読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベタ惚れしたボーカル。SHISHAMO「明日も」

 

有線から聞こえてきた声に引きつけられて、誰の曲かわからない。何と言う曲名なのかもわからない。仕事中なので検索するわけにもいかない…という状況になったのは初めてで。

思うよりも早くその謎は解けた。曲を聞いた翌日、ミュージックステーションを見ていたら聞こえた声に、“あの声だ!”と一致した。

 

SHISHAMO「明日も」

名前を聞いたら、CMで使われていたこととメロディーを思い出した。それでもCMの時と曲の印象が違って聞こえたのは、いいなあと耳に残っていたフレーズがBメロだったからかもしれない。

キャッチーさのあるAメロからBメロに移った時の転調で、メジャーからマイナーに変わる魅力を初めて実感した。「お お お」のフレーズと共に音程が一音ずつ変わって行くところからチャラランとギターを鳴らすところ、息を合わせるようにドラムのテンポが変わるところが好きで、手拍子の音も入ってくることで、落ち込んでいく歌詞とは相反して盛り上がりが増幅して、ゾワゾワっと楽しくなる。

ダメだ もうダメだ 立ち上がれない

と落ち込みながらも、マイナーからメジャーへとまた立ち上がり、自らを鼓舞していく不屈の姿勢。

しかも、自分で自分に応援の言葉をかけるというより、「ヒーロー」という存在が歌詞に出てくることが嬉しくて衝撃だった。“あなた”でも“彼”でもなく「ヒーロー」と表すことが特別で新鮮だった。自分にとってのヒーローが誰であっても、なにであっても、それでいいじゃない!と肯定されたような爽やかさがあった。

 週末は私のヒーローに会いにいく

ライブ、スポーツ、映画。自分にとってのヒーロー全てに当てはまるわけで、著名人でもアイドルでも社会の先輩でも、憧れの存在があることでこんなにも力に変えていけるじゃないかと気付かせてもらった。

 

ボーカルの宮崎朝子さんの声は、リラックス感がありつつも前のめりな空気がゆらゆら波のように揺れ動いて耳に残る。騒がしくしてしまうと儚く消えいってしまいそうな繊細さがありながら、ひた向きさが伝わる魅力を持っていて、意識を向けて聴き入りたくなる声だと感じた。

 

「明日も」を聴いて最もインパクトがあったのは裏声への移り変わり方の可憐さだった。

スピーカーから広い空間に流れていても、耳に届くハイトーン。

そんな時にいつも

誰よりも早く立ち上がるヒーローに会いたくて

という歌詞はこの曲の中で最も好きなフレーズで、そしてここで2度出てくる裏声が美しい。ふわっと上がる音程が心地よくて、何度もそこを聴きたくなる。

歌詞もこの二行で、人が頑張っていける原動力というものを言い表しているように感じて、思い浮かべられる存在がいるというのは嬉しいことだと思った。

 

はつらつな応援ソングとも、一週間を描いている曲と括ってしまうのも勿体なくて、一度俯瞰して曲を通して聴いてみてほしい。

ギターとベースとドラムの3人体制なバンドだからこそ、立ち位置がトライアングルになっている視覚的な均等な美しさ。魅力的な声。寡黙に演奏に徹しているからこそ目立つベースとドラムの存在感。ベースの松岡彩さんとドラムの吉川美冴貴さんのボーイッシュさもたまらなくつぼで、とくにドラムの吉川さんの演奏とリズムの取り方が格好いい。SHISHAMOにがっつりハマったら、私は吉川さんから目が離せないと思う。

 

私はギターを弾けるわけではないけど、弾いてみたくなるフレーズというのがこの曲ではいくつも出てくる。特に、曲の終わりで出てくる繰り返しのギターフレーズがシンプルだけれど耳に残る。そこにべースが同じメロディーラインで重なって、さらに数週遅れでドラムも加わり音に厚みが増して高揚感をあおって、最後にバツッと終わる締め方。ほんとズルいなあと何も言えなくなるほど。

 

泣きにかかる曲ではないのになぜか泣けてくる曲というのが時々あって、「明日も」がそうだった。がむしゃらで、全力で走りながら何度も転んで擦りむいて、挫けているけど諦めていない。それが最高に格好いい。

痛いけど走った 苦しいけど走った

報われるかなんて 分からないけど

とりあえずまだ 僕は折れない

言葉は力強く、でも歌声が泣いていて、その声に心が動く。 「とりあえずまだ」と歌う言葉選びにも、“先は分からないけど今は。”という人間味のある感情が出ていて好きだなと思う。言葉以上のニュアンスが声色に溢れているから、シンプルな歌詞でも深みが伝わる。

 

こんなに惹かれる歌詞を書いたのは誰なんだろうと調べたら、ボーカルの宮崎朝子さん作詞・作曲だと記載されていた。衝撃。声だけでなくて詞まで好きなんて、ベタ惚れじゃないですか。今はひたすら「明日も」をリピートしているけれど、他の曲も聴いてみたくなった。

まずは2月22日に発売になったアルバム「SHISHAMO 4」に「明日も」が収録されていると知ったから、早々に手に入れたい。YouTubeの再生では足りない。

 


SHISHAMO「明日も」