間があるだろうか。

 

終わり方について、Nissyの表情についてなど、考えたくなる要素は沢山あって、その余白の自由さがNissyとしての作品に惹きつけられるポイントなのだなと思う。1から10まで説明を敷き詰めることはしないで、観た側が思いたいように思えるように出来ている。だからNissyとしてのこだわりや挑戦が沢山盛り込まれていたとしても押し付けがましくなく、楽しみたい方法で楽しむことができるのだなと感じた。

 

「17th Kiss」からストーリーのラストまで象徴的に繰り返し出てくる、問いかける “?” には紳士な色気がある。高圧的というより、弱気な気持ちがあるからこそ言い切れないどこか臆病な性格を感じるところに魅力があると思う。

これだけ仲良しのカップルを見ていて、キスシーンはいくつあったっけと思い返してみると、西島くんと彼女が実際にキスをするシーンはなく、あるのはハプニングとしてのほっぺにキスのみだったことに気がついて驚きだった。それが意外に思えるほど、距離が確実に近づいていることを見て取れる演出の仕方がすごいと思った。

そして今回の「OK?」にも、後ろからのハグのシーンがあった。これまでの作品でも度々あったシーンで、この行動がいつも印象に残っていた。

どうして後ろからのハグがこんなに切ないのか考えると、引き止めている気持ちの距離感かなと思う。背中を抱きしめているということは、どちらかはどちらかが見えていないという一方通行な視線が切ない。

 

今回、Nissyの「OK?」に出演した、タイで活動されているBAITOEI【バイトイ】さんが本当に可愛くて、自然な佇まいが素敵な方だった。スクリーンで観ながら、Nissyを目で追いたいけれどバイトイさんに惹かれて目が離せないという困った状態になったから、今度はしっかりとそれぞれに注目して観たい。

 

タイで撮影をした「OK?」を観たことで、タイに興味が湧いたことも今回の発見だった。海外に関心はあっても、イギリスやスウェーデンなどの方面ばかりでアジア圏にはほとんど関心がなかった。「OK?」を観て、こんな景色があるのかと驚きがあったり、その土地の空気感を感じられたことで、いつか実際に見てみたいと思えた。

 

Nissyのつくる世界はやっぱりサプライズに満ちていて楽しい。こんなにも音楽を楽しんでいて、挑戦していくNissyのことだから、いつか関ジャムに出演する日が来ると思っている。

初めはちょっと覗き見というつもりでいたYouTubeでの視聴から、思っていたよりも歩みを進めて来てしまったなという自覚がある。それでも、Nissyがこれからどんな世界を観せてくれるのかを、追いかけずにはいられない。