読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 Undress 」感想 《傘をもたない 蟻たちは》

「 Undress 」 内側と外側、当事者と傍観者、その曖昧で危うい境界線を思い知らされる小説だった。“ 自分は 今 どちら側に立たされているのか。優勢なのか劣勢なのか? ” ぐるぐると逆転する立場に読んでいる自分までもが翻弄される。 始まりはサラリーマン…