読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロックに挑む関ジャニ∞にワクワクが止まらない

 

明日、5月21日に行われるメトロックに関ジャニ∞が出演する。

Mステでのいきなりの発表となったこのサプライズに、ワクワクが止まらない。チケットは既にsold outになっている状況での発表というところにも痺れる。ファンが集うに集えないこの状況。

自分もチケットは持っていない。なぜかそれが余計に高まる。観られないことが嬉しいと感じることがあるなんて、初めての体験。未知の場所へと乗り込んでいく関ジャニ∞を見送ることができるのはこんなにも嬉しい。夏にはツアーが決まっていて、帰ってくる約束がある上で、行ってくるから待ってろと言われているような。挑みに行く背中の頼もしさ。

こういう挑戦はどんどん置いて行ってくれていい。行ってらっしゃーい!と大きく手を振る心持ち。

 

どうしてこんなにも頼もしいのか、それはここまでのバンド演奏への直向きな姿勢と、「関ジャム」で積み重ねたこれまでが確実に形になっているからだと思う。

ロックフェスという場がアウェイであることに違いはないけれど、彼らの誠実な音楽へのリスペクトは本物だ。

 

「LIFE~目の前の向こうへ~」をシングルで出した時、自分はまだ関ジャニ∞をしっかりとは知らなかったけど、楽器の演奏に挑戦するようになったんだと思いながら見ていた。ライブに興味を持ち、追いかけるようにして見たライブDVDでは「JUKE BOX」でバンドセクションをがっつりと組み、会場の空気を一変させる引力に驚いた。それからはライブでのバンド演奏が馴染んでいき、徐々にバンド曲も増えた。

関ジャニズム」では歌に徹していた「象」も、昨年からのツアー「エイターテインメント」ではバンドでの演奏になり、さらなるパワーアップを見せた。

そして最新のライブDVD「エイターテインメント」を見てあらためて、このラスト3曲の布陣を組むことができる今の関ジャニ∞なら大丈夫だと、この流れのままフェスが決まったことを不安もなくすんなりと受け入れられた。

関ジャムのセッションを毎週見ていても、どんどんとメンバーが音楽への知識や好奇心を増幅させて、成長していく姿を見せてもらっている。あの番組はドキュメンタリーだと思う。始まった当初、こんなに濃密なセッションを毎週見られるなんて信じられないとびっくりした。気づけば関ジャムは2015年5月から始まって、2年が経った。毎週のセッションの濃度は薄まるばかりか、どんどんとその色を濃くしている。濃すぎて、大体日曜の夜は番組が終わってからしばらく興奮がおさまらなくて大変だ。

 

1月までツアーが行われていたにも関わらず異例の速さでライブDVDが出たのも、様々な理由があるだろうけれど、今回のメトロックのことを考えるとナイスタイミングだなと本当に思う。バンドの関ジャニ∞を観て興味が湧いた人にはまず、「関ジャニ′s エイターテインメント」のラスト3曲をぜひ見て欲しい。

「Tokyoholic」「象」「NOROSHI」の畳み掛ける圧倒的なパフォーマンスを見てもらいたい。

最終日までの公演ではギターとドラムの即興セッションだったパートが、オーラスでギターにベースが加わり、それにドラムがのって。煽りの手拍子、ボーカルの声。ドーム全体が熱気に包まれた瞬間を映像で見てほしい。

そして「JUKE BOX」「関ジャニズム」と追っていくときっと楽しい。

アルバムを借りてみようと思う人には、OKAMOTO′Sから楽曲提供をしてもらった「勝手に仕上がれ」やサンボマスターからの楽曲提供の「振り向くわけにはいかないぜ」が収録されている、「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」をオススメしたい。初めて聴いた時、オープニングの意外性にグッときたことを鮮明に覚えている。

 

そして、6月28日には関ジャムからの影響を全面に受けたアルバム「ジャム」がリリースされる。

番組を見て感じることができた、音楽!楽しい!というシンプルな感情を、今度は関ジャニ∞から全面に受けとることができる。

全員が30代に入り、歳をとることを嫌がるでもなく面白がって、限界を決めず挑戦し続ける姿勢を目の前に見ていられることは何よりの希望であり勇気になっている。こんな大人になりたいと思える人がいることが嬉しい。

 

新しいことに挑戦し、荒波に揉まれに行く関ジャニ∞

ステージに立ち、どんな景色を見てくるのか、自分のことではないのにこんなにもドキドキできることが楽しい。

今の関ジャニ∞のありったけを思い切り爆発させてきてくれると信じて、その背中を見守っていたい。

 

メトロックで披露されたセットリスト

  1. HighSpirits
  2. ズッコケ男道
  3. 言ったじゃないか
  4. NOROSHI
  5. 宇宙に行ったライオン
  6. 侍唄
  7. Tokyoholic
  8. 勝手に仕上がれ
  9. LIFE~目の前の向こうへ~
詳しい情報は、関ジャニ∞のホームページで紹介されています。

www.infinity-r.jp