表情ひとつが語るもの - BUMP OF CHICKEN「真っ赤な空を見ただろうか」

読んでー…!と願いながらラジオにメッセージを送っていた頃。ラジオを聴くようになった始まりはFMからだったから、曲のリクエストを募っていることも多く、何度かリクエストを送った。 阿部サダヲさんと柴咲コウさんの「お・ま・え ローテンションガール」を…

マゼンダ、シアン、イエローの恋心 - CHAO「好きになってごめんなさい」

マゼンダ、シアン、イエローの3色に分かれた、3人の恋心。 YouTubeで目に入ったサムネイルの可愛さに、クッとスクロールする指が止まった。色味の引力とはすごいものだと感じた瞬間だった。 ゆりやんレトリィバァさん、ガンバレルーヤのよしこさん、まひるさ…

オープニング感に心湧き立つ、King & Prince「Sha-la-la ハジけるLove」そしてアルバムとしての楽しさ

日曜の朝、変身できる女の子たちのアニメの主題歌と言われたら、しっくりくるような爽快感。 キャラクターが一人ずつアップで映って横切るオープニングが脳内で再生できてしまうほどに。 King & Prince「Sha-la-la ハジけるLove」 作詞:MORISHINさん 作曲:…

娯楽だから変えられる世界。ハンブレッダーズ「ユースレスマシン」

時代遅れのガラクタで静寂をシャットアウト たった一枚のディスクで真夜中をフライト 小切手もノウハウも必要がない魔法 世界を変える娯楽を ハンブレッダーズ「ユースレスマシン」 作詞:ムツムロ アキラさん 作曲:ハンブレッダーズ メンバーは、ボーカル…

アンプみたいなヘッドホンを見つけて

1日だって出掛けずにいられなかったはずが、今や居ようと思えばいくらだって部屋でぐでんぐでんしていられるようになってしまった。 たまにはそんなこともあるだろうと思っていたけど、休日が何度巡ってきても出掛けもせずにいることに、ちょっとした危機感…

土曜の夜になれば聴こえてくる二人の会話「大倉くんと高橋くん」

5年が経った。気づかない間に。 ラジオが好きで、平日も休日だってラジオを聴くけど、土曜日の夜。23時30分が近づくといつも、radikoをスマホで立ち上げてニッポン放送をつけるのはもう当たり前のことだった。 この番組は耳元で会話を聞くように集中したいか…

ドラムが輝くスウィングなリズム - Official髭男dism「夕暮れ沿い」

一度だけだった 目があっただけだった こんなに愛しくなってしまうとは いきいきとしたドラムの音がとびきり楽しい。 ボーカルの藤原聡さんの声が柔らかくふわっと入って、並走するように、かろやかに奏でられるエレキギター。 間奏になって前にくるベース音…

近況

エッセイでもなく、文章としてかちっとさせるのとも違うトーンで書くのは難しすぎる…と四苦八苦しながら、近況報告をしたいと思います。 介護士さんへ向けた情報を掲載されている「キラっこノート」というサイトで、「休日を自宅で過ごす介護士さんにおすす…

オーケストラと歌声響くハーモニー「美女と野獣インコンサート」

アリーナがいっぱいになるほどの人数で、みんなで「美女と野獣」を観る機会は、そうないだろうと思った。 「美女と野獣インコンサート」 ディズニー音楽をオーケストラで演奏して、ボーカリストの方々が英語で歌う「ディズニーオンクラシック」を観に行くよ…

オールナイトニッポン0の奇跡。aikoさんと井口理さんの「カブトムシ」

ラジオでは時折、奇跡が起きる。 それは昨日。井口理さんとaikoさんで歌う「カブトムシ」が、それはもう、もう、素晴らしかった。 2月20日に放送された「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0」に、aikoさんがゲスト出演した。その放送がどうやらすごかっ…

二人だから選ぶ、進まない道。 -「‪いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう‬」第5話 感想

「井吹です。急で申し訳ないんだけど…君に会いたいんだ。」 井吹さんから音への電話、その言葉ではじまった第5話。 井吹さんからの気持ち。練が渡さなかったストーブ。3月のカレンダー。 「‪いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう‬」のなかで、いくつ…

憧れのチョコレート

手に入れるのには少し遠く、憧れのチョコレート屋さんがある。 「レ・トロワ・ショコラ」 ショコラティエの佐野恵美子さんが作るボンボンショコラもケーキも、とびきり美味しい。 味わうことができたのは、2年前。催事で日本に来ていることを知って、今しか…

「君と僕の6ヶ月」を歌う生田斗真さん、知ってしまった歌声

生田斗真さんの歌声を好きになってしまった。 一体どうしたらいいのだろう。 ジャニーズJr.をメインに、デビュー後のメンバーもゲストとして出演するNHK BSの歌番組「ザ・少年倶楽部」 20周年を迎えたこの番組のスペシャルゲストとして登場したのは、生田斗…

書きたいから、

余裕をなくした自分はこんなふうになるのかと知った。 一個のことを、これ頑張らねば。と思ったらもう、脳のストレージをいっぱいに使ってしまって、メールの返信を打つのに考える余裕すらなくて、大切に続けてきた文章まで書けていない。 書けてからブログ…

ゴスペラーズと関ジャニ∞で歌うハーモニー「星屑の街」

幼い頃、母が運転する車の中で聞こえてきたのはゴスペラーズの歌声。 「ミモザ」がよく流れていた。 時が経ち、自分で音楽を選び聴くようになって、その中でもどこかゴスペラーズは特別な位置にいて、Little Glee Monsterとのミュージックフェアでのコラボを…

