読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関ジャムの縁を形に。アルバムタイトルは「ジャム」

 

先週の関ジャムで、次のアルバムタイトルとその詳細が発表された。

メンバー揃っての改まった発表。なんだろうと戦々恐々としていると、ドドーンと次から次に追いつかないほどのサプライズ。

 

次のアルバムタイトルは「ジャム」!!

「関ジャム 完全SHOW」からの影響をもろに受けた、“音楽”ぎっしりのアルバム。

関ジャムで関ジャニ∞が得たものと繋がった人との縁が、形になってアルバムになる。そんなことがあったらと想像したことはあっても、こんなに早く見られるとは思っていなかった。

番組に講師としてゲストに来ていた岡崎体育さん、蔦屋好位置さん、BEGINさん、いきものがかり水野良樹さん、ユニコーン、そしてまだ何かある…とそれはもう盛りだくさんで。

なぜこんなに嬉しいんだろうと考えると、アルバムを作るにあたり企画が立てられて、依頼があって、楽曲提供。という枠組みから一歩踏み込んだ、3年間積み重ねてきた番組での経験と、番組内だけで終わらず共演する方々やプロデューサーの方々に一緒に仕事をしたいと思われる関係性を築いてきたということをこうして知ることができる。番組で得たものを形にする、それが実現する凄さ。

番組での共演をして、そこからさらに縁を繋いだのは関ジャニ∞ひとりひとりが真摯に音楽と向き合ってきたからこその結果だと感じるからこそ、嬉しい。何も知らずに新曲を新曲として聴いていた時よりも、どんな人がどんな思いで、どんなふうにして曲が作られているのかを、番組を見てきて知った今の方がずっと濃く音楽を楽しめる気がしている。

 

そしてまずアルバムに入るシングル曲が好きで仕方ない曲ばかり。

ドラマの「サムライ先生」主題歌で、レキシの池ちゃんが作ってくれた「侍唄

夏のハイテンション男前ソングとして欠かすことができない「罪と夏

アニメの「モンスターハンターストーリーズ RIDE ON」主題歌「パノラマ

映画「土竜の唄 香港狂騒曲」主題歌「NOROSHI

映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」主題歌「なぐりガキBEAT

 

ここに関ジャムでの共演での繋がりで提供される曲が収録されて、

初回盤Aには新曲(1)のMVとユニット曲の片方( A )とドキュメント映像の「フトコロノカタチ」

初回盤Bには新曲(2)のMVとユニット曲のもう片方( B )と番組「関ジャニ∞クロニクル」とタッグを組んだ映像

通常盤はシングル曲とアルバム曲のみの収録で、ユニット曲を聴くにはAとBどちらも必要なよう。アルバム発売は6月28日。

 

同時期にスタートして続けてきた番組、「関ジャム」と「関ジャニ∞クロニクル」の要素が色濃いアルバムこそが「ジャム」

今明かされているのは一部で、交渉中とされている楽曲提供についてもユニット曲についても楽しみはまだまだある。アルバムを手に取って、歌詞カードのクレジットを見る時が本当のサプライズになるのではと思うくらい、アルバム「ジャム」の発売日が楽しみで仕方ない。