西田征史監督 ティーチインイベント「泥棒役者」

迷いに迷って、どうしても行きたくて行こうと決めた、映画「泥棒役者」西田監督のティーチイン。 ティーチインへの参加そのものが初めてで、客席から質問を募って答えてもらうことができると知ってから、どんな質問をしよう…と一生懸命考えて。イベント当日…

流れ星はゆめの色。漫画「モディリアーニにお願い」

キラキラとした星空の中、流れ星を見つけて手を伸ばす。 本を開くと、モノクロのページがカラーのように、鮮やかな景色を映し出してくれる。鮮烈な力を持つ漫画を見つけた。 「モディリアーニにお願い」相澤いくえさんの作品。 美術大学に通う男の子3人の物…

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

何年かぶりに六本木に行く機会ができて、予定までの時間どこかを散策するつもりでいたら、森美術館で開催されている「レアンドロ・エルリッヒ展」のポスターが目に止まった。 このポスターに意識が向いたのは、テレビのニュースで取り上げられているのを見て…

はちゃめちゃだから愛くるしい。映画「泥棒役者」の魅力【感想 ネタばれなし】

“君は、誰?” 「泥棒役者」のホームページを見た時から、この言葉の書かれた写真が印象に残っていた。なんだかドキッとするようなキャッチコピー。 足を洗ったはずだった元・泥棒は、かつての仲間に脅されて、とある豪邸に忍び込んだ。忍び込んだものの気乗…

この声が君に届くだろうか「応答セヨ」

明るくて前向きで暖かいのに、泣きそうになるのはどうしてだろう。 嬉しすぎたりしあわせすぎると泣きたくなるあの感覚が、「応答セヨ」を聴くと蘇ってくる。 11月15日にリリースされたシングル「応答セヨ」は、映画「泥棒役者」の主題歌。 丸山隆平さんが初…

甘い歌声に酔って「Street Blues」

ジャズ演奏のなか関ジャニ∞が歌うブルース。 ピアノの音色にウッドベース、控えめな指のスナップ音、安田さんの息を飲むほどに透き通る声が聴こえてくると、あまりにムーディーで大人な空気に飲まれてしまいそうだった。 「Street Blues」 メロディーがうっ…

映画「泥棒役者」公開まで、あと5日。

映画「泥棒役者」が、今週の土曜日18日に公開。 完成披露試写会が行われて、雑誌のインタビューも多く載り始め、テレビの出演ラッシュも始まって。いよいよ「泥棒役者」ウィークに突入した実感があり、追いかけるのにてんやわんや。でもこうして楽しめること…

“君のために生きようか” 「イッツマイソウル」

散々なくらい振り回されるのに、たった一つ、惚れた弱みですべてがちゃらになってしまう。 「イッツマイソウル」を歌う関ジャニ∞が好きだ。 関ジャニ∞のイメージとして、自分のなかで一番に思い浮かぶ曲は?と聞かれたら、「イッツマイソウル」と答えると思…

映画「泥棒役者」公開直前イベント

映画の公開日まで、あと15日。 応募してみないことには始まらない…と思い切って応募した、丸山隆平さん初主演の映画「泥棒役者」の公開直前イベントが、キャンセル繰り上げでまさかの当選になり、参加してくることができました。 明日!行けますよ!と言われ…

好きなデザインって何だろう? − ライブグッズ編

何が好きか。自分で感覚的にはわかっていて、好みを知っているつもりでも、ピンとくるデザインとピンとこないデザインの違いはわからない。 好みは人それぞれだから、こうだからこうと言えるような方程式はないけれど、今まで漠然と“なんか好き” “あまりピ…

歌詞から見つめるキャンジャニ∞「CANDY MY LOVE」の魅力

関ジャニ∞の妹分的グループとして突如現れた、“キャンジャニ∞” 瞬く間にファンの心を掴み、奇跡的にライブに登場したと思うと、タンバリンを持って歌って踊り、儚く泡のように消えて行った彼女たち。リリースされた「CANDY MY LOVE」は後世に語り継ぎたい名…

不恰好でボロボロで、それでも格好いい私のヒーロー「ER」

アップテンポで勢いのある曲調に、負けることのない強い意思のある歌詞が魅力。 映画「エイトレンジャー」の主題歌にもなった「ER」 「エイトレンジャー2」が公開された際には「ER2」が主題歌になっていて、二部作とも言える。MVも、音楽番組でのパフォーマ…

京都駅のはなし

広くて、天井を見上げると三角がいっぱいで、電車が入るホームはどこか外国みたいな雰囲気がして、わくわくした。見たことのない場所、見たことのない景色の中に私は居るんだと嬉しかった。 大阪、京都を初めて旅した2016年。一人きり降り立ったその駅は、な…

敬語が好き。

敬語は言語として美しいという話を、どう言い表したら伝えられるだろう。 基本的に、普段は会話をする時もメールなどのやり取りをする時も、よほどのことがない限りは敬語をベースにして話す。 友達同士になってもそのままでいることは多い。敬語じゃなくて…

今ここにない、時を思って「ノスタルジア」

懐かしくて切なくなって、なんかちょっと泣きそうで。 「ノスタルジア」を聴くと、小学生の頃に過ごした時間を思い出す。 丸山隆平さん、安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さんの4人で組まれたユニット曲「ノスタルジア」 イントロのメロディーはどこか異…

