不恰好でボロボロで、それでも格好いい私のヒーロー「ER」

アップテンポで勢いのある曲調に、負けることのない強い意思のある歌詞が魅力。 映画「エイトレンジャー」の主題歌にもなった「ER」 「エイトレンジャー2」が公開された際には「ER2」が主題歌になっていて、二部作とも言える。MVも、音楽番組でのパフォーマ…

京都駅のはなし

広くて、天井を見上げると三角がいっぱいで、電車が入るホームはどこか外国みたいな雰囲気がして、わくわくした。見たことのない場所、見たことのない景色の中に私は居るんだと嬉しかった。 大阪、京都を初めて旅した2016年。一人きり降り立ったその駅は、な…

敬語が好き。

敬語は言語として美しいという話を、どう言い表したら伝えられるだろう。 基本的に、普段は会話をする時もメールなどのやり取りをする時も、よほどのことがない限りは敬語をベースにして話す。 友達同士になってもそのままでいることは多い。敬語じゃなくて…

今ここにない、時を思って「ノスタルジア」

懐かしくて切なくなって、なんかちょっと泣きそうで。 「ノスタルジア」を聴くと、小学生の頃に過ごした時間を思い出す。 丸山隆平さん、安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さんの4人で組まれたユニット曲「ノスタルジア」 イントロのメロディーはどこか異…

紹介していただきました。

看護師さんへ向けた「ナースときどき女子」というサイトの「エンタメ好きのナースにオススメ★芸術性あふれる演劇の世界が垣間見える記事特集」というページで、「宛名のないファンレター」を紹介していただきました。 今年の6月に観劇したグローブ座での舞台…

『語感』と「関ジャニ∞」の方程式

丸山隆平さんをテレビで見ていて、時折飛び出す英語の発音が綺麗だと思った。 錦戸亮さんが英会話伝言ゲームのコーナーに出ているのを見ていて、リスニングと発音の思考が真っ直ぐ繋がっていると思った。 日本語も面白いけど、英語も面白い。関ジャニ∞のなか…

どんな色が好き?

オレンジが好き。 アイドルなどのグループにある、それぞれのメンバーカラー。グループごとに自分が気になるメンバーを選んでいったら、どんな傾向があるのか。メンバーカラーと個性の相関性はあるのか。なんとなくあえて意識しないでいたようなところもあ…

レキシって面白い

学校の教科で苦手なのは社会と歴史。 教科書に書かれている情報を授業の時間だけ読んで、テストに出る範囲に絞って効率よく覚えて、どんどんと進めるという流れの中では興味を持つ隙が無かった。 どうして、そうなったのか。経緯や背景を知りたいのに、とに…

「なんで同じライブを何度も見に行くの?」と聞かれて答えるなら

好きなものがあると聞かれたことがある質問かもしれない。 理由はある。けれどいつもちゃんと言葉にできなくて、相手が納得するような答えをその場で出せたことはない。だから今一度、考えてみることにした。 ジャニーズなのか、他の舞台なのかによって状況…

【後編】沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」

今回のライブは衣装が揃いの色という印象で、それが意外だった。 これまではどちらかというと、「TAKOYAKI in my hart」みたいにそれぞれメンバーカラーで、原色に近いというイメージだったけれど、今回は「JAM LADY」から全員ピンクかパープルの衣装。「ノ…

沸き起こる手拍子、上がる歓声。-関ジャニ's エイターテインメント「ジャム」前編

1月の京セラドーム。 ダブルアンコールで村上信五さんが切り出した、「発表があります」という言葉。 「DVDが春に発売します!」 「アルバムが初夏に出ます!」 「5大ドームツアーを夏にやります!」 終わってしまう寂しさで心細くなっていた時に聞いた、ま…

傾いたポストをそっと立て直すような。 映画「パターソン」

雑誌を読んでいて、ふと気になった映画のページ。 「パターソン」というタイトルの映画で、主人公であろう男性のなんとも言えぬ表情の写真に惹きつけられて、記事を読んだ。あらすじを読んでみると、バスの運転手をしながら恋人と暮らし、毎日詩を書いている…

これから出会えるあなたを思う。-関ジャニ∞「奇跡の人」

ひょっとしてもう側に居て 気づいていないだけの 君に会いたい たった一行の歌詞でこんなに心を掴まれたことはない。 人と出会うことについて、思い描いては胸に抱くその期待と待ち遠しさを、完璧に言い表している言葉だと思った。 9月6日にリリースされた…

その瞬間、起きていることを楽しむ強さ。-関ジャニ∞のメトロック映像を見て

楽しそうだった。見渡す限り一面、あれほどの大観衆を目の前にして、本当に楽しそうだった。 9月6日発売の関ジャニ∞シングル「奇跡の人」 そのシングルの期間限定盤に収録されている、メトロックの映像。 メトロックへの関ジャニ∞の出演が発表され、あの日…

3つの歌が繋ぐストーリー Nissy「OK?〜君に贈る24時間〜」

西島隆弘さんが監督をした、ミュージックショートフィルム「OK?〜君に贈る24時間〜」 映像としての魅力も勿論、まだまだやってみたいことがあるんだという気迫が熱として伝わる作品だった。 出し惜しみしない、その時の力の限りを使って、クオリティを保つ…

