読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曲の構成で想うエンターテイメント《前編》

関ジャニ∞

 

360°ステージとなると、どこからどんな風に登場するの?!

最も気になることだった。メインのステージが決まっていれば、バーンと出てくるだけで説得力と迫力があるけど、360°となると、どうするのか。

 

答えは、ドームアリーナ入り口からの堂々登場。

オープニング映像が流れて、客席のボルテージが上がりっぱなしなところに、暗転の沈黙が破られ、バッ!とスポットライトが当たった先に関ジャニ∞ 7人が横一列で揃い踏み。「NOROSHI」のイントロがかかり、「ウーハッ!!」からの二手に分かれて、子分を従え練り歩いて来る関ジャニ∞。怖い怖い怖い。

お出まし感がすごかった。威圧感、バリバリで。

 

この登場を選んだことで、今回のツアーのテーマがはっきり見えている気がした。

丸腰で、高い所からの登場でもジャンプアップでもなく。地に足つけて、正々堂々歩いてきた関ジャニ∞が最高にかっこよかった。

背中も見せる、逃げ場のない360°ステージに、同じ高さの場所からやって来る演出。まっさらで、体当たりで、取り繕わない。関ジャニ∞としての吸収力を見せつけられている気がした。

 

 

好きだ!と感じる演出はいくつもあって、「steal your love」で真っ直ぐステージから伸びる紫色のレーザーとか、2人が近づいた時のシーソーみたいに揺れ戻す手の振りとか、「王様クリニック」で白衣を来たお医者さん係と患者さん係のダンサーさんがつくところとか、「The light」の花道を2人で歩いて行く時に道の淵が青くグラデーションに光るところとか。

 

そしてまだ関ジャニ∞のライブ2年目の私は、今回のライブで∞レンジャーを初めて見られたことが嬉しかった。

∞レンジャーのテーマでめちゃめちゃロングブレスを披露するレッドを見られた感動。奔放がすぎるオレンジを温かく見つめられた嬉しさ。∞レンジャーは、後ろ姿がマスコット感はんぱではなくて好きだから、背中を向いていても全然無問題だった。ちゃんと“無限大”の歌詞でお尻をふるレンジャー可愛い。

ゾンビになったナスが瞬間的に消えるマジックで、白い布がヒューっと飛んでいったのはシンプルにびっくりした。

今回のレンジャーMVPは、レッドのキレ芸と切り替えの早さのテンポ感だと思う。

あとは、「俺が嘘をついたことがあるか?!」の問いに対する、グリーン、イエロー、ブルーが3人ぎゅっと並んでの、「いや、さっき さっき!」(両手で人差し指と親指立ててのジェスチャーポーズ付き)がMVP。棒読みで白々しく揃えた3人の声がいい。大阪で回を重ねるにつれて、お客さんもハマりだし、オーラスではついに2度目の被せあたりからドーム全体の団体芸みたいになっていて。流石の笑いへの学習力…と感動した。

 

丸山隆平さんと安田章大さんの2人で歌う、「The light」の青い衣装を見た時は、王子だ…と思った。高貴すぎて。

ゴテゴテし過ぎず、でも遠くから見ても映える衣装で素敵だった。ドームで聴くことで改めて、この曲へのイメージは丸山隆平さんがオレンジに照らす夕陽で、安田章大さんが青く澄みわたる空だなという印象が強くなった。その2つが、マジックアワーのように混ざり合っていく様子を見ているようで、ドームの空間がもっと広くなっていく感覚になった。安田さんの清々しいほどのびていく高音も、丸山さんの低音からサビで高音へもっていく声も魅力的。音程を1音ずつ上げていく安田さんの表情を見ているのが好きだった。

二人が並んでシンメトリーにする振り付けが綺麗で、外へ向けて片手をまっすぐ伸ばし、手のひらを開く振りが良かった。手をかざしてから、ふわっと円を描くように下ろす時の丸山さんの踊り方が好きで、指先一本一本まで神経を集中させて角度をつけていて。美しかった。

ライブ版での「The light」は曲後半の丸山さんの “far away” のハモりは無しだと思っていて、ダンスと歌のバランスで難しいのかもしれないと生で聴くことは諦めていたけど、最後のほう2公演あたりからそのコーラス部分を歌い出してくれて、すごく嬉しかった。それがDVDに入ることも嬉しかった。最後の最後まで、試行錯誤しながらのライブ作りなんだとその時改めて感じた。