ドラマ感想

アンナチュラルとLemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だにあなたのことを夢にみる 感じる痛みと心細さが音になるとしたら、こういうメロディーになるのだろうかと感じたのが米津玄師さんの歌う「Lemon」だった。 ドラマ「アンナチュラル」にはこの歌しかなかったと思うほど…

失恋ショコラティエでバレンタインが楽しくなった

これまで今ひとつ、バレンタインというものへの向き合い方というか、楽しみ方がわからなかった。 無理に楽しまなくてはいけないイベントというのはそもそも無いと思うけど、バレンタインについてはまず関心がなかった。 ただ、冬の寒い季節にチョコレート、…

息をするように思うもの「anone」第5話

「問題のあるレストラン」では、パーカーちゃんとキラキラ女子と喪服ちゃんの3人で買い物の帰りに温かい飲み物を飲みながらシューベルトを聴いた、第6話。 「カルテット」では、すずめちゃんの今とこれまでが描かれた第3話。 1話1話が地続きで、全話通してひ…

坂元裕二さん脚本ドラマ「anone」を心待ちにして

ドラマを見るのが好きで、日々の楽しみになっている。 今日は月曜日だからこのドラマ、今日は金曜日だからあのドラマと、時間の流れをドラマで感じる。 春・夏・秋・冬と4期に渡って、各放送局が制作するドラマ。3ヶ月に渡り見続けていると、最終回の頃には…

みね子の目に映るひとたち「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」 毎朝、朝ごはんを食べながら見るのが楽しい。 集中力を切らさずに、こんなに好奇心を持って見続けられたのは久しぶりかもしれない。習慣になって見ているうち、気がついたらもう「ひよっこ」最終回まで2ヶ月を切った。 有村架純さん演じ…

カルテットに届けられた手紙

ドラマ「カルテット」全10話を見終えた。 気がつけばずっと、脚本の坂元裕二さんのドラマに惹かれ続けて、「それでも、生きていく」も「問題のあるレストラン」も「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」も見ていた。 「カルテット」は、他者と他者…

「カルテット」第3話 −印象に残った言葉 すずめちゃんについて−

「じゃあ…そうだね…ずっと一生、一緒にいてねって、約束しました。」 すずめちゃんが第3話で車の中、チェロとの出会いを真紀さんに話す。「じゃあ…そうだね…」と言うすずめちゃんの声が、耳に馴染んでリフレインするようで、しばらく忘れられなかった。感傷…

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を見て、私が思ったこと。

胸にささったドラマがある。 2015年に放送された、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 このドラマが、時間が経っても心に残ったままで、何度も何度も見ている。ドラマ全体の雰囲気が好きで、見ているとなんだかほっとする。 放送が始まる前、そ…