2017年に「ばしゃ馬さんとビッグマウス」を映画館で観た。

今年、「味園ユニバース」を映画館で観て、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」を映画館で観た。 「ばしゃ馬さんとビッグマウス」は、2013年に公開された作品。公開期間をとうに過ぎて、映画館で再び上映される。そんなことが一年のうちに二度もかなうとは思って…

Nissy Entertainment「OK?」

Nissyが監督をした、ミュージックショートフィルム「OK?〜君に贈る24時間〜」の上映イベントに行ってきた。 何段階にも渡ってNissyの世界観に浸ることができる最高の時間だった。パソコンでもケータイの画面でもなく、大きなスクリーンで。シアターの音で…

万年筆と浅草

浴衣を着たいと思いながら何年も経っていた。ここは思い切らなければいつまでも着ないだろうと予定を決めて、浴衣を着て蔵前と浅草へ行くことにした。 浅草に行くことを決めてから、常々行きたいと思っていた蔵前は浅草駅の一つ前だということを知った。 蔵…

もし、グッズ会議で本気のプレゼンをするとしたら

いつか考えてみたかった、グッズについてのアイデア。もし自分が企画書を提出するとしたら、ということを本気で考えてみることにした。 イラストなどにしてしまうと著作権が本人についてしまい、仮にでも使用できなくなると聞いたので、ならば言葉だけで表…

みね子の目に映るひとたち「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」 毎朝、朝ごはんを食べながら見るのが楽しい。 集中力を切らさずに、こんなに好奇心を持って見続けられたのは久しぶりかもしれない。習慣になって見ているうち、気がついたらもう「ひよっこ」最終回まで2ヶ月を切った。 有村架純さん演じ…

「僕」と「君」が好きな理由

曲を聴いていて好きになる歌詞は登場人物の一人称が“僕”で、相手を表す呼び方は“君”になっていることが多い。 最近は増えたような気もするこの一人称と呼び方が好きなのはなぜだろう。 歌われる時のパターンとして、 男性アーティストが男性心理を歌う場合の…

減らしていった先に残る美学 「Answer」

曲の始まり、キーボードの音が鳴った。村上信五さんを思い浮かべた。 さらに聞こえるトランペットの音に、あっ、横山裕さんだと思った。 そこに重なるようにハーモニカの音が聞こえて、渋谷すばるさんだと確信した。 楽器の音だけで、誰かを思い浮かべる感覚…

私にとっての音楽は

朝起きるとまず、イヤホンを耳につける。 聴く曲をセットリストの中から選択して、再生。それがいつもの日課。朝ごはんの用意をして、食べる直前になってようやくイヤホンを外す。一人でいる時の音楽のノリ方は、とても他の人には見せられない。完全なるソロ…

感受性ごと虜に。Nissy「SUGAR」

ひらめきこそ inspiration 夢中になるものができた今「SUGAR」を聴いたら、新たな一面を見つけたような気がした。 初めはMVの印象が強く、アバンチュール的な曲だと思って聴いていたけれど、曲だけを聴いていてふと“SUGAR”は一面だけの意味合いではないよう…

色もタイプも様々な扉、開くと広がる世界。いしわたり淳治さんの著書「うれしい悲鳴をあげてくれ」

こんなに面白くて不思議な気分になる本には出会ったことがない。 初めての体験だった。色もタイプも様々な扉がたくさん並んでいて、それをひとつずつ開けていくみたいだと考えていたら、思い浮かんだのはモンスターズインクのあの扉がずらっと目の前に現れる…

瞳の奥に秘められた宝石。松田聖子さん「瞳はダイアモンド」

幼い頃、眠る前に電気を消した部屋の天井に、プラネタリウムみたいな星空を映すおもちゃを点けていた。プラネタリウムの動きに合わせて流れていた音楽は、松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」だった。 オルゴール調のメロディーが天井に映っている星と一緒に…

別れ道だとわかっていても歩いていく「青春のすべて」

アルバム「ジャム」には、様々な意味で“置いて行くものへの名残惜しい気持ち”の描かれた曲がいくつもあるように感じた。実際にそうなのかもしれないし、今の自分がピックアップする言葉が無意識のうちにそうなっているのかもしれない。 特に、いきものがかり…

穏やかさとパワフルさを持ち合わせた半崎美子さんの歌声

初めて半崎美子さんの歌を聴いたのは、2013年のことだった。 父と行ったショッピングモールで、ライブが行われるというアナウンスを聞き、見に行こうかと大広場の石段に座って、歌を聴いた。 パフォーマンスを見たり、アーティストの歌を聴くことが好きで、…

関ジャニ∞が魅せるオールディーズファンク「DO NA I」

余裕のあるキザさ、主役は俺だと張り合うミュージカルのようなストーリー性。 ありとあらゆるツボを押さえられて、関ジャニ∞のアルバム「ジャム」のなかでダントツに好みなのが 蔦谷好位置さん作曲、いしわたり淳治さん作詞の 「DO NA I」[どない] 曲のタ…

忘れられない、みれん横丁の人々

「俺節」を観に行こうと決めたのは、2014年の「フレンド-今夜此処での一と殷盛り-」という増田貴久さん主演の舞台で、ていちゃん役を演じられていた松本亮さんが「俺節」に出演されると知ったからだった。 そして六角精児さんも出演されるということを知り、…