紹介していただきました。

看護師さんへ向けた「ナースときどき女子」というサイトの「エンタメ好きのナースにオススメ★芸術性あふれる演劇の世界が垣間見える記事特集」というページで、「宛名のないファンレター」を紹介していただきました。 今年の6月に観劇したグローブ座での舞台…

『語感』と「関ジャニ∞」の方程式

丸山隆平さんをテレビで見ていて、時折飛び出す英語の発音が綺麗だと思った。 錦戸亮さんが英会話伝言ゲームのコーナーに出ているのを見ていて、リスニングと発音の思考が真っ直ぐ繋がっていると思った。 日本語も面白いけど、英語も面白い。関ジャニ∞のなか…

どんな色が好き?

オレンジが好き。 アイドルなどのグループにある、それぞれのメンバーカラー。グループごとに自分が気になるメンバーを選んでいったら、どんな傾向があるのか。メンバーカラーと個性の相関性はあるのか。なんとなくあえて意識しないでいたようなところもあ…

レキシって面白い

学校の教科で苦手なのは社会と歴史。 教科書に書かれている情報を授業の時間だけ読んで、テストに出る範囲に絞って効率よく覚えて、どんどんと進めるという流れの中では興味を持つ隙が無かった。 どうして、そうなったのか。経緯や背景を知りたいのに、とに…

「なんで同じライブを何度も見に行くの?」と聞かれて答えるなら

好きなものがあると聞かれたことがある質問かもしれない。 理由はある。けれどいつもちゃんと言葉にできなくて、相手が納得するような答えをその場で出せたことはない。だから今一度、考えてみることにした。 ジャニーズなのか、他の舞台なのかによって状況…

【後編】沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」

今回のライブは衣装が揃いの色という印象で、それが意外だった。 これまではどちらかというと、「TAKOYAKI in my hart」みたいにそれぞれメンバーカラーで、原色に近いというイメージだったけれど、今回は「JAM LADY」から全員ピンクかパープルの衣装。「ノ…

沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」前編

1月の京セラドーム。 ダブルアンコールで村上信五さんが切り出した、「発表があります」という言葉。 「DVDが春に発売します!」 「アルバムが初夏に出ます!」 「5大ドームツアーを夏にやります!」 終わってしまう寂しさで心細くなっていた時に聞いた、ま…

傾いたポストをそっと立て直すような。 映画「パターソン」

雑誌を読んでいて、ふと気になった映画のページ。 「パターソン」というタイトルの映画で、主人公であろう男性のなんとも言えぬ表情の写真に惹きつけられて、記事を読んだ。あらすじを読んでみると、バスの運転手をしながら恋人と暮らし、毎日詩を書いている…

これから出会えるあなたを思う。-関ジャニ∞「奇跡の人」

ひょっとしてもう側に居て 気づいていないだけの 君に会いたい たった一行の歌詞でこんなに心を掴まれたことはない。 人と出会うことについて、思い描いては胸に抱くその期待と待ち遠しさを、完璧に言い表している言葉だと思った。 9月6日にリリースされた…

その瞬間、起きていることを楽しむ強さ。-関ジャニ∞のメトロック映像を見て

楽しそうだった。見渡す限り一面、あれほどの大観衆を目の前にして、本当に楽しそうだった。 9月6日発売の関ジャニ∞シングル「奇跡の人」 そのシングルの期間限定盤に収録されている、メトロックの映像。 メトロックへの関ジャニ∞の出演が発表され、あの日…

3つの歌が繋ぐストーリー Nissy「OK?〜君に贈る24時間〜」

西島隆弘さんが監督をした、ミュージックショートフィルム「OK?〜君に贈る24時間〜」 映像としての魅力も勿論、まだまだやってみたいことがあるんだという気迫が熱として伝わる作品だった。 出し惜しみしない、その時の力の限りを使って、クオリティを保つ…

2017年に「ばしゃ馬さんとビッグマウス」を映画館で観た。

今年、「味園ユニバース」を映画館で観て、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」を映画館で観た。 「ばしゃ馬さんとビッグマウス」は、2013年に公開された作品。公開期間をとうに過ぎて、映画館で再び上映される。そんなことが一年のうちに二度もかなうとは思って…

Nissy Entertainment「OK?」

Nissyが監督をした、ミュージックショートフィルム「OK?〜君に贈る24時間〜」の上映イベントに行ってきた。 何段階にも渡ってNissyの世界観に浸ることができる最高の時間だった。パソコンでもケータイの画面でもなく、大きなスクリーンで。シアターの音で…

万年筆と浅草

浴衣を着たいと思いながら何年も経っていた。ここは思い切らなければいつまでも着ないだろうと予定を決めて、浴衣を着て蔵前と浅草へ行くことにした。 浅草に行くことを決めてから、常々行きたいと思っていた蔵前は浅草駅の一つ前だということを知った。 蔵…

もし、グッズ会議で本気のプレゼンをするとしたら

いつか考えてみたかった、グッズについてのアイデア。もし自分が企画書を提出するとしたら、ということを本気で考えてみることにした。 イラストなどにしてしまうと著作権が本人についてしまい、仮にでも使用できなくなると聞いたので、ならば言葉だけで表…