読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも望みがかなうとしたら、ミニシアターをつくりたい。

 
もしも、好きなように使える予算があって、何をしてもいいと言われたとしたら。
自分が支配人になって、理想をいっぱいにつめこんだ、小さな映画館がほしい。
 
支配人の力を駆使して、とにかく自分が好きな映画を上映スケジュールに組む。
これを映画館のスクリーンで見たかった、ちゃんとした音響設備で聴きたかった、という思いの丈を盛り込んだ、オリジナルの映画館。スクリーンはそんなに大きくなくてもいいけど、座席はレトロな赤いふかふかの席がいい。
 
メインで順番に上映するのは
味園ユニバース」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」「バッテリー」「ペネロピ」「キリマンジャロの雪」「かもめ食堂「めがね」「しあわせのパン」「8UPPERS」
 
上映前の音楽もきまぐれに選んで、それをレコードでかけられたらいい。いつも決まって夕方になると、ビリージョエルの「Honesty」をかけたい。
月に何度か、サックス奏者の方にロビーでの演奏を依頼する。
 
 
全体のイメージで言うと「ホノカアボーイ」のシアターがまさにそう。
シアターを出て、ロビーにはその日ごとのおやつがあって、マラサダもいいしポップコーンは欠かせない。片手で持てるサイズの、赤と白でストライプな縦長カップにポップコーンが入っていて、フレーバーポップコーンもある。ブラックペッパーとカレー味。ドリンクはジンジャーエールと、もはやコーヒー牛乳なミルクの多く入ったカフェラテがあって、夜はカクテルのダージリンクーラーをメニューにする。
 
ロビーの内装は壁の一つをベイビーブルーにして、窓のフレームは白に。パッチワークみたいに単色の布をつなぎ合わせたソファーも置きたい。
シアターへの入り口は赤いベロアの重たいカーテンで、金色のロープで両端に留める。
 
これを映画館で観たかった…と思うほどの映画を日常で見つけた時に、そんな映画館があったならとふと思う。後から気がつく映画の良さを、スクリーンで。公開期間に間に合わなかった後悔も、ここでなら取り戻せる。
 
 
こうやって書いていると、脳裏にずっと千鳥のノブさんの声が聞こえる気がするけど、たまにはわけもなく空想してみてもいいかなと思う。好きなものばかりなんて最高じゃないか。
 
自分でつくるミニシアターは空想のなかだけど、ずっと悔やんでいた「味園ユニバース」をスクリーンで観たかったという思いは、奇跡が起きて、本当に映画館で観ることができる可能性がでてきた。実現可能だなんて思いもしなかったけど、チケットを取ることができたなら、私の望みは一つかなうのかもしれない。
 
 
p.s.
「宛名のないファンレター」をいつも読みに来てくれる方、検索を通して読んでくれている方、ありがとうございます。
文章を書くばかりでお礼を伝えられないままでいたことが気がかりで、やっと言葉にできました。読者登録や星をつけてもらえることも、書き続ける力になっています。
どんな場所で、どんな人が読んでくれているのだろうと思いを巡らせながら書いています。
興味のあること、好きなこと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりな文章ですが、これからもよろしくお願いします。