文学フリマの出店位置が決まりました!

11月24日に参加する「文学フリマ」 ブース位置が決まりました。 『ト-32』です。 入り口から左手、3本目の道を奥に、左手側にあります。 「大阪滞在記」のあらすじはこちら 大阪が好き。そんな思いから、大阪・中崎町という町で、十日間のひとり暮らしを決行…

リキュールをひそめた甘いボンボン - King&Prince「Moon Lover」

三日月の夜 窓を開けたら 片目を閉じて薬指で 満月になるように 優しく書き足せたら どこへでも駆けつける 君の元へ 月夜に用意された二人きりのパーティー。 かろやかに優雅にいざなうその歌声。King&Princeが歌うジャズの魅力に酔わされている。 心弾まず…

照明、演出の視点で感じた「忘れてもらえないの歌」

舞台「忘れてもらえないの歌」では、照明の効果に驚き、セット転換や美術のすごさにも驚いた。 ステージの両サイドにあるセットが、ルーレットのように回転することで、闇市のシーン、デパート屋上のシーンなどの場面展開をしていて、大きく移動させずにセッ…

舞台「忘れてもらえないの歌」生きるためJAZZを手にした彼らたち

これしかない!!その叫びで行動する人間の、マグマのようなエネルギーを。無我夢中とはどういうことなのかを、目の当たりにした舞台だった。 日常を襲いさらう戦争。爆撃によって何もかもが散り、さっきまでそこにあったものはもう無い。 生きなければいけ…

関ジャニー!エイトー!のその先が好きで。

手を繋ぐと、離す時のことを考えてしまう。 また繋ぐ?しばらくそのまま?なんとも言えない気まずさみたいなものが漂って、寂しい感じになるから、離すならいっそ繋がない方が自然なのではと思ったりして。 関ジャニ∞の「十五祭」ライブDVDのジャケット写真…

「十五祭」メイキングがすごくいい

あの幕の向こうでスタッフとして働きたい。裏方として働きたい。 そう思ったことのある人に、関ジャニ∞のライブDVD「十五祭」初回盤に収録されているメイキングを見てほしい。 ステージ作りやライブスタッフに関心がある人には貴重な参考資料になること間違…

傘のあいだに、二人の距離は - ジャニーズWEST「Parade!!」

雨の日、ちょっとお洒落をして出掛けるならこの曲が聴きたい。 ジャニーズWEST「Parade!!」 作詞:福岡良太さん 作曲:Takuya Haradaさん、Christofer Erixonさん、Josef Melinさん 舞台を観に行くために出掛けた日、外は小雨だった。 赤坂の劇場に行く時は…

“君住む街”に会いに行く − 関ジャニ∞「ひとつのうた」

優しく微笑む顔が目に浮かんで、淡く青い空に漂う雲のような歌。 関ジャニ∞「ひとつのうた」 作詞・作曲・編曲:大西省吾さん 収録されているのは、シングル「急☆上☆Show!!」 初回盤、通常盤共に収録されている。 2009年に行われたライブツアー「PUZZLE」は…

文庫本、作りました!

できた。できた。 中崎町で暮らした10日間を綴った「大阪滞在記」 文庫本を作るからには、カバーをちゃんと付けたかった。そのカバーのデザインは、きらきらふわんとした絵を描くあの方にお願いしたかった。 暑かった夏の日のクリームソーダ。 泡の浮かぶ空…

亮ちゃんが可愛いなんて知らない

関ジャニ∞を意識して見るようになって、一番の衝撃がこれだった。 錦戸亮さんが、亮ちゃん…? 唐揚げが好きで、カップ焼きそばも好きで、押せ押せでイジられると何も言い返せなくなってしまう可愛さがあるの…? 怖いと思っていた。シュッとしていて、無口な…

あおの景色の心地よさ。濱田英明さん 写真展「DISTANT DRUMS」

久しぶりに降ろしたワンピースには少しシワがついていて、だけど今日はこのワンピースを着て行きたかった。 濱田英明さん 写真展「DISTANT DRUMS」 2019.9.7-9.29 東京、学芸大学駅から徒歩の距離にある、BOOK AND SONSという建物が会場になっていた。 下車…

Nissyとニック・カーターがコラボした「Nothing's Gonna Change My Love For You」(変わらぬ想い)

バックストリートボーイズのニック・カーターとNissyがコラボをして、二人でこの曲を歌っていたなんて。 知らずにいたサプライズに、時をこえて今、うれしくて仕方ない。 「Nothing's Gonna Change My Love For You」 日本題で「変わらぬ想い」とタイトルの…

「夏の終りのハーモニー」哀愁の美しさと内にたぎる熱

セミの声が静まって、秋を知らせる鈴の音が聞こえはじめるころ。 丸山隆平さんと大倉忠義さんが歌う「夏の終りのハーモニー」は、懐かしさに包まれているような優しいメロディーだった。 9月15日放送の関ジャムセッション 「夏の終りのハーモニー」 作詞:井…

ここから私は

書かなくなる日がくるかもしれないと思いながら、書かなくなる日は来ないことをその度に実感する。 閉じることはできない。だってこれは私の夢で、文章を書き続けていくことは歩みを進めていくための必須事項だとわかるから。 関ジャニ∞の曲を聴いて、ライブ…

私には

つらい。たったひとつの存在が、関ジャニ∞という場所が、こんなふうに変化して、事実だけがどんどんどんどん進んで行って。 変わっていくものが恐い。私だって変わっていくのに。 ライブが楽しくて、楽しくて、次の日とっておいたお休みを丸一日使って文章を…