涙声の美しいSexy Zoneが歌うバラード「名脇役」

Sexy Zoneは涙声が美しいグループだと思う。 Sexy Zoneの曲を聴いて、好きだ!と直感したのは「A MY GIRL FRIEND」「無邪気な時間は過ぎやすく」で、どちらの曲にも共通するのが“涙声”なのかもしれない。 悲しそうなのが伝わる、聴いているこちらまで痛みを…

りんごのコンポートがちょっと特別

アップルパイが苦手で、ごろっと入ったりんごもあまり喜べない。 食感は一つにつき一つが理想的。シャキシャキしてるならシャキシャキ。とろっとしてるならとろっと。だからサクッとふわっと!な謳い文句は嬉しく…ない。 温かい果物となるとなおのこと。冷え…

出来たこと

今年、2019年。 大阪には行かなかったな、行けなかった。 それなら私は、ここで出来ることをするんだと決めて、原稿を作って本を作った。文学フリマに出店した。 文学フリマで、完成した本を手渡すことができた方、通販で購入してくれた方、いろんな形で「大…

ふざけてる?お茶目?の境を攻める「木梨ファンク ザ ベスト」

「食わず嫌い王」を見ていた頃、タカさんが言ってることをころっと変えた時に木梨さんがする、“よおー!(手のひら返しのジェスチャー)”の流れが好きだった。 日テレの金曜23時に放送していた「未来想像堂」は好きな番組で、一時期そういった空気感の30分番…

弱気なヒーローとラジオの思い出。 - 井上ジョー「幻」

たまに悲しいふりをして見せたり だらしのない事ばかりしてみたり 甘い甘い思い出の中には ニヤリと笑う悪魔が隠れているんだ 片割れのような気持ちがここにあると思える曲が存在することは、どんな居場所よりも心強い。 陽でもない、黒い鉛筆でグルグルと渦…

ライブ前ってどうしてあんなに楽しいの

ライブに行く日は特別。それはライブが始まる前から。 ラメが目に入るからと普段は気乗りしないメイクもしっかり塗ったくって行くし、ドームの小さな座席下のスペースにも収まるようにと小さめのバッグか、うちわやグッズが入って自立するトート型のバッグを…

イベント出店までの、私なりのHow to メモ

イベントに出店することが初めて。文学フリマも初めて。という環境で、参加した「文学フリマ 東京」 遊びに行ったことのないイベントに、いきなり出店というすっ飛ばし方がなかなかのことだというのは、当日になってから自覚しました。 11日24日開催の文学フ…

乗れないはずのジェットコースターでも君となら - 関ジャニ∞「Faaaaall In Love」

サビは上がっていくもの、という概念をくつがえして、落ちてゆくサビ。 なのに高揚感が煽られる。 Falling, Rising, Falling... サビ後につづく英詞が、落ちて昇るジェットコースターそのものを表しつつ、せわしない心境を表しているようで、最後にくる“Fall…

作った本を手渡す日

前々日は緊張したけど、前日になればそんなこともなかった。 11月24日の日曜日。ついにやってきた「文学フリマ」 前日の夜は、ラジオ「大倉くんと高橋くん」を聴いて、気づけば眠りに落ちて、めずらしくしっかりと睡眠をとって挑むことができた。 朝早くから…

関ジャニ∞「友よ」と語りかける声が届けるもの

関ジャニ∞の新曲「友よ」 生田斗真さん主演の日本テレビ「俺の話は長い」のドラマ主題歌になっている。 作詞・作曲:GAKUさん 編曲:高慶“CO-K”卓史さん なぁ友よ 人生って最高だろう? だからやめられないんだろう 安田章大さんの声ではじまるこの歌は、熱…

「大阪滞在記」通販を本日開始します

文学フリマが無事終わり、息つく暇なくお知らせさせてください。 「大阪滞在記」通販での販売を決定いたしました。 本日、20時から、BOOTHというサイトでの販売です。 受付開始いたします atenanonai.booth.pm とても申し訳ないのですが、本の価格は梱包代と…

本日、文学フリマです

いきなり訂正なのですが、「宛名のないファンレター」ブース位置に訂正があります。入って左手、3本目の道までは合っていて、ブースは奥【右手】にございます。よろしくお願いします。

忘れたくないマイ・ブルー・ヘブン

「忘れてもらえないの歌」は、出演者さんが21名。 パンフレットを見て数えた限りの人数だけど、劇場の広さ、3時間を超える舞台でバンドやダンスシーンなどがあることも考えると、演者さんの数としては少ないように感じる。 ゆえにすごかったのが、それぞれの…

文学フリマの出店位置が決まりました!

11月24日に参加する「文学フリマ」 ブース位置が決まりました。 『ト-32』です。 入り口から左手、3本目の道を奥に、左手側にあります。 「大阪滞在記」のあらすじはこちら 大阪が好き。そんな思いから、大阪・中崎町という町で、十日間のひとり暮らしを決行…

リキュールをひそめた甘いボンボン - King&Prince「Moon Lover」

三日月の夜 窓を開けたら 片目を閉じて薬指で 満月になるように 優しく書き足せたら どこへでも駆けつける 君の元へ 月夜に用意された二人きりのパーティー。 かろやかに優雅にいざなうその歌声。King&Princeが歌うジャズの魅力に酔わされている。 心弾まず…