読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西島隆弘さんソロ「Nissy」がたまらない。

 
出会いはYouTube
AAAの「Lil' Infinity」のMVがとても好きで、繰り返し見ているうち、
横に表示された “Nissy「どうしようか?」” の文字が気になり、見てみて「これは、好きだ」と確信した。
 
でも、AAAにもavexにも全く知識がなかった為、西島隆弘さんがAAAのメンバーであることは分かっていても、Nissyとしてのソロ活動をどんなふうにしているのか分からなかった。
しばらくの間、YouTubeで新作がでるのを心待ちにしていると、新しいMV「GIFT」を発見。音楽と、映像と、その二つが緻密に計算されて、無駄の一切ないMVに目から鱗だった。
音一つに合わせて手の動きがしっかりハマっていたり、歌詞に合わせて振り付けがそれっぽくなっていたり。音楽のためのMV、MVのための音楽だなと感動するほど、音楽と映像の息が合っていて素晴らしい。
西島隆弘さんが全体のプロデュースをし、西島さんがしたいこと、頭に思い描いていることを具現化していること考えると興味深く、それを西島さんが本当に楽しそうに作っているから、制作現場の楽しさがこちらにまで伝わってくる。
 
 
そろそろYouTubeだけではなくて、音楽をいつでも聴けるようにしたいな…と思い始めた頃、これまでの曲がアルバムになると知った。
 
「HOCUS POCUS」というタイトル。
これは欲しいと思い、慣れないながらも調べるとCDショップでは買えないと。mu-moでのネット販売限定だと分かり、種類がある中で予算と相談しながら、これまでのMV全て収録されているDVDつきのタイプにすることに。
だってディスクを一枚入れたらあの素晴らしいMVが次から次に流れるんですよ?!なんて素敵なんだ。宝物になる。と購入を決意。そうして、初めてのNissyアルバムを手に入れたのでした。
 
 
どの曲がいいか、どのMVが好きか、伝えたいことがありすぎて書ききれないけど…
大好きなMVを3つ、紹介したい。
 
1. 「GIFT」
まず、見てほしい!見たらわかる!というくらい、ときめき必須の王道ベタな良さが盛り込まれたMV。
冬の空気感と、彼女を待たせている待ち合わせの場所へ急ぐ彼の姿が可愛くてたまらないのです。
そして音とのリンクが素晴らしいと思うのも特にこの曲で、曲始まりの “パンッ” という音にあわせて現れるNissyが最高に格好いい。歌詞の “ねぇ もっと仕掛けてよ” の言葉に合わせて魔法にかかるような振り付けになっているところ、スノードームを嬉しそうに振りながら回るところ。そのどれもがセンスがいい…
 
 
2. 「Never Stop」
「GIFT」からまた打って変わり、夏の爽やかさいっぱいなMV。こちらはNissyとしてのキャラクターとダンサーさんのコミカルさがとても好き。コケたり、ドライブではしゃいだり、ノリの良さがすごく心地良くて、微笑ましく見てしまう。特に、“Hello Hello” に合わせてサングラスを掛けたNissyが「Hello」と入ってくるところと、お買い物シーンで指を差しながら横移動でついて行くところ、サングラスをピコピコずらして遊ぶところ。お茶目さ満天。
 
 
3. 「DANCE DANCE DANCE」
前の二曲とも曲調は全く違って、クラブソングっぽい。初めて見た時、そのカメラワークに驚いて、えっどうやって撮ってるの?どうなってるの?と引き込まれたくらいに独特。長回しのようにカメラを中心にして、踊りながら移動していくと、どんどん景色が変わっていく。
振り付けも楽しくて、やってみたくなるけどそう簡単には真似できない。Nissyのダンスは本当に繊細で難しいと見ていてわかるから、ダンサーさんがそれにしっかりと応えていることもすごいと思う。
“君を独り占めにしたい だけどしない” “なんで?なんで?” というやり取りが、ミュージカルっぽくて好き。
“君を独り占めに” の部分で、人差し指を立ててもう片方の手でそれを握りしめるようにするジェスチャーも含めて最高。
 
 
なぜこんなにも魅了されるのか。
Nissyとしてのコンセプトが、どうしようもなくドンピシャにツボなんだと思う。ハットにジャケット、細めのネクタイ革靴を身に纏い、紳士に踊る。しかも、かっこよく決めすぎない美学。Nissy作品に出てくる男の子はどこか抜けてて頼りなくて、ほどよい情けなさがあって。それがいい。海外ドラマのパッとしない冴えない男の子のキャラクターが好きな自分にはたまらない。
ストーリーがあって、想像する余白があって。どこか夢の中のような、暖かさがある世界観。
 
 
西島隆弘さんは、抜群のセンスと感覚と、絶対音感のようにどこにどの音がきたら耳に気持ち良いのかが感覚的に分かる才能を持っているんだなと思う。そしてそれを自在に操って、王道のメロディーで畳み掛けたと思ったら最後に音程をあえて抑えてきたりするから、かなわないな…とため息すら漏れるほど。
「SUGAR」はそれがわかりやすく出ていると感じて、“OH MY GOD たまらないな SUGAR” のところで “GOD” の部分ではあまりがなりを強くし過ぎず、“たまらないな” で思いきりがなる。そして、“SUGAR” の音程をずっと同じにしてきて、最後の最後にでてくる “SUGAR” で同じ音程でくるのかと思いきや、抑えた音程でフェードアウトのように曲が落ち着いて終わる。
それをされると、もう一度聴きたくなる。まんまとハマる中毒性。
 
NissyのMVはどれもミュージカル要素が散りばめられているから、ミュージカルが好きなひと、ショーが好きなひと。そして、加藤シゲアキさんのソロが好きだというひとにはしっくりくると思う。
今回挙げた3曲とも、YouTubeで見られるので、是非見てみてほしい。間違いなく、楽しいです。クオリティが、凄いです。