“全ての色を愛しく思う” 関ジャニ∞の漸進の証。「十五祭」東京ドーム公演オーラス

東京ドームの天井を見上げて舞う銀テープが綺麗で。綺麗で。 まさに祝いの一夜だった。 関ジャニ∞ライブツアー「十五祭」 9月3日、東京ドーム公演。ツアー最終日。 私にとっては初日であり最終日のライブ参加だった。待ち焦がれていたこの日。約2ヶ月間、あ…

Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」歌詞に溢れる可愛らしさと、ダンスに見える躍動感

セミは、カブトムシの次に、無理な虫のはずだった。 なのに今は、夏の終わり、まだ聞こえてくるセミの声にほっとして、その音が止まってしまう日を恐れている。 テレビ朝日の金曜ドラマ「セミオトコ」 山田涼介さんがセミ役?!という謎の宣伝からして、つい…

本を作ります。イベントに出店します。

じわじわと計画してきたお知らせがあります! 大きく分けて、2つ。 「大阪滞在記」を、本にします。 原稿から印刷会社への発注も自分で行うので、個人での製作です。 さらに、文学フリマというイベントに参加して、「大阪滞在記」の販売をします。 イベント…

映画「ダンスウィズミー」歌とダンスに彩られる快感 [ネタバレなし]

[ネタバレは無しで書いています] ミュージカルが大好きだ。 歌に心情が重なって、ダンスに思いが表れる。 日常を生きながら遠慮して、押さえ込んで、殻に殻を築き上げて“感情”のありかを見失う窮屈さの中にいる時、オンリーパッションで突き抜けて気持ちの…

爽やかな風と、眩しい太陽。「おいで、Sunshine!」

照らす日差しに波打ち際。 思わず目を細めるほどの太陽と、涼しさをつれてくる海のブルーが、もう来ないはずの夏休みを呼び起こしてくれる。 「おいで、Sunshine!」 HiHi Jets & 美 少年 作詞:高木誠司さん 作曲:Dr.Dalmatianさん ジャニーズJr.のなかで…

音楽文

rockinon.com(ロッキングオン ドットコム)が企画している文章の投稿サイト「音楽文」で、8月の月間賞に入賞しました。 「夢に気がついてしまった心のざわめき」というタイトルで書いた、関ジャニ∞の曲「今」についての記事での受賞になりました。 アルバム…

布博2019 くじらの背中ですごす夏休み

外は灼熱。でも行きたいイベントがある。 そうすると、暑さに滅法弱い自分の身体もなんとか動くんじゃないかという気がしてくる。 行きたかったのは、“布博”。 様々な布地のお店が集まるイベントで、手紙社が主催している。同時開催でブローチ市もあり、今回…

溢すことなく見つめたい - 関ジャニ∞「ツブサニコイ」

切実さをおおい隠さずに、ありったけの想いで花束にしたような曲だと思う。 関ジャニ∞「ツブサニコイ」 作詞:TAKESHIさん 作曲・編曲:Face 2 fAKEさん 「ツブサニコイ」を聴いて、あの頃すぐに思い浮かべたのは、渋谷すばるさんだった。リリース当時ではな…

小雨ふる、井の頭公園

「Rain」があまりに似合う日、吉祥寺へと降り立った。 吉祥寺。気になる街だけど、そう多くは訪れないのだろうとなんとなく思っている、不思議な距離感の街だった。 でも今回は、ガラスペンとお手紙のワークショップがあることをネットの情報から知って、場…

メロウな夏の刹那を。 s**t kingsがダンスで魅せた「太陽は罪な奴」

録画した音楽番組を見ていたら、あるパフォーマンスに胸を打たれてその先に進めなくなった。こんな経験したことない。 それは、ダンスグループ「s**t kingz」【シットキングス】が披露した、サザンオールスターズ「太陽は罪な奴」のダンスカバーパフォーマン…

今気になるエンターテイナー「Miracle Vell Magic」

ディズニーが好き。英語が好き。エンターテイメントが好き! その思いが溢れている女の子 “Miracle Vell Magic”(ミラクル ベル マジック) ハツラツとしたおしゃべりと、くるくる変わる表情。ファッションを楽しんでいるのが伝わるメイクやヘアスタイル。好…

理想のガラスペンをつくる

ガラスペンを、作る。 そんなことができるのだろうか?それも、自分の理想のデザイン、理想の書き心地のガラスペンを。 万年筆とインクに憧れて、東京の蔵前にある「インクスタンド」でオリジナルのインクを作ったのは2年前のこと。 万年筆はインクを替える…

大阪での10日間を見守ってくれた、あなたへ

去年の今頃、私は大阪にいた。 大阪滞在の最終日、スーツケースを梅田駅のコインロッカーに預けて、ルクアでお買い物をして、出てきたところでコインロッカーの場所が分からなくて。 どうにかこうにかスーツケースを見つけて、新大阪へ。新幹線に乗ったのは…

なにわ男子が歌う「We are 男の子!」

一か八か やってみるか ナミダが出ちゃうよ 男の子だってね! なにわ男子が歌うべくして…!と感動するほど、しっくりくるパフォーマンスだった。 このフレーズを耳にしてすぐに、漫画「アタックNo.1」だ!とひらめいて、“だって…涙が出ちゃう…女の子だもん”…

「アラジン」を字幕と吹き替えで観て、感じた印象の変化

まずは字幕で、2度目は吹き替えで観た。 この順番が自分的にはすごくしっくりきたので、もしも観に行くか、どの順番で観るかを迷っている方にはおすすめしたい。 最初に字幕を選んだのは、メナ・マスードさんの演じるアラジンと、ナオミ・スコットさんの演